2016
04.21

デリ風山菜レシピ「たけのこ、つくし、山うどで3品プレート」和食になりがちな山菜をおしゃれに。

Category: 野菜の料理
DSC_0243のコピー


今回は旬の山菜のレシピです。
スーパーでも売っていますし、道の駅は山菜祭り状態ですね。
生の香りの強いものは今だけのごちそう。
色々なレシピで食べたいですね。

山菜は「和食にするもの」という先入観もあるかと。
意外や意外、苦みが洋風の味付けにも合うんです。
特に天ぷらに代表されるように油との相性は抜群。
マリネも我が家ではよく作ります。

たくさん頂いて、煮物や天ぷらに飽きたときにぜひ。




ご訪問ありがとうございます。
レシピブログに登録しています。



クリックしていただけると励みになりますので、よろしくお願いします。




DSC_0243のコピー


☆たけのこと鶏肉のガーリックマリネ(酸味なし)
☆つくしのフリッタータ(オムレツ)
☆山うどとミニトマトのマリネ


・糖質は控えめなので特に表記しません。
・脂質はオリーブオイルと鶏肉で一人分約11,5g


【材料 2人分】

・たけのこ(あく抜きしたもの)・・・80g
・鶏もも肉(むねでもOK)・・・80g
・きぬさや・・・5~6本
・酒(あれば白ワイン)・・・小さじ1
・うすくち醤油・・・小さじ1
・塩・・・少々
・ブラックペッパー・・・少々

・つくし(あく抜きしたもの)・・・ひとつかみ
*あく抜きのしかたは下記。
・卵・・・2個
・オリーブオイル・・・大さじ1
・塩・・・小さじ1/4~1/3
・ブラックペッパー・・・少々

・山うど(東京うどでもOK)・・・15cmくらい
・酢・・・少々
・ミニトマト・・・10個
・白ワインビネガー・・・小さじ1
・塩・・・少々
・ホワイトペッパー(あれば)・・・少々


【作りかた たけのこのマリネ】

1、
鶏もも肉を耐熱容器に入れ、酒と醤油を加える。
ラップをして2~3分レンジで加熱する。
粗熱が取れるまでそのまま置いておく。

2、
たけのこは薄切りにする。
きぬさやはさっと茹でて冷水に取り色止めをして斜め半分に切る。

3、
鶏肉をたけのこと同じくらいの大きさに切る。
蒸し汁ごとたけのこと鶏肉を混ぜ、塩、ブラックペッパーを加える。
冷蔵庫で冷めるまで1時間くらい置く。
食べる直前にきぬさやを加える。


【作りかた つくしのフリッタータ】

1、
つくしは軽く水けを絞って適当な長さに切る。
卵は溶いておく。

2、
小さめのフライパンにオリーブオイルの半量を熱し、つくしを炒める。
塩、ブラックペッパーで味付けし、溶いた卵に加える。

3、
残りのオリーブオイルをフライパンに入れて熱し、卵液を流し込む。
どろりとするまで混ぜ、ふたをして弱火で2~3分焼く。
ふたがない場合はアルミホイルをかぶせる。

4、
皿などに一度取り出し、フライパンをかぶせて返す。
返した面を2分ほど弱火で焼く。


お子さんなど濃いめの味が好きであればケチャップなどかけても。


【山うどとミニトマトのマリネ】

1、
うどは皮を厚めにむき、縦に薄くスライスする。
酢少々を入れた水であく抜きをする。
ミニトマトは竹串などで全体を刺して味が染み込みやすくする。


うどの皮は捨てずに。
人参や糸こんにゃくと一緒にきんぴらにするとおいしいですよ。

2、
ワインビネガー、塩、ホワイトペッパーを混ぜてマリネ液を作る。
好みでオリーブオイルを加えても。
水けを切ったうどとミニトマトを加え、時折上下を返しながら1時間以上置く。


マリネは時間がたつほど味が染み込むので、作りおきできます。
フリッタータも冷めてもおいしいので、作りおきに。


【つくしのあく抜き】

1、
つくしは「はかま」(節のようになってギザギザしている部分)を取る。

2、
たっぷりのお湯を沸騰させ、つくしを2~3分茹でる。

3、
お湯が青汁のような緑になったらざるにあげ、冷水にさらす。

4、
何度か水を変えながら半日~1日水に浸けたままにしておく。


水に浸ける時間が長ければ長いほどアクは抜けます。
が、それとともにつくし独特のほろ苦さも飛んでしまうのでご注意を。




そのほかの山菜を使ったレシピもよかったら見てくださいね。



蒸して作る 簡単本格山菜おこわ


DSC_0061のコピー


おこわは炊飯器でも作れますが蒸すとお米の粒がしっかりします。
難しそうな蒸しおこわですが、実はとっても簡単。
水加減などもしなくていいので、炊くよりも楽なんですよ。



山菜ピザ





山菜のほろ苦さと香りがトマトとチーズと好相性です。
白ワインが進む、大人のピザ。
山菜がたくさん手に入ったらぜひ作っていただきたいレシピです。



ふきのとうのカルボナーラ

*レシピはcookpadに飛びます。


f96289c3d03ced76acbd6b25e22cbc0d[1]


まだ寒い地域ではふきのとうが採れると思います。
ふきのとうの苦みと香りがクリームソースととてもよく合うんですよ。
ふきのとうはオイル系パスタとも相性良し。





よかったら「ナイスフォト」&「おいしそう」もお願いします。
いつもありがとうございます!
















今日のデグこ。



IMG_0283.jpg


お箸に興味津々のあずき。
ネズミ嫌いの方は想像できないでしょうが我が家はテーブルで遊ばせます。

朝も夜も私たちの食事が終わったころ、「出せー!」と暴れだします。
抱っこしてあげるんですが、途中でスイッチが入ってテーブルへ。
私たちは食後のウイスキーを飲みながら眺めるのが毎晩の定番。

お箸を齧ろうとしたので主人に強制退去させられていました。

わがやのあずきとささげはすっかり春の陽気になっても寒がりです。
それにしても、あずきは美形だなー(親バカ)



ではまた明日。















関連記事
スポンサーサイト

コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top