2016
02.11

すぐ作れる「シュークリーム」思い立った時に、突然のお客様に。

Category: お菓子
DSC_0148のコピー

今回はバレンタインが近いのでスイーツです。
今日姪っ子たちが来ると義母から聞いたので朝作りました。
思い立った時に、家にあるもので作れるのがシュークリームですね。

久しぶりでも失敗しないところもいいですね~。
準備と焼きで1時間もかからないです。
あとは冷ましてクリームを詰めるだけ。
簡単なのに義母が喜んで食べてくれてうれしかったです。



ご訪問ありがとうございます。
レシピブログに登録しています。



クリックしていただけると励みになりますので、よろしくお願いします。


DSC_0150_2016021118145169a.jpg

☆シュークリーム

・1個約120kcal

【材料 8個分】

<生地>
・バター・・・20g
・水・・・50cc
*無塩バターを使う場合は塩をひとつまみ加える。
・薄力粉・・・25g
・卵・・・約1個

<カスタードクリーム>
・卵・・・1個
*濃厚にする場合は卵黄2個分を使う。
・グラニュー糖・・・大さじ3~4
・コーンスターチ・・・10g
*ない場合は薄力粉20gで代用OK。
・牛乳または生クリーム・・・200cc
・バニラビーンズのさや・・・5cmくらい
*ない場合はバニラエッセンスを火を止めた後に加える。


【作りかた】

*下準備
薄力粉は振るっておく。
オーブンを200℃に予熱しておく。
天パンにクッキングシートを敷いておく。

<生地>
1、
鍋に水とバターを入れて弱火にかける。
バターが溶けたら薄力粉を加えて混ぜる。
粉っぽさがなくなってまとまってきたら火からおろす。

2、
卵を溶きほぐして少しずつ加えながら混ぜる。
すくってみてぽったりと落ちるくらいになったら卵を加えるのをやめる。
(余った分はカスタードクリームに加える)
固めのカスタードクリームくらいが目安。

3、
丸い口金を付けた絞り袋に入れる。
間隔をあけて3~5cmくらいの大きさに絞り出す。
同じものを6~8個作る。

4、
予熱したオーブンで20分くらい、膨らんで焼き色がつくまで焼く。
焼けたらすぐに取り出して冷めるまで置いておく。

<カスタードクリーム>
1、
鍋に卵とグラニュー糖を入れてよく混ぜる。
コーンスターチまたは薄力粉を加えてダマがなくなるまで混ぜる。
粉っぽさがなくなったら牛乳を少しずつ加えて混ぜる。
バニラビーンズのさやを加える。

2、
鍋を弱火にかけて絶えずかき混ぜながら加熱する。
とろみがついてきたら焦げないようにさらによく混ぜる。
シュー生地より少し柔らかいくらいぽったりしたら火を止める。
冷めるまで置いておく。

<仕上げ>
1、
生地の上1/3くらいに切り込みを入れる。

2、
カスタードクリームからバニラビーンズを取り出す。
丸い口金を付けた絞り袋に入れてシューの中に詰める。

スプーンなどですくって入れてもOKです。
ただ、絞り袋に入れたほうが見た目がきれいに仕上がります。

3、
好みでパウダーシュガーを振りかける。


今回は量を少なめに作ったので、8個にするとミニサイズです。
普通サイズなら4~6等分に絞り出すとちょうどいいかも。
焼き色が付きにくかったら焼き時間を5~10分長くします。


久しぶりなので中学生の頃購入したレシピブックを引っ張り出しました。
そうしたら、そのレシピはまさかの揚げシュー(笑)
ただでさえプレゼントでカロリーオフを考えずに作ってるのに、揚げとは。
そっと本を閉じました(笑)


ダイエットスイーツとして、カスタードクリームは豆乳でも作れます。
しかも火を使わず電子レンジでOK。
今回はシュー生地を焼きだしてから気付いたため(笑)お鍋で作りました。


豆乳でアップルカスタードパイ

DSC_0083のコピー

豆乳を使ったカスタードクリームです。
豆腐臭さや物足りない感はなく、しっかりおいしいですよ。


そのほかの卵を使ったスイーツもよかったら見てくださいね。


濃厚かぼちゃプリン



かぼちゃをたっぷり多めに使って低温でじっくり焼いています。
かぼちゃたっぷりなのでとっても濃厚でおいしいくて好評でした。


ナッツたっぷりチョコブラウニー



卵がメインのスイーツではないですが、バレンタインに。
ブラウニーは失敗が少ないビギナーさん向けのスイーツです。
かくいう私も昨年はその一人でしたが、上手にできましたよ。




よかったら「ナイスフォト」&「おいしそう」もお願いします。
いつもありがとうございます!








月曜日は群馬に行ってきました。
今年の大河ドラマ「真田丸」でお城があった岩櫃の温泉へ。

岩櫃城温泉くつろぎの館

お風呂は小さくて、特に露天風呂がこじんまりでした。
ですがほんのり硫黄の香りがしてとてもいいお湯でした。
狭いといっても¥400という破格の安さなので納得です。
しかもJAFの優待でさらにお安くなりましたし。
あったまりました~。

群馬に行ったら行きたいところがもうひとつ。

永井食堂

安い、早い、ウマいモツ煮のお店です。
定食が¥590ですよ!
もともとトラックドライバーの方やライダーさん御用達だそう。
なのでご飯の量が半端じゃありません。
必ず女性やお年を召した方にはご飯を少なくするか聞いてくれます。
元ラグビー部の主人は聞かれませんでした。鍛えてて良かったね~。

DSC_1745.jpg


私は普段はあまり食べないほうなんですが、白ご飯は別。
女性はひとりも普通盛りを食べている人はいなかったのですが。
そんななか私は山盛りご飯をぺろりと平らげました。余裕で(笑)
ここのモツ煮はしょっぱいわけではないのですが、味が濃いんです。
味の濃いおかずにはご飯がたくさんないと食べきれないので。
ちょうどいいくらいでした。

お土産のモツ煮も買ってごちそうさま~。
男性だけでなく、カップルやご夫婦もたくさんいましたよ。
なので女性でも安心して入れます。



今日のデグこ。
DSC_1747_201602111926430a2.jpg

あずきが完全につぶされてさらにささげの手で目が~!
目の中に手が入っているわけではないのでいいんですが。
そんなになっていても気持ちよさそうなあずき。
デグーはよく縦に重なっています。
初めて見たとき、一番下の子は圧死するんじゃないか心配になりました。
デグーって何だろう?と思っていたころが懐かしいです。
今ではこの子たちのいない生活なんて考えられないくらいかわいいです。












関連記事
スポンサーサイト

コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top