2016
04.23

失敗なし、さっくり揚がる「山菜の天ぷら」春の味覚を簡単においしく。

Category: 野菜の料理
DSC_0270のコピー


今回は定番の和食、天ぷらです。
エビやアナゴは入れず、山菜のみで作りました。
春のおいしさが広がるこの時期にしか食べられない天ぷら。

今回紹介する食材に限らず、私のレシピは薄衣でさっくり揚がります。
とても簡単なので天ぷらが苦手な方にお勧めです。

私の嫁いだ地域は天ぷらと言えば「精進揚げ」。
野菜の天ぷらです。
別に山の中の魚介類が手に入らない地域ではないんですよ。
ですが、天ぷらと言えば野菜なんだそう。
主人のいとこは、初めて外で食べて帰ってきたときこう言ったそうです。
「なんでうちの天ぷらにはエビとかイカとか入ってないの?」と。
ところ変わればなんとやら、で面白いですね。




ご訪問ありがとうございます。
レシピブログに登録しています。



クリックしていただけると励みになりますので、よろしくお願いします。





InstagramInstagram始めました。
  @akkey_smoky
こちらもよかったら見てくださいね。



この日は天ぷらがメインでたくさん揚げました。
なので、ほかのおつまみは少なめで。
走りのカツオのお刺身と、義母が作ってくれたモツ煮でした。


DSC_0269_2016042320034508d.jpg


☆山菜の天ぷら


【材料 作りやすい分量】

・たらの芽・・・好きなだけ
・木の芽(山椒の新芽)・・・好きなだけ
・たけのこ(あく抜きしたもの)・・・好きなだけ
・柿の若葉・・・好きなだけ
・天ぷら粉・・・適量
・水(冷水、水道水で十分)・・・適量

そのほか、人参やごぼうの千切り、玉ねぎと三つ葉と桜エビなど。
さつまいもやかぼちゃもお好みで。
こごみや行者にんにくなども手に入ればぜひ。


【作りかた】

1、
山菜は洗って食べやすい大きさに切る。
たらの芽ははかまを取り、柿の若葉は茎を取る。
木の芽はよく水けを切る。

2、
たらの芽、木の芽、ごぼうやにんじんなどはボウルに入れる。
天ぷら粉を少しずつ加えてよく混ぜ、全体にまぶしつける。
かき揚げもこの方法で最初に粉をまぶす。

3、
水を少量ずつ加えて混ぜ、全体に衣がからむくらいの固さにする。
衣が全体に持ったりまとわりつくようなら厚めに仕上がる。
具材を持ち上げたときに落ちていくくらいなら薄く仕上がる。

4、
大きめのボウルに天ぷら粉を適量入れる。
水を加えてクレープ生地くらいのゆるさに溶く。
パンケーキくらいにすると厚衣に仕上がるのでそこは好みで。

5、
鍋などに油をそこから2cmくらい入れて加熱する。
4の衣を少量落としてみて一度そこまで沈みんでから上がってきたらOK。
(160℃くらい)
かぼちゃ、さつまいもなどの固い野菜を衣にくぐらせて入れる。
中温で3~5分ほど、箸を刺してすっと通るようになるまで揚げる。

6、
かぼちゃなどの固い野菜を揚げ終わったら火を強める。
衣を落として沈まずすぐに表面を走るくらいになったらOK。
(180℃くらい)
たけのこと柿の若葉に衣をくぐらせて入れる。
たけのこは中まで火が通っているので表面がカリッとすればOK。
柿の若葉もあっという間に茶色くなるので10秒くらいでOK。
高温でさっと揚げることでさっくり仕上がる。

7、
そのほかの粉をまぶしてから衣を作った食材も高温で揚げる。
箸でまとまった量を入れるか、しゃもじなどに乗せてから滑らせて入れる。
油の温度が高いとバラバラに散りやすいので固まるまで箸で押さえながら。
ひとつが固まったら新しく入れる、を繰り返し、3個くらいまで入れる。
入れすぎると油の温度が下がりベチャッとなるので注意。

8、
ある程度固まってさわれるようになったら返す。
真ん中に2~3か所箸を刺して穴を開ける。
(中まで温度を上げてさっくり仕上げるため)
なるべく空気に触れさせるように何度か箸で持ち上げながら揚げる。
全体がカリッとなったら引き上げて油を切る。



ごぼうも中温の油で長めに揚げ、最後に火を強めてさっくりさせます。
かき揚げも自信がない場合中温で入れて、固まったら温度を上げても。
なるべく温度を高めでさっと揚げると冷めてもベチャッとしにくいです。
ただ、高温すぎ(200℃近い)とバラバラになりますし焦げるので注意。


天ぷらが苦手だったので、最初は義母に教えてもらったり。
その後自分で試行錯誤してこのレシピにたどり着きました。
天ぷら粉を使っていますし、とても単純ですがとてもおいしく仕上がります。
かき揚げ系の集めて揚げるものは粉を最初にまぶすことで失敗しないんです。
天ぷらが苦手な方はどうぞお試しくださいね。




そのほかの山菜を使ったレシピもよかったら見てくださいね。



山菜のデリ風プレート


DSC_0243のコピー


山菜と言えば和食のイメージですが、洋風にもなるんです。
うどとたけのことつくしでワインに合うプレートを作りました。
いつもと目先が変わっておいしいです。



山菜ピラフ





山菜はピラフにしてもおいしいんです。
バターでお米を炒め、コンソメを普段と同じ量入れて炊けばOK。
コンソメに漬け込んでおいた山菜が炊き込みごはんとはまた違った味わいです。






よかったら「ナイスフォト」&「おいしそう」もお願いします。
いつもありがとうございます!















今日は突如義母とランチ&お買い物に行ってきました。
義母は元々あまり愚痴など言わない人なのですが。
少し言いたかったみたい&我が家がお給料日前なので。

私も今日はボウリングがなかったですし、正直助かりますし。

近所のおいしいお店でうなぎを食べてきました。



IMG_0387.jpg


むふふ~、うな重の「松」を食べさせてもらいました。
特上もありましたが、私はそんなにうなぎは量が食べられないので。
こちらでもかなり満腹になりました。

そして、お店栽培のこごみとたけのこ。
こごみは今年初です。おいしかった~。

そしてホームセンターで雑貨、日用品色々と花、苗を買ってもらい。
スーパーで食材をたくさん買ってもらいました。

お義母さんいつも助かってます、ありがとうございます。





今日のデグこ。



IMG_0374.jpg


いつものことですが、あずきがささげに押しつぶされています。
あずきはちっちゃいのに、苦しくないみたい。
デグーはこういう風に重なるのが好きな動物です。
そしてささげ、なんだその足はー(笑)
ぴょーんってなっています。

今日も母からささげを心配する電話が来たのですが。
すっかり元気で何事もなかったようだと話すと安心していました。
しっぽが短すぎて笑える、という話もしました。

ささげのことで笑えるって幸せです。



ではまた明日。
















関連記事
スポンサーサイト

コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top