2016
01.03

おせち、お正月のあまりで「お刺身盛り合わせのなめろう&さんが焼き」&山陰旅行Part3

Category: 魚介類の料理
DSC_0238.jpg

今回はあまりものレシピです。
お正月の食事会に手巻きずしをして、お刺身が大量にあまりました。
生ものなので食べられる期間も短いです。
なのでアレンジの利くお料理にしました。

なめろうって万能です。
どんなお魚でも合うの。
お刺身の盛り合わせがあまった時にぜひ作ってみてください。

ご訪問ありがとうございます。
レシピブログに登録しています。


クリックしていただけると励みになりますので、よろしくお願いします。


DSC_0234.jpg

4~5人前はある手巻きずしのお刺身&盛り合わせ。
さすがに一度に全部は食べられないので、マグロとサーモンは取りのけます。
それは醤油、少量のみりんとお酒でヅケにして置きます。
切り身のお刺身はその日に食べるのが基本ですが、ヅケなら翌日まで日持ちします。
(小さなお子さんやお年寄りなど抵抗力の弱い人には食べさせないでくださいね)

その他のお刺身全部(イカ、ホタテ、タイ、エンガワ、エビ、マグロとサーモンのