2016
02.18

おうち中華「ワタリガニのみそ炒め」本格お店の味のスピード中華。

Category: 魚介類の料理
DSC_0211のコピー

今回はちょっと本格的な感じのするワタリガニの炒め物です。
私は丸ごとの大きなものを購入しましたが、さばくのは大変。
お鍋用にカットしてあるものが売っているので、そちらを使うと楽です。

15年くらい前に食べたものがとてもおいしくて今でも覚えてるんです。
中華のワタリガニ炒めは豆鼓炒めが定番。
ですがうちには豆鼓がない!
ということで甜麺醤を使いました。
甜麺醤は麻婆豆腐や回鍋肉に使ったりするのであるおうちも多いかと。
無ければ赤めのお味噌に砂糖を加えたものでもOKです。

カロリーと糖質を気にして今回はなしですが、揚げた春雨を添えても。
より本格的なおうち中華になりますよ。




ご訪問ありがとうございます。
レシピブログに登録しています。



クリックしていただけると励みになりますので、よろしくお願いします。




DSC_0210_2016021817324884e.jpg

☆ワタリガニのみそ炒め

・1人分約300kcal
・1人分糖質約9.6g


【材料 2人分】

・ワタリガニ(切り身)・・・1~2尾分
・片栗粉・・・大さじ1くらい
・チンゲン菜・・・ひと株
・酒(あれば紹興酒)・・・大さじ1×2
・サラダ油・・・適量
・おろしにんにく・・・少々
・おろししょうが・・・少々
・豆板醤・・・小さじ1/2~1
<A>
・甜麺醤・・・大さじ1/2くらい
・醤油・・・大さじ1/2くらい
・オイスターソース・・・大さじ1/2くらい


チンゲン菜はあったから使っただけなので、野菜は何でもOKです。
アスパラやブロッコリー、にんにくの芽でもおいしいですよ。


【作りかた】

1、
チンゲン菜は葉と茎に分け、茎の部分を縦4等分に切る。
ワタリガニお腹の身の部分が大きければ半分に切る。
足の部分は食べやすいように切り込みを入れる。
大きなはさみのトゲをキッチンばさみで切り取る。
鍋にカニを入れて酒の半量を加え、ふたをして2~3分蒸す。

2、
カニに片栗粉をまぶし、炒め物より多めの油を熱して揚げ炒めにする。
表面の粉が固まってカリッとしたらOK。
一度取り出しておく。

3、
新たに大さじ1くらいの油を同じフライパンに入れる。
にんにく、しょうが、豆板醤を加えて弱火で炒める。

4、
香りが出てきたら強火にしてチンゲン菜の茎を炒める。

5、
茎に火が通ったら葉の部分、カニを加えてひと混ぜする。

6、
<A>と酒の残りを加え、混ぜながら炒める。
全体に味が回ったら出来上がり。


カニを蒸す手間はありますが、ささっとできるお料理です。
調味料さえそろっていれば、中華は時短料理ですよね。

豆鼓がなかったので思い出のお店の味とは行きませんでしたが、
主人からは「よくできてる」と評価の声をもらうことができました。



DSC_0209_20160218173247821.jpg

本当にワタリガニ?と思うほどのビッグサイズです。
まず最初に普通サイズを見かけて、国産のワタリガニは珍しいなぁ、と。
買おうかどうしようか迷っていたら、少し離れたところにこのジャイアンが鎮座。

普通サイズが¥298で、ジャイアンが¥598。
これはジャイアンを連れて帰るしかないでしょ。

カチカチに凍っていたので、とりあえずそのまま冷凍庫で数日間冬眠。
その間に何にしようか考えてこのお料理になりました。

あまりに大きいワタリガニなので、お腹の身少しとミソと卵は別の日に。
炒める前に蒸した状態で取っておいて、カニ酢でシンプルにいただこうかな。



そのほかの中華のレシピもよかったら見てくださいね。


金目鯛の中華風蒸し物



味付けは焼き肉のたれで簡単レシピ。
お魚は蒸すとふんわり仕上がるので食べやすいですよ。
金目鯛のほか、タラなどでもおいしくできます。


エビと青のりの五香粉炒め



青のりと五香粉の香りがエビやアスパラとよく合います。
簡単ですがスパイスのおかげで本格的な味わいに。
五香粉はあると便利です。
レバニラのレバーの臭み消しなどにも重宝するんですよ。


もやしの坦々鍋

DSC_0142.jpg

練りごまとすりごまで坦々スープを手作り。
市販のものを買わなくても簡単にできますし、安上がり。
淡白な味のもやしが濃厚な味わいに仕上がります。





よかったら「ナイスフォト」&「おいしそう」もお願いします。
いつもありがとうございます!









今日のデグこはお休みです。

火曜日秩父に行ってきました。
我が家は2カ月に1度ほど湧き水を汲みに行きます。
もう何年も飲み水、料理用と秩父のお水です。

以前TVで紹介されていて、一度行っておいしかったお店でランチ。

にぐるまやダイニング

DSC_1748.jpg

あらびきの牛肉を使ったハンバーグ。
ライスorパンにスープとサラダのセットを付けました。
サラダは種類は少ないですがサラダバーで食べ放題。
自家製のドレッシング3種類がどれもおいしかったです。
なので少しずつ3回いただきました。

ハンバーグの牛肉は本当にあらびきで、お肉ゴロゴロ。
赤身のおいしいお肉でした。
ソースは甘めのデミグラスソース。
今度ほかのソースもあれば食べてみたいな。

我が家はこういうレアで食べられるハンバーグが大好きです。
色々なお店に行ってるんですが、こちらは我が家的ランキング上位です。
一番は茨城県の旧真壁町にある「ペンギン」というお店。
ハンバーグのお肉は和牛100%だそう。
個人的に和牛はあまり好きではないのですが、こちらは脂っぽくないんです。
行きたいけど遠いなぁ~。


お腹いっぱいになった後は少し車を走らせて長瀞へ。

宝登山ロープウェイ

長瀞のライン下り、宝登山神社といろいろ観光できます。
この時期は蝋梅(ロウバイ)です。
ピークは過ぎていましたが、咲き初めの梅も見られるということで。


DSC_0201.jpg

きれいな黄色といい香りです。
せっかくいいカメラを買ったのにまだ使いこなせてません。


DSC_0203.jpg

ピークは過ぎたといっても、まだまだきれいに咲いています。


DSC_0199_20160217192959319.jpg

目線を落とすとそこここに福寿草が。
冬の数少ないお花の一つですね。


DSC_0205.jpg

梅は本当に咲き始め。
まだちらほらです。
ですが紅白ピンクとそろっていて、ピークはきれいでしょうね。


DSC_0206_201602171930236d9.jpg

ロープウェイ下りの写真です。
なかなかの傾斜ですが、やっぱり高尾山には勝てませんね。
あのリフトのスリルと言ったら、毎年の楽しみです。

ちなみに、この後写真を撮り終えて席に座ろうとしたら…
勢いあまって後ろのバーに後頭部を強打(笑)
すごい音がしたので注目されてしまって恥ずかしいことこの上ない。
ひとりおばさまが笑ってくれたのが救いでした。
見ないふりされたらそれこそ私の体を張った芸(芸なのか?)が無駄に(笑)


宝登山を降りた後は秩父の奥のほうに水を汲みに行って、温泉へ。

道の駅大滝温泉

秩父の奥のほうにあるのであまり観光客は来ないのかな。
いつも比較的空いています。
そのためかドライヤーの数が極端に少ないです。
まぁ、そんなに取り合いになるほど混まないから問題なしなんですけどね。

そしてお湯が抜群にいいんです。
少しぬめりのあるお湯で、お肌がつるつるになります。
指の荒れている部分が一時的にすべすべになるので、毎日入りたい(笑)


毎週毎週よくいつも主人と一緒に出掛けるなぁ、と思います。
周りの人にも「仲いいね~」と言われますが、我が家ではこれが普通。
結婚前の期間を含めると15年くらい一緒にいるので、当たり前になってるんですね。

さて、来週のサザエさん・・・ではなくて、来週のお出かけはどこにしようかな。














関連記事
スポンサーサイト

コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top