2016
04.20

鶏むね肉で柔らか「チンジャオロース」春のたけのこがおいしい節約レシピ。

Category: お肉の料理
DSC_0266のコピー


今回は鶏むね肉を使ったレシピです。
チンジャオロースは牛肉か豚肉を使いますね。
どちらも我が家には切り落とししかなかったんです。

切り落としでもいいかなぁ、と思ったんですが。
やっぱり細切りの食感のほうがおいしいよね、きっと。
そう思って鶏むね肉を使ってみました。

牛肉や豚肉のより淡白な味わいに仕上がり、ですが食べごたえアリ。
結果的に大成功のレシピです。

柔らかい鶏肉、シャキシャキのたけのことピーマンの食感のコントラスト。
簡単で節約レシピなのにとてもおいしいですよ。




ご訪問ありがとうございます。
レシピブログに登録しています。



クリックしていただけると励みになりますので、よろしくお願いします。



白ワインにぴったり。
オイスターソースを使うので、ミネラル感のあるものが良さそうですね。


DSC_0267.jpg


☆鶏むね肉のチンジャオロース


・1人分約180kcal
・1人分脂質約7,7g
・1人分糖質約6,5g


【材料 2人分】

・下ごしらえ済みの鶏むね肉・・・150g
*柔らかく仕上がる下ごしらえの方法はこちら

<A>
・醤油・・・小さじ1
・酒・・・小さじ1
・こしょう・・・少々
・片栗粉・・・小さじ1
・ごま油・・・少々

・ピーマン・・・2個
・パプリカ(赤または黄)・・・1/4個くらい
・たけのこ(あく抜きしたもの)・・・150gくらい
・ごま油・・・大さじ1くらい

<B>
・醤油・・・小さじ1
・オイスターソース・・・大さじ1
・砂糖(好みで、無くてもOK)・・・少々
・こしょう・・・少々


【作りかた】

1、
鶏むね肉は1cm角くらいの細切りにして<A>をもみ込む。
5分くらい置く。

2、
ピーマンは種を取って鶏肉と同じくらいの細切りにする。
たけのこは繊維に沿って細切りにする。

3、
中華鍋かフライパンにごま油の半分を入れて中火で加熱する。
油が温まり切らないところに鶏肉を入れて色が変わるまで炒める。
鶏肉に火が通り切らないうちに取り出す。

4、
ごま油の残りの半分を入れて強火で加熱する。
煙が上がるくらい高温になったらたけのこ、ピーマン、パプリカを入れる。
さっと炒め、油が回ったら鶏肉と<B>を加えて軽く炒める。


鶏肉は低温で、野菜は高温で炒めるのがポイントです。
すべて細切りにしているので火の通りが早いです。
炒めるのは手早く、調味料はすべて混ぜ合わせておきます。




そのほかの鶏むね肉を使ったレシピもよかったら見てくださいね。



鶏むね肉のトマトあんかけ


DSC_0210のコピー


見た目はイタリアンのようですが、中華風。
食べると驚く面白レシピです。
いつもと一味違うレシピをぜひ。



超ジューシー チャーシュー風漬け込み焼き


DSC_0040のコピー


鶏むね肉を調味料に漬け込んで、さらに低温で焼きます。
びっくりするくらいジューシーでご飯もお酒も進みます。



パクチーと蒸し鶏風鶏むね肉のデリ風サラダ


DSC_0197のコピー


デパ地下のデリで見かけたサラダを自己流で作りました。
買うより節約でしかも無添加、安心レシピです。

こちらのレシピ3品すべて鶏むね肉は漬け込んで保存したものです。
漬け込む時間さえあれば、市販の柔らかくする調味料を買わなくてOK。
とても節約になりますね。





よかったら「ナイスフォト」&「おいしそう」もお願いします。
いつもありがとうございます!









