2016
05.26

残った卵白活用「青菜炒めの蟹淡雪あんかけ」手軽でヘルシーな中華のレシピ。

Category: 野菜の料理
DSC_0187のコピー


今回は青菜とあんかけのレシピです。
あんかけには卵白を使用。
ビビンバやお菓子などで卵黄だけを使ったときにぜひ。
蟹缶だけよりふんわり色白に仕上がります。

青菜は今回ターサイを使用。
小松菜などお好みの葉物でOKです。

レシピモニターでいただいたドライのパクチーを最後に一振り。
優しい味の蟹あんかけにメリハリを付けました。





ご訪問ありがとうございます。
レシピブログに登録しています。



クリックしていただけると励みになりますので、よろしくお願いします。




 
Instagram Inustagramもやってます。
   @akkey_smoky
こちらもよかったら見てくださいね。





DSC_0186_201605261936147ad.jpg


☆青菜の蟹淡雪あんかけ


【材料 2人分】

・ターサイ(または小松菜など食感のある青菜)・・・一束(約300g)
・蟹缶・・・ひと缶
・卵白・・・1個分
・サラダ油・・・適量(大さじ1くらい)
・塩・・・ひとつまみ
・こしょう・・・少々
・水溶き片栗粉・・・適量
・GABAN香菜(パクチー)・・・2~3振り

<A>
・水・・・150cc
・酒・・・小さじ1
・塩・・・少々
・うすくち醤油・・・少々
・ごま油・・・小さじ1/2くらい



【作りかた】

1、
鍋に蟹缶と<A>を入れてひと煮立ちさせる。
蟹缶によって塩気が違うので塩、薄口しょうゆは様子を見ながら入れる。

2、
水溶き片栗粉でとろみをつける。
よく溶いた卵白を箸につたわせながら流しいれる。
卵白がふんわりと固まったらごま油を加える。

3、
ターサイは根元を落とし、よく泥を洗い流す。
中華鍋などにサラダ油を熱し、ターサイを炒める。
葉の部分がしんなりしたら塩、こしょうでごく薄く味付けする。

4、
ターサイをなるべく揃えて盛り付け、蟹あんをかける。
パクチーを振りかけて出来上がり。


とっても簡単で青菜がモリモリ食べられます。
蟹缶って頂くことがありますが我が家では意外と眠っています。
高いからもったいないー、と思ってたまっていく(笑)
そんな時はこういう風に蟹のうまみを生かしたお料理にしています。




そのほかの青菜を使ったレシピもよかったら見てくださいね。



青菜と豚肉のピリ辛炒め


DSC_0009のコピー


こちらは「のらぼう菜」という青菜を使っています。
今の時期は手に入らないので小松菜などで作ります。
豚肉が入るので食べごたえもあってお酒が進みます。



基本のほうれん草のナムル


DSC_0094のコピー


これだけでもおつまみにいいですし、ほかのナムルと合わせても。

そのほかのナムル、ビビンバ、ユッゲジャンスープのレシピ



DSC_0262のコピー


たっぷりのナムルと卵でお肉なし、ごはん少なめ。
どうしてもごはんが食べたいけれど糖質が気になるときにぜひ。



DSC_0260.jpg


ナムルは多めに作ってピリ辛のユッゲジャン風スープに。
ごはんを入れてクッパにしてもおいしいです。
3~4日作りおきできるので違う日に違うメニューで楽しめます。






よかったら「ナイスフォト」&「おいしそう」もお願いします。
いつもありがとうございます!





マルハ&宝幸 カニ缶セット No50
価格:5400円(税込、送料別)











今週のいきなり湯河原旅行、2日目は小田原へ。


小田原かまぼこの老舗、「鈴廣」へ行ってお土産のお買い物。
かまぼこ以外にも魚肉を使った製品がたくさんありました。

保冷材もしっかり付けて頂いたのでさらに遊びます。
もちろんクーラーボックスは持っていきました。



DSC_0169_2016052619361242c.jpg


小田原城です。
城マニア?な主人。
つられて私も旅行に行くと必ずお城をチェックするようになりました。

中は今年大改修が終わったとかでほぼふつうの建物。
博物館のような鉄筋コンクリート造りでお城感はありませんでした。
ですが、途中である歴史VTRみたいなのに合田雅史さんが出ていたりして。
合田雅史さんは「水戸黄門」で格さんを演じていた俳優さんです。

小田原城から歩いてランチを食べて、下道でのんびり帰りました。
途中、神奈川で3番目にできた道の駅に寄ったりしまして。
近場だったので実家にもお土産を持って行けたりして早めの帰宅でした。


その日のおつまみは買ってきたもので。

ビールのあてには八王子の道の駅で購入した枝豆を。
甘くて香りがよくておいしかったー。


DSC_0185_201605261936159c3.jpg


鈴廣のかまぼこと大涌谷の黒卵です。
かまぼこは月替わりの「緑茶」、珍しいワラサ(ブリ)のものに。
満月の翌日にしか作られない「まんげつ」はすべて手作りの高級品。
緑茶とまんげつは量が多いので義父母と半分こしました。
まんげつはお魚感が全然普通のものと違ってとてもおいしかったです。
月の波動とかパワーとか説明して頂きましたが、そういうのはわからん(笑)

おなじく鈴廣で購入したわさび漬けでお醤油を少しつけていただきました。

あー、楽しかった。

またいきなり激安旅行、したいなー。

次は夏休み、今回は石川県の予定です。




ではまた明日。
















関連記事
スポンサーサイト

コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top