2016
03.31

付け合わせに「新じゃがピュレ&人参ピュレ」簡単でお店の見栄えになるレシピ。

Category: 野菜の料理
DSC_0060のコピー


今回はハンバーグ…ではなく、その付け合わせのレシピです。
レストランなどでジェラートのように盛りつけられた野菜のピュレ、素敵ですよね。

今おいしい新じゃがと新人参で作りました。
レンジでチンしてつぶすだけ、とても簡単ですが見栄えがいいです。

お肉料理にも魚料理にも合いますよ。
お店よりバターが少なめで生クリームも使ってないので口当たりは軽め。
日本人の口に合う付け合わせです。





ご訪問ありがとうございます。
レシピブログに登録しています。



クリックしていただけると励みになりますので、よろしくお願いします。



DSC_0058_20160331180703a4e.jpg


☆新じゃがピュレ&人参ピュレ


【材料 2人分】

・新じゃが・・・100g
・新人参・・・80g
・バター・・・10g
・牛乳・・・大さじ2~
・塩・・・少々
・こしょう・・・少々
・クミンパウダー・・・少々


【作りかた】

1、
新じゃが、新人参は薄く皮をむく。
(新物は皮が薄いのでところどころ残っていてもOK)
一口大くらいに切り、耐熱容器に入れて水を少量加える。
(水を加えるのは焦げるのを防ぐため)
レンジで3~5分、箸がすっと通るまで加熱する。

2、
新じゃがは熱いうちにバターを加えてフォークかマッシャーでつぶす。
粗くつぶれたら塩、こしょう、牛乳を加えてさらにつぶす。
固ければ牛乳を少しずつ加え、マッシュポテトより柔らかいくらいに仕上げる。
牛乳臭さを飛ばすために再度レンジに30秒~1分かける。

3、
人参はつぶしにくいのでフードプロセッサなどにかけてペースト状にする。
新じゃがのピュレを少量加えて混ぜ、成型できるくらいの硬さにする。
塩、こしょうで味を調える。

4、
大きめのスプーン2本を使ってラグビーボール状に成型する。


*ポイント
新人参は水分が多く、まとめにくいので牛乳は加えません。
新じゃがのピュレをつなぎに使うことでまとめやすくします。
茹でてフードプロセッサにかけたブロッコリなどを混ぜ込めば緑も出来ます。



今回ハンバーグはチーズinにしました。
途中でチーズが中からあふれ出て、チーズonになっていますが(笑)

ジューシーに仕上がるハンバーグのレシピはこちら

上記のレシピはすりおろし玉ねぎを使っていますが、みじん切りでもOK。
ラップをかけて1分ほどレンジで加熱してから冷まして混ぜ込みます。
炒めなくていいので楽。



チーズon重ねハンバーグ





小さめのハンバーグを使ってなるべく平らに焼きます。
スライスチーズを乗せてハンバーグを重ねればかわいく仕上がります。




そのほかのじゃがいも、人参を使ったレシピもよかったら見てくださいね。


新じゃがのそぼろあんかけ





じゃがいもを揚げずにひき肉の油で炒めています。
ひき肉も油をひかずに乾煎り。
カロリーダウンさせたレシピです。



牛スジと人参の赤ワイン煮込み


DSC_0052_20160327184916fe1.jpg


じっくり煮込んだ赤ワインソースです。
少し手間はかかりますが、たまにはこういうお料理も。
赤ワインの深みでにんじんがとてもおいしく食べられます。





よかったら「ナイスフォト」&「おいしそう」もお願いします。
いつもありがとうございます!














今日のデグこ。



DSC_0063_201603311807256e7.jpg


しっぽが短すぎてもはやデグーに見えないささげ。
本デグはまったく面白くもなんともないとは思いますが、ちょっと笑えます(笑)



DSC_0062_2016033118070955f.jpg


足の長さとしっぽの長さが同じ…(笑)
足だって短いのに。

笑っちゃいけないと思っても笑ってしまいます。

それは今ささげがここにいてくれるからですよね。
麻酔から目覚めなかったらこうして笑えないですから。

リフォームの匠になっているささげ。
もっと笑わせてほしいです。



ではまた明日。















関連記事
スポンサーサイト

コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top