2016
05.03

簡単ごはんもお酒も進む「のらぼう菜と豚肉のピリ辛炒め」手軽なふるさとの味。

Category: 野菜の料理
DSC_0009のコピー


今回はのらぼう菜を使ったレシピです。
もともと東京西多摩地区や埼玉飯能地区などで栽培されていたそうです。
(Wikipediaより)
とても丈夫で虫がつきにくく、収穫してもどんどん新しい葉が出てきます。
関東では手に入りやすくなった野菜だと思いますが、それ以外だと見ないかも。
小松菜など同じアブラナ科の野菜でも作れますので是非。

先日、私の住む地域のそばがTVの「昼めし旅」で紹介されていました。
そこでのらぼう菜を作っている方のお昼ごはんはのらぼう菜尽くし。
中でも豚肉と炒めたものを主人が食べたいと言っていたので作りました。
大体こんな感じかなー、と作りましたが好評。
残さず食べてくれました。




ご訪問ありがとうございます。
レシピブログに登録しています。



クリックしていただけると励みになりますので、よろしくお願いします。




 
Instagram Inustagram始めました。
   @akkey_smoky
こちらもよかったら見てくださいね。





この日私は飲み会で夜いなかったので、主人ひとりのおつまみです。
男性のわりに野菜多めを好む主人。
農家のおかずみたいですね。
そういえばのらぼう菜とブロッコリは義父の育てたもの。
わらびは義母のいとこからの差し入れ。
確かに農家っぽい。

わらびは白だしと薄口しょうゆに浸しておひたしにしました。
ブロッコリとミニトマトは胡麻和え。
里芋の煮付けは義母の差し入れです。
それに主人の大好物のホッケ。緑の大根おろしを添えて。



DSC_0008_20160503192309107.jpg


☆のらぼう菜と豚肉のピリ辛炒め


【材料 1~2人分】

・のらぼう菜・・・一束(150~200g)
・豚肉(生姜焼き用または小間切れ)・・・100~150g
・にんにく・・・1/2~1かけ
・しょうが・・・1/2~1かけ
・サラダ油・・・小さじ1
・塩・・・少々
・醤油(めんつゆでもOK)・・・小さじ1~
・ラー油・・・少々


もっと辛い味付けが好きな場合は小口切りの唐辛子を加えても。


【作りかた】

1、
のらぼう菜は5cmくらいの長さに切って葉と茎の部分に分ける。
豚肉は2cm幅くらいに切る。
しょうがは千切りに、にんにくはみじん切りにする。

2、
フライパンに油を熱し、しょうが、にんにく、豚肉を入れて炒める。
色が変わったらのらぼう菜の茎の部分を入れて強火で炒める。
さっと炒め、葉の部分も加えて炒める。

3、
しんなりしてきたら塩、醤油で味を調え、火を止めラー油を加える。


のらぼう菜をあまりピリ辛味に仕上げたことがなかったので、新鮮でした。
お酒にはもちろん、野菜たっぷりですがごはんも進みます。
しょうがで体が温まるので、冷たい食べ物が増えるこれからの時期にもピッタリ。




そのほかの青菜を使ったレシピもよかったら見てくださいね。



塩レモンおかか和え





少しクセのあるのらぼう菜やつるむらさきと塩レモンが合います。
さっぱりしていて箸休めに。



ごまだれ和え


コピー ~ DSC_0105


ごまだれを使っているので普通の胡麻和よりコクがあります。
男性やお子さんも食べられる野菜のレシピ。



シラスと青菜のペペロンチーノ





今の時期、シラスがおいしいですよねー。
我が家は毎年6月ごろに湘南に生シラスを食べに行きます。
パスタに使うとアンチョビのようにだしが出ます。
そのうまみをパスタと青菜が吸っておいしいですよ。





よかったら「ナイスフォト」&「おいしそう」もお願いします。
いつもありがとうございます!





【ペンギン食堂】石垣島ラー油
価格:1250円(税込、送料別)











日曜日は久しぶりに飲み会に行ってきました。
ちょっと海外に行っていた子のお土産をもらいに行った感じ(笑)

1次会は居酒屋さん。
主人とだとチェーンのお店には行かないので、新鮮でした。
ただ、誘われるままに入ったので、飲み放題のビールが金麦(笑)
ビールじゃねー!と、ビールをよく飲む男子とこっそりツッコみました。
ですが、びっくりするくらい安かったのと店員さんが丁寧な接客だったので。

時間が早かったので2次会。
通りを歩いていたら、ひとりの子が違う場所で入ってことのあるというお店を発見。
イタリアンバル?で、店員さんがイケメンとのこと。
ふたり男子で私は既婚者。
イケメンに興味があるのは一人だけでしたが(笑)ワイン飲みたいなー、で賛成。
男子たちはどこでもいいよーとのこと。


IMG_0474.jpg


ラムとなすのグリルに鶏レバーのコンフィ。
グラスワインの種類がなく、味もイマイチでしたがお料理はおいしい。
こちらもとても安くて、値段を考えるとコスパはいいと思いました。
お通しのカルパッチョのお肉も国産だったし。

これでグラスワインの種類があれば主人とも行きたいなーと。
ですが覚えておいて、女子会に使えるなー、と思いました。


まぁ、お料理やお酒の味は何でもいいんです。
会って話をするのが一番楽しいんですもの。

今回も素敵な時間でした。




今日のデグこ。



IMG_0426.jpg



まだ寒いのかなぁ。
あずきもささげも父ちゃんにぴったり寄り添っています。

そしてあずきの換毛期がうまくいかなくてハゲ(笑)

いつもこの辺がハゲます。

顔はかわいいのになぁ。



ではまた明日。















関連記事
スポンサーサイト

コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top