2016
04.29

和食の献立「サワラの西京焼き&たけのこの南蛮漬け」春のおつまみのレシピ。

Category: 魚介類の料理
DSC_0031のコピー


今回は旬のサワラとたけのこを使ったレシピです。
どちらも作りおきで3日ほど保存OK。
簡単でヘルシーなのにきちんとした食卓になります。

ほかにカブの浅漬け風サラダと桜エビおろし。
日本酒が進むこと間違いなし。
ご飯のおかずにもなりますね。




ご訪問ありがとうございます。
レシピブログに登録しています。



クリックしていただけると励みになりますので、よろしくお願いします。





Instagramインスタグラム始めました。
   @akkey_smoky
こちらもよかったら見てくださいね。






DSC_0032のコピー


☆サワラの西京焼き


【材料 2人分】

・サワラの切り身・・・2切れ
・塩・・・小さじ1/3くらい
・白味噌(最強味噌などの甘いもの)・・・大さじ3~
*最強味噌って(笑)西京味噌です。
・酒・・・大さじ1~(味噌の固さやみりんの量による)
・みりん・・・大さじ1~
・砂糖・・・好みの量


みりんと砂糖の量は好みで。
市販くらいの甘さであれば両方入れます。
逆にさっぱりした味にしたければどちらも入れなくてもOK。
白味噌にかなり甘さがあるのでそれでもおいしいですよ。
私は甘い味付けが苦手なので入れてません。


【作りかた】

1、
サワラの両面に塩を振る。
キッチンペーパーなどで包んで1時間ほど置き、水分と臭みを抜く。

2、
味噌、酒、みりんなどを混ぜて漬け地を作る。
サワラの水気をふき取って漬け地を全体にまぶしつける。
ファスナー付きポリ袋などに入れてなるべく空気を抜きながら口を閉じる。
そのまま冷蔵庫に入れて1日~3日ほど置く。

3、
焼く前に漬け地をきれいにふき取るか洗い流す。
よく熱したコンロのグリルかトースターで弱火でじっくり焼く。
一番弱火で10~15分ほど。
焦げやすいので途中様子を見ながら加熱する。




DSC_0033のコピー


☆たけのこの南蛮漬け


【材料 2人分】

・たけのこ(あく抜きしたもの)・・・200~300g
・アスパラガス・・・2~4本
・揚げ油・・・適量

<A>
・めんつゆ・・・大さじ1~
・酢・・・小さじ1~2
・醤油・・・少々
・砂糖・・・少々
・みりん・・・少々
・唐辛子・・・1~2本


面倒であればめんつゆと酢、唐辛子だけでもOKです。
味をしっかり付けるために醤油や砂糖を加えています。


【作り方】

1、
たけのこは食べやすい大きさの薄切りにする。
アスパラは根元の固い部分の皮をむいて斜め切りにする。

2、
炒め物より多めの油を熱してたけのこをこんがり色づくまで素揚げにする。
たけのこが揚がる直前にアスパラを入れてさっと揚げる。

3、
<A>を混ぜたものをバットに入れ、揚げたたけのことアスパラを入れる。
粗熱が取れたら冷蔵庫に入れ、1時間~3日置く。




そのほかのレシピもよかったら見てくださいね。




サワラのソテー トマトソース





サワラはワインに合うお料理にもなります。
この時期お手頃ですし、クセもないので誰でも食べられるお魚ですね。





春の山菜の天ぷら



DSC_0270のコピー


たけのこをはじめ、春の味覚の天ぷらです。
簡単にサクサクにできます。







よかったら「ナイスフォト」&「おいしそう」もお願いします。
いつもありがとうございます!

















今日のデグこ。



IMG_0417.jpg


ささげがスフィンクスのような貫禄なので。
ささンクス。

デグーと思えないしっぽが笑えて仕方ない。

手の上が大好き。
甘えんぼさんです。




ではまた明日。
















関連記事
スポンサーサイト

コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top