2016
01.26

とってもジューシー「鶏むね&ももの唐揚げ」漬け込み液がポイント。お弁当にも。

Category: お肉の料理
DSC_0065のコピー

今回はお惣菜の定番人気、唐揚げです。
から揚げ粉を付けて揚げるだけでもおいしいですよね。
ですが、もっとジューシーさがほしいな、と思って漬け込みました。
お肉のたんぱく質を分解するのと保水性を高めるのを重視しました。

我が家では私のダイエット&主人の筋トレでむね肉の出番が多いです。
それまではパサつくイメージで敬遠していましたが、料理次第。
特に漬け込むひと手間で全然ジューシーさが違います。

今回は少し余っていたもも肉も漬け込んでみました。
こちらもよりジューシーになって特売のお肉が大変身です。





ご訪問ありがとうございます。
レシピブログに登録しています。


クリックしていただけると励みになりますので、よろしくお願いします。



DSC_0063_20160126185109a79.jpg

☆鶏むね肉&もも肉のから揚げ

【材料 2人分】

・鶏もも肉・・・1/2枚
・鶏むね肉・・・1/2枚
*合わせて250gくらいです。ももとむね、どちらかでもOK。

・コーンフラワー・・・適量
*ない場合は片栗粉や薄力粉でOK。
*あればコーンスターチと片栗粉同量合わせたものでも。

・揚げ油・・・フライパンの底から2cmくらい

<漬け込み液>
・玉ねぎのすりおろし・・・1/4個分
・砂糖・・・小さじ1
・塩・・・小さじ1/4~1/2
・醤油・・・小さじ1~2
・おろしにんにく・・・1/2かけ
・おろししょうが・・・にんにくと同量くらい
*にんにくとしょうがはチューブのもの2cmくらいでもOK。
・こしょう(パウダー)・・・少々
・チリパウダー(好みで)・・・少々
・牛乳(または水)・・・大さじ2くらい

【作りかた】

1、
鶏肉は皮を取り、大きめの一口大に切る。
*皮は後日違うレシピに使うので捨てない。
付け込み液の材料を混ぜて鶏肉を入れ、1時間以上漬け込む。
*冷蔵庫で一晩置いてもOK。

2、
鶏肉の水けをキッチンペーパーでよくふき取る。
コーンフラワーを全体にまぶし、5分くらい置く。
*すぐに揚げるとはがれるため。

3、
フライパンに油を熱し、高温になる前に鶏肉を入れる。
(粉を少量入れて、沈んで静かに泡が出てくるくらい)
衣が固まるまではさわらず、そのあと返しながら3分くらい揚げる。

4、
強火にして油の温度を上げ、衣が色づくまで揚げる。
この時なるべく箸で持ち上げて空気に触れさせながら上げるとよりカリッとなる。


レモンをたっぷり絞って召し上がれ~。
今回はトルティーヤを作るときに購入したコーンフラワーがあったので使いました。
トウモロコシの粉だとよりアメリカンな味わいになるんだそうです。

あと、先日TVで見たのですが、コーンスターチを使うとより冷めてもカリッとするそう。
コーンスターチは粒子がとても細かいので油を吸いにくいんだとか。
これはダイエッターにはうれしい情報ですね。
(揚げ物食べてる時点でどうかとは思いますが・笑)
片栗粉と半々で使うそうです。

さっそく今日スーパーで購入してきました。



アメリカンといえば「ケンタッキーフライドチキン」ですね。
そのケンタ風フライドチキンも作りました。
よかったら見てくださいね。



こちらは唐揚げとは微妙に味付けなどが違います。
お肉を漬け込まずに揚げてるんですが、衣をケンタに近づけた感じです。
ケンタのあのむね肉は少しパサッとする感じもおいしいんですよね。


むね肉は本当にいろいろ使えますね。

揚げないチキン南蛮もヘルシーでおすすめです。

DSC.jpg

今回の唐揚げとテーブルランナーが同じですね。
鶏肉のお料理の時は無意識にこれを選んでるのかも(笑)
揚げなくてもむね肉でもジューシーで食べごたえがあります。

むね肉はもも肉と比べてお買い得なのも魅力ですよね。
我が家では昨日購入してきた大量パックのむね肉が今漬け込まれています。
上記のチキン南蛮の漬け込みと同じ調味料です。




よかったら「ナイスフォト」&「おいしそう」もお願いします。
いつもありがとうございます!








昨日は高尾山に行ってきました。

公式ホームページはこちら

まずはお昼ごはん。
高尾山といえばお蕎麦です。
昨年は人気アイドルグループがTVで来店したという人気店に行きました。
ですが機械打ちのお蕎麦も、市販品のようなつゆも微妙だったので。

ほとんど毎年お邪魔しているこちら。

栄茶屋

こちらはなぜか毎年お会計を間違われていたのですが(笑)
今年はお会計の担当の方が変わっていて無事済みました。

こちらで大好きなメニュー。

DSC_1734_20160126193430195.jpg

「天狗の耳たぶそば」です。
天狗の耳たぶとはきくらげのこと。
高尾山や八王子近辺はきくらげの栽培が盛んで、生のものがおいしいです。
米油で炒めた大きなきくらげが入っています。

昨年お邪魔したときは温かいお蕎麦のみだったと思うのですが。
今回はお蕎麦が冷たい「つけ」があったので迷わずお願いしました。
つゆは熱々です。

この日はとても寒い日だったので、周りではみなさん温かいお蕎麦でした。
ですが我が家は寒気の底日と言われようがお蕎麦は冷たい派。
手打ちのお蕎麦の香りとコシが感じられておいしかったです。


お腹いっぱいになったところで薬王院に向かいます。
歩いて登ろうという主人の意見をサラッと却下(笑)
いつもは往復リフトですが、空いていたのでケーブルカーに乗りました。


DSC_0048.jpg

かなり急斜面を登っていくそうです。
途中30何度かあるそうで、ケーブルカーの中も段々になってます。


DSC_0052.jpg

すれ違いポイント。
すっかり撮り鉄化していますが、ブログに載せるためだけです。
オタクじゃありません(笑)

ケーブルカーを降りると展望ポイントがあります。
今回はこのために重い望遠レンズを装着してきました。


DSC_0054.jpg

スカイツリーが肉眼でもはっきり見えました。
都庁も見えますね。
隣で撮影していた方が「スマホじゃ何撮ったかわかんない」と仰ってました。
おお~、望遠レンズ持ってきてよかった~♪

そのあと、1kmちょっと歩きます。
途中にサル園があって、なかなか面白いのですが、今回は寒いので歩き続けます。


DSC_0055.jpg

煩悩と同じ108の段数がある階段です。
片側は除雪されていますが、もう片方は雪が残っていますね。
毎年この階段で息切れする私は確実に運動不足(笑)


そして薬王院で昨年の家族の健康のお礼と、今年の健康のお願いをして。
また戻ってきて帰りはリフトに乗りました。
リフトは下りのほうが景色がいいんです。

ちなみに、リフトもケーブルカーも料金は同じで、往復だと少しお得です。


DSC_0058.jpg

楽しい♪
高いところ大好きです。
子供のころからスキー場のリフトが楽しくてたまらなかったですし。
主人とスキーの思い出などを話しながら乗りました。

私と主人は年が10歳離れているので、当時の経験が全然違います。
私は小学生だったので家族とですね、もちろん。
両親ともスキーが上手だったので上級者コースを転げながら楽しんでました。
主人は大学生だったのでグループでワイワイ。
どちらかというとスキーよりも仲間と楽しむ感じですよね。


我が家の毎年のルーティーンのひとつ、高尾山を楽しみました。

また来年、今度は歩いて登ってみようと思います。
極寒じゃなければ(笑)











関連記事
スポンサーサイト

コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top