2016
01.31

ふんわり軽い「チョコチップマフィン」プレゼントに好評だったレシピ。

Category: お菓子
DSC_0095_edited-1.jpg

今回はチョコマフィンです。
飲み会の日の朝ふと思い立って作って持って行けた、簡単レシピです。
これがまた大好評で。
ココナッツオイルを加えたので少し軽めで物足りないかな、と心配でしたが。
みんな何度もおいしいと言ってくれました。
やっぱり、誰かのおいしいという言葉がお料理の原動力になりますよね。

ココナッツオイルがない場合はバターだけでももちろん作れます。

今回はプレゼントにするということで、カロリーを気にせず作りました。



ご訪問ありがとうございます。
レシピブログに登録しています。



クリックしていただけると励みになりますので、よろしくお願いします。


DSC_0097.jpg

☆チョコチップマフィン

【材料 マフィン型6~8個分】

・薄力粉・・・180g
・ベーキングパウダー・・・小さじ2
・板チョコ・・・20g
・バター・・・60g
・ココナッツオイル・・・18g(大さじ1)
・砂糖・・・100g
・卵・・・1個
・牛乳・・・80cc
・ココアパウダー・・・10g
・GABANペパーミント・・・5~6振り
・GABANバニラビーンズ(さやを切って種を取り出す)・・・5cmくらい
・チョコチップ・・・適量
・パウダーシュガー・・・少々


板チョコはあったから入れただけなのでなくても作れます。
ただ、とても香りがよくなるので入れることをお勧めします。

バニラビーンズがない場合はバニラオイルでOKです。



【作りかた】

*下準備*
薄力粉とベーキングパウダーとココアパウダーを合わせて振るっておく。
バターとココナッツオイルは室温に戻しておく。
オーブンを180℃に予熱しておく。

1、
大きめのボウルにチョコを割り入れ、湯せんにかけて溶かす。
(様子を見ながらレンジで温めてもOK)

2、
バターとココナッツオイルを加えて泡だて器で混ぜる。

3、
砂糖を何度かに分けて加え、白っぽくなったら卵を加える。

卵は溶いて2~3回に分けると混ぜやすいです。

4、
粉の半分くらいを加えてざっとゴムべらなどで混ぜ、牛乳の半量を加える。

5、
混ざったら残りの粉と牛乳を加えて粉っぽさがなくなるまでよく混ぜる。

切るように混ぜると今回のさっくりふんわりした食感になります。
ケーキ類でタブーの「練るように混ぜる」でも大丈夫。
しっとりしておいしくなるそうです。

6、
チョコチップ、ミント、バニラビーンズを加えてさらに混ぜる。

7、
マフィン型に生地を等分に入れる。

8等分して大体画像くらいになります。
少なすぎじゃ?と思うくらい(型の1/3くらい)入れれば十分です。
6等分で作るとかなりもりっとした仕上がりになります。

8、
予熱したオーブンで30分くらい焼く。
竹串などを刺して生地がついてこなければOK。
粗熱が取れたらラップで包むかポリ袋に入れて冷めるまで置く。


今回はプレゼント用ということで仕上げにパウダーシュガーでお化粧。
こぼれないように一度ラップでくるんでからラッピングしています。
透明な包装紙は中身が見えて、おいしそう感が増すのでいいですね。



2016013119250.jpg

マフィンと一緒に記念撮影。
そういえば、iPhoneじゃないの、私だけだった…。
びっくりぽんです。




よかったら「ナイスフォト」&「おいしそう」もお願いします。
いつもありがとうございます!








そういうわけで、昨日私は飲み会でした。
何年かぶりに合う子がいてもう話が盛り上がる盛り上がる(笑)
あ、女子だけじゃないです。でも盛り上がる(笑)

17時開始で、結局23時過ぎまでお店を変えて飲んで語らいました。
帰りに一人の子と話し込んで寒風にさらされたからか、風邪引いちゃいました。
でも楽しかった~。

なので主人は久しぶりの哀愁一人晩酌。


DSC_0090.jpg

地味です。
野菜が多めで、年配の方の食事みたいです(笑)

うちの主人はあまりガッツリした、いわゆる「モテレシピ」系のものを好みません。
お肉もお魚も食べますが、「女子か!」と言いたくなるほどの野菜好き。

我が家は親戚からや義父の畑からたくさん野菜をもらうので、助かります。
主人の嗜好的にも、家計的にも。

DSC_0092.jpg

メインは鮭のちゃんちゃん焼きです。
鮭がちょうど一人分だけあったので、ちょうどいい消費。
たまねぎ、しめじ、キャベツ、ピーマンをたっぷり敷いて。
みそだれは味噌に酒とみりんで少し甘めにしました。
ホイルで包んでおいて、食べるときにトースターに入れるだけ。

後ろはブロッコリーの茎の浅漬けです。
我が家では定番。主人が好きなので絶対に茎は捨てません。

茎は固い部分を落として薄くスライスし、さっと茹でます。
千切りの人参としょうがと一緒にしょうゆ、酢、砂糖で漬け込むだけ。
3時間くらいで食べられます。


DSC_0093.jpg

焼き物と小鉢があったので、煮ものも。
里芋と豚小間の白煮です。
里芋は皮をむいて下茹でし、豚小間は油をひかずに炒めます。
あとは白だしにみりんや酒など加えて水で薄めて煮るだけ。
水分がなくなるころには味しみしみ、里芋ほっくり。

奥は主人からリクエストがあった人参しりしりです。
ツナ缶はオイルタイプのものを使い、オイルごと炒めています。
サラダ油を使わなくていいし楽です。

そして我が家の人参しりしりには甘みは入れません。
お弁当でけっこう甘辛いおかずが多くなるので、甘みのないものって重宝します。
そう、たっぷり作ってお弁当の隙間埋めにも使います。


なんだかとても簡単料理ばかりでしたが、残さず食べてくれたみたいです。
お皿もきれいに洗って、寝室は暖房をつけておいてくれて寝てた主人。

毎日感謝です。














関連記事
スポンサーサイト

コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top