今日のデグこ。はお休みして。

月曜日にもう何年振りかのディズニーシーに行ってきました。
ここ何年かディズニーリゾートと言えばランドに行っていたので本当に久しぶり。
ちょうど今、首都圏在住の人は平日お得になりますしね。
「首都圏ウィークデーパスポート」なるものです。
ひとり¥6800くらいになったかな。

早起きをして8時半ごろ出発。
首都高が運よく空いていたので、10時ごろには到着です。



IMG_0359.jpg


これは帰りに撮ったのですが、エントランスを入ったところ。
15周年のアニバーサリーなのでみなさん撮影していました。

余談ですが、シーが出来たときに主人と付き合いだして半年くらいでした。
開園して2週間くらいの時に来たんですが、激混みだったなぁ~。
今では5分待ちの「海底2万マイル」が3時間待ちだった記憶が。

今回15周年アニバーサリーということは、私たち夫婦も15年の付き合い。
気付くと長いんですが、穏やかに時は過ぎています。


最初にすることはiPhoneでアトラクションの待ち時間検索です。
ファストパスで乗れる時間帯が一番遅いものから取ります。
我が家はあまり遅い時間までは滞在しないので、これは重要。

一番新しい「トイ・ストーリー・マニア」は朝10時ですでに発券終了。
ですがここはお子さん連れ向けそうなので大人ふたりはまぁいいや、と歩くだけ(笑)
「タワー・オブ・テラー」のファストパスをゲット。

次にランチのお店を探しておこう、となりまして。
人気のお店は事前に予約をしておいた方が良かったみたいですね。
たまたま、我が家はその日でキャンセルが出たとかで当日予約できました。

リストランテ・ディ・カナレット

IMG_0336.jpg


テーマパークらしい、内装がとても素敵なレストランです。
内容もテーマパーク。
諸々はカジュアルで普通ならピッツエリアですね。
と、ラブラブカップルなら雰囲気に酔うところを冷静に分析するのが15年(笑)



名称未設定-1


前菜とパスタ、ドルチェとドリンクのプチコースで¥2800。
普通のお店だったら¥1500程度が妥当なお味です。
が、ディズニーだもん!夢の国だもん!そこは高くてもいいの(笑)
本当に、ディズニーマジックは素晴らしいですね。


ランチの前に「タートル・トーク」を楽しみまして。
あれ、大好きです。何度見ても楽しいです。
そのあと少し歩いて「エレクトリック・レールウェイ」に乗りました。


IMG_0335.jpg


車窓からのタワテラです。
お昼前は暑いくらいの気候でした。



ランチ後は満腹で絶叫系は無理なので、次のファストパスを取って。
海底2万マイルに。



トランジット・スチーマーラインからの火山です。


IMG_0339.jpg


この船は意外とおすすめです。
歩くのとはまた違った風景が楽しめて、本当に「シー」にいる感覚です。


IMG_0347.jpg


ヴェネチアン・ゴンドラも我が家的には毎回乗りたいおすすめアトラクションです。
ここから見るメディティレーニアン・ハーバーが素敵なんです。
ラブラブカップルはぜひー!


こういう待ち時間の少なめのアトラクションを合間に入れつつ。
ファストパスを取ったものや40~50分並ぶものに乗りました。
タワテラ、レイジングスピリッツ、センターオブジアースなど苦手なものも行きます。
それからセンター・オブ・ジ・アースやストームライダーなど、乗りたいものは制覇。

いやー、満足です。


IMG_0357.jpg


暗くなってからのメディティレーニアン・ハーバー。
今回は7時ごろまで堪能しました。
我が家的にかなりの長時間滞在。
この頃にはかなり雨が降ってきていたのでちょうど良かったです。


ショーも見ました。


IMG_0342.jpg


通りすがりに一瞬(笑)
一応ドナルドとダッフィーがいたので撮影しました。
ダッフィーがよくわからなくて、「あの熊」と言った失礼な私。

私も主人も昔からランドのパレードやシーのショーに興味がなくて。
見たことがありません。


こういうものを渡されることもあります。


IMG_0345.jpg


ヴェネチアン・ゴンドラの待ち時間にて。
「ご協力お願いします」と言われた瞬間、「あ、2度目」とドヤ声で言った主人。
なんだそのディズニーマニア的発言は。
キャストさんは「あ、じゃあプロですねー」と朗らかに返してくださいました。


blog_import_5662d47b88dad[1]


前回はランドでした。
偶然もあるもんだなー、と思ったのですが。
よくよく考えると、こういうものは私たちみたいな人に渡されるのかも。

お子さん連れだと夢を壊す?から渡しにくそうですし。
ラブラブイチャイチャしているカップルや夫婦にも渡しにくそうですし。
キャバ嬢とお客さん(けっこう見かける)も余計しらけそうで渡しにくそうですし。

上記三者どれにも当てはまらない、私たち夫婦って一番渡しやすそう(笑)
そういう結論に達しました。


とても楽しい大人ディズニーでした。
またいつか行きたいな。


ではまた明日。




















関連記事
スポンサーサイト

コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top