2016
02.10

「カジキマグロのソテー、きのこ醤油バターソース」和風で洋風、お酒とごはんに合うレシピ。

Category: 魚介類の料理
DSC_0146のコピー

今回はお魚料理です。
メカジキは生のちょっとお高めのものでも、冷凍のお得なものでも。
いつでも手に入りやすい便利なお魚を使ったメインです。

きのこも1年を通して値段が安定している優秀食材です。
食物繊維が豊富でヘルシーなところがダイエッターの我が家に◎



ご訪問ありがとうございます。
レシピブログに登録しています。



クリックしていただけると励みになりますので、よろしくお願いします。


DSC_0144.jpg

☆カジキのソテー、きのこ醤油バターソース

・1人分約250kcal

【材料 2人分】

・メカジキの切り身・・・2枚(約200g)
・塩・・・小さじ1/4くらい
・ブラックペッパー・・・少々
・バター・・・20g
・きのこ・・・ふたつかみ(約200g)
*しめじ、えのき、しいたけ、まいたけ、マッシュルームなど
・酒・・・大さじ1
・醤油・・・大さじ1~2
・レモンのしぼり汁・・・1/2個分

【作りかた】

1、
カジキは塩を振ってキッチンペーパーにくるみ、5分ほど置く。

2、
きのこ類は石づきを取って食べやすい大きさに切る。

3、
フライパンにバターの半量を熱し、水けをふいたカジキを入れる。
中火で2分くらい焼いて、返して酒を加えてふたをして2分くらい蒸し焼きにする。

4、
カジキを取り出し、そのままのフライパンに残りのバターを入れて溶かす。

5、
きのこを加えて炒め、しんなりしたらレモン汁を醤油を加えてひと煮たちさせる。

6、
カジキの上にきのことソースをかける。


とっても簡単でおいしいです。
酒を白ワインに変え、しょうゆを加えず塩で味を調えても。
より洋風な味付けになります。
カロリーを気にしない場合はカジキに薄力粉をまぶしても。
加熱しすぎてもパサつかず失敗しません。



そのほかのカジキマグロを使ったレシピもよかったら見てくださいね。


簡単ネギマ鍋



簡単に割下を作れるので買いに行かなくてもOK。
家にあるものでささっとできる時短おつまみです。
味のしみたマグロとねぎを溶き卵につけていただくともう最高♪


ペッパーソテー



今回のレシピとほとんど同じお料理ですが、ブラックペッパーたっぷり。
スパイスを使うと味に満足感が出るので減塩になります。


マグロの竜田揚げ



こちらはカジキに限らず、マグロの血合いならなんでもOK。
血合い(アラと表記されていることも)は栄養たっぷりなうえにとても安いです。
少しクセがあると感じる方もいるかも。
しょうがやにんにく、お酒をもみこんで揚げると気にならないですよ。




よかったら「ナイスフォト」&「おいしそう」もお願いします。
いつもありがとうございます!








今日のデグこ。


DSC_0137.jpg

直前まで服の中に入って寝ていたあずき。
出てきたけど寝ぼけて自分の向きがわからなくなっています。


DSC_0138.jpg

カメラ目線。
ですがとっても眠そうでいつものぱっちりおめめが半分に。
もう中年というか高齢デグーですが、こういう時は赤ちゃんの時の面影が。


DSC_0139.jpg

もう一度もぐろうとして私のアゴに阻まれています。
急いで服の中に入ろうとしているときは、本能なのか掘ろうとします。
それが人間としては肩や背中をひっかかれる感覚なので痛いの(笑)
部屋着とスエットの間にうまく入ってくれればそうでもないんですけどね。
たまに素肌に入られるとかなり痛いしひっかき傷だらけになるし。

私も主人も背中が浅いんですが傷だらけになってしまってます。
温泉に行ったときにどう思われるんだろう(笑)
聞かれたら答えようがあるんですけどね。














関連記事
スポンサーサイト

コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top