2016
03.27

新人参をおいしく。「牛スジと人参の赤ワイン煮込み」プルーンを使って脂質、糖質ダウンなレシピ。

Category: お肉の料理
DSC_0053のコピー


今回はちょっとフレンチなレシピです。
レシピモニターでプルーンが当選しました。
プルーンピューレはお砂糖とバターの代用に使えるのは有名です。
なので、パンやお菓子だけでなく、煮込み料理にも◎ですね。
赤ワイン煮はコクを出すためにバターや砂糖を使います。
プルーンの自然な甘みで脂質、糖質が普通に作るより抑えられます。

牛スジではなく、カレー、シチューなど用にカットしたお肉でも。
テールやスネ肉でもおいしいですよ。




ご訪問ありがとうございます。
レシピブログに登録しています。



クリックしていただけると励みになりますので、よろしくお願いします。



プルーンの料理レシピ
プルーンの料理レシピ





DSC_0052_20160327184916fe1.jpg


☆牛スジと人参の赤ワイン煮込み

バター、砂糖を普通に使ったときと比較して。

・1人分約70kcalダウン
・1人分脂質約6gダウン
・1人分糖質約4gダウン


【材料 2人分】

・牛スジ・・・200gくらい
・人参・・・1本(約150g)
・セロリの葉・・・1本分
・たまねぎ・・・1/4個(約50g)
・にんにく・・・ひとかけ
・バター・・・10g
・薄力粉・・・大さじ1
・赤ワイン・・・400cc
・顆粒コンソメ・・・小さじ1
・ブーケガルニ・・・ひとパック
・カリフォルニアプルーン・・・5個(約30g)
・塩・・・少々
・こしょう・・・少々


【作りかた】

1、
牛スジはたっぷり沸かしたお湯で10分ほど下茹でする。
お湯を捨ててぬるま湯で洗い、新たに水を入れて火にかける。
ねぎの青い部分やしょうが、にんにくなど加えて柔らかくなるまで煮込む。
圧力鍋で20分ほど加熱してもOK。
食べやすい大きさに切る。

2、
にんじんは縦横4等分くらいに切ってから面取りをする。
セロリ、玉ねぎ、にんにく、にんじんの面取りした部分をみじん切りにする。
鍋にバターを溶かし、刻んだ野菜(面取りした人参以外)を炒める。
しんなりして玉ねぎが透き通ってきたら薄力粉を加える。
中火で全体がきつね色になるまで絶えず混ぜて炒める。

3、
赤ワイン、コンソメ、ブーケガルにを加えて煮立たせる。
煮立ったら弱火にして野菜が柔らかくなるまで30分以上煮込む。
2/3くらいの量になっていたら野菜をざるなどで漉す。
漉すときは野菜をへらなどでぎゅっと押してよく水けを切る。

4、
プルーンは1cm角くらいに切る。
漉したソースに下茹でした牛スジ、プルーン、面取りした人参を加える。
弱火でにんじんが柔らかくなるまで煮込む。
塩、こしょうで味を調える。


*ポイント
赤ワインと野菜を煮込んでソースを作るときはじっくり煮込みます。
圧力鍋だと赤ワインの酸味が飛ばないんですよね。
この人参の切りかたは「シャット切り」と言います。
洋食屋さんの付け合わせのグラッセでよく見る形ですね。
縦に切ったにんじんのすべての角を切ると自然にこういう形になります。
両端は厚めに、真ん中は薄く切り取るのがコツ。



そのほかの煮込み料理のレシピもよかったら見てくださいね。



タコの赤ワイン煮






真っ黒ですが、焦げているわけではないんですよ。
柔らかく煮込まれたタコがお刺身などと違った食感でおいしいです。
魚介類のお料理ですが、赤ワインと合う不思議。
一度お試しあれ。



牛スネ肉の赤ワイントマト煮込み





赤ワイン煮込みは時間がかかります。
ですが手間暇かけただけの味が出るのでたまにはいいかと。
やっぱり時短のお料理とはひと味違いますね。



ハンガリアングーラッシェ(ハンガリー風ビーフシチュー)





こちらは赤ワインを使っていません。
トマトとたっぷりのパプリカパウダーで煮込んでいます。
いつもと少し違ったビーフシチューになるので目先が変わっていいかも。





よかったら「ナイスフォト」&「おいしそう」もお願いします。
いつもありがとうございます!














今日のデグこ。


IMG_0238.jpg



寂しさマックスのあずき。
昨日あまりにかまってかまってでうるさかったので(笑)
肩に乗せてフードをかぶったらその中でしばらく寝ていました。

うちの子はかなりベタ慣れなほうだと思います。
ささげを病院に連れて行って、キャリーケージで大暴れしていた時。
ほかに待っている動物がいなかったので、首の後ろに乗せてたんです。
私の髪と上着で外からは見えません。
隠れることができて温かいですし、ささげはそこで一安心。

ですが診察室に呼ばれて行っても出てこない(笑)
ドクターも看護師さんもケージを見て「???」です。
いないんですし。

そこで私が上着を脱いで看護師さんに取ってもらいました。
「ささげちゃんは慣れてるからそういうことができるんですねー」
とドクターが言ってたんですが。
軽く衝撃でした。

うちはあずきもささげも肩に乗る(というか、服にもぐる)のが大好き。
人間が好きというより、体温で安心するだけなのかもしれませんが。
基本的にケージを開ければ手に乗ってくるのでそれが普通だと思っていました。

たまに、作業をしていて乗ってもらいたくないときでも意地でも登ってきます。
「ジャマだー!」とか言いつつ、自分に寄ってきてくれるのはやっぱりかわいい(笑)
親バカですね。



明日は我が家の飲料水がなくなりかけているので秩父に行ってきます。
秩父の湧き水をもうずっと汲んでコーヒーやおだしに使ってるんです。
ランチは何を食べようかなー?



ではまた明日。















関連記事
スポンサーサイト

コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top