2016
05.13

湯田川孟宗で作る「究極のたけのこごはん」超シンプルにたけのこを味わうレシピ&山形でたけのこ尽くし。

Category: ごはんもの
DSC_0067のコピー


今回はたけのこごはんのレシピです。
先日の山形旅行でとてもおいしいたけのこを購入しました。
「湯田川孟宗」というブランドたけのこです。
朝掘りのもので、当日か翌日ならあく抜きもいらないそうです。
旅館でいただいてあまりのおいしさにびっくりしました。

そんなおいしいたけのこなので、せっかくなのでシンプルにと思って。
味付けも具材も極力減らして作ってみました。

掘りたてのたけのこが手に入ったらぜひ。




ご訪問ありがとうございます。
レシピブログに登録しています。



クリックしていただけると励みになりますので、よろしくお願いします。




 
Instagram Inustagram始めました。
   @akkey_smoky
こちらもよかったら見てくださいね。





DSC_0068_20160513193742665.jpg


☆究極のたけのこごはん


【材料 2人分】

・たけのこ(あく抜きしたもの)・・・100~150g

このお料理には水煮のものは向きません。
私は今回あく抜き不要のたけのこなので1時間ほど茹でました。

・米・・・1合
・昆布・・・5cm角くらい
・酒・・・小さじ1
・水・・・酒と合わせて200cc
・塩・・・小さじ1/3くらい
・うすくち醤油・・・少々


【作りかた】

1、
米は洗ってざるにあげて水けをきる。
水と酒を合わせたものに1時間ほど浸けておく。

2、
たけのこは繊維に逆らうようにスライスする。

3、
土鍋(炊飯器でもOK)に米を水ごと入れる。
塩と醤油を加えて混ぜる。
昆布とたけのこを乗せてふたをし、火にかける。
ふたの穴から勢いよく蒸気が噴き出すまでは強火。
噴き出して来たらごく弱火に落として10分ほど炊く。
おこげを作りたい場合は最後に10秒強火。
火を止め、昆布を取り出し15分ほど蒸らす。

4、
昆布を細く刻んで混ぜ込み、木の芽を添える。



時間があれば昆布は水に浸けて一晩置きます。
そのほうがより上品なだしが取れるのでおすすめ。


主人はお弁当にしたんですが、帰ってきて「すごくおいしかった!」と。
うんうん、私の腕ではなくたけのこのおかげだ(笑)




かつおだしバージョンも作りました。

昆布は味、香りともに繊細なので塩と薄口醤油で味付け。
かつおは昆布より濃いのでお醤油メインの味付けです。



DSC_0075 (2)


鰹節(花鰹)は沸騰したお湯に入れて2~3分静かに煮出します。
火を止めそのまま置く方法でもOK。
濾してからこいくち醤油、酒のみで味付け。
あとは昆布バージョンと一緒です。


この「湯田川孟宗」はとても甘みの強いたけのこです。
ですので今回味付けにみりんなどは一切加えてません。
みりんやお砂糖など好みで加えてもおいしいですよ。




せっかくのアクのないたけのこなので、焼きたけのこもしました。


DSC_0066.jpg


生のままのたけのこを縦半分に切り、アルミホイルに包んでグリルへ。
30分くらい焼いたかな?
お塩とお味噌でいただきました。
姫皮の部分にほんの少しだけえぐみがありましたが、それもおいしい。
最高のたけのこです。



たけのこは南蛮漬けにしてもおいしいですよ。



DSC_0033のコピー


さっと素揚げにして南蛮酢に漬け込みます。
作って時間が経ったほうがおいしいので作りおきに。





よかったら「ナイスフォト」&「おいしそう」もお願いします。
いつもありがとうございます!

















ここからは先日の山形の旅行のことです。


加茂水族館を出て、4時半ごろに旅館に着きました。


湯田川温泉 九兵衛(くへえ)旅館


10年前にも主人とふたりでお邪魔したことがあります。
その時のデータが残っているそうで。
私の山芋アレルギーにも気を遣って頂きました。


まずはお風呂。
こちらの旅館は部屋数のわりにお風呂が多め。
別館のお風呂にも入れるそうです。
部屋風呂付きのお部屋もありますし。

源泉かけ流しの大浴場でガッツリ汗を流して。
食事の前にビールを1本。
部屋にマッサージチェアがあったので揉まれつつ飲みました。



そしてお待ちかねの夕食。
「孟宗の膳」という湯田川孟宗のフルコースです。


前菜はたけのこではないので写真は撮りませんでした。
ですが青ミズ(山菜)があったりして嬉しかったです。



お造り。


IMG_0577.jpg


このお刺身のたけのこがめちゃめちゃ甘い!
ボイルしただけでなんでこんなに?と思うほど甘くておいしかったです。

そのほか、鯛とタコでした。こちらもおいしかった~。

お造りと一緒に孟宗の握りずしも。
軽く味付けしてありました。美味♪



揚げ物。


IMG_0578.jpg


天ぷらは孟宗とこしあぶら。
春巻きの皮でエビしんじょうを包んで揚げたものは西京味噌入り。

天ぷらに添えられたフレーク塩がこれまた驚愕のおいしさでした。
酒田地方で作られている「花塩」と言うんだそうです。
これが検索してみたんですが、手に入らなそう(涙)
しょっぱいだけでなく、甘みとうまみのあるお塩です。


このあと桜鱒の素焼きが出てました。
鱒独特の風味でとてもおいしく、こちらも花塩でいただくと最高でした。



椀物。


IMG_0579.jpg


むきそばまんじゅうの孟宗あん。
これが一番楽しみ~!と思っていたら。
つなぎに山芋が入っているので私だけ別メニュー(号泣)
アレルギーのバカヤロー!

こちらの旅館で人気のごま豆腐を出していただきました。
濃厚でとろける舌触りでおいしかったです。

お気遣いいただいてありがとうございます。



メイン。


IMG_0580.jpg


孟宗ステーキ、山形牛添え、和風ガーリックソース。
お肉はなくてもいいと思えるくらいたけのこがおいしい。
お肉ももちろんおいしかったのですがそう思うほどのたけのこなんです。

しいて言えばソースの味が濃すぎたので、もう少しシンプルでもいいかなと。
せっかくの孟宗ですし。



ごはんものと汁物。


IMG_0581.jpg


たけのこごはんと孟宗汁。
孟宗汁はこのあたりの郷土料理みたいです。
たけのこだけでなく厚揚げと豚肉が入っています。
そして味噌味ですが酒粕も入っているので甘みがあっておいしいの。

孟宗汁は家でも作りました。



デザート。


IMG_0582.jpg


白ゴマのブランマンジェ、ほうじ茶アイス、庄内府のフィユタージュ。
お麩がスイーツになるなんてびっくり。
ほうじ茶アイスがさっぱりしていておいしかったです。


どれもおいしかったー。
満腹を通り越してはちきれそうになりました。


また行きたいなー。




ではまた明日。
















関連記事
スポンサーサイト

コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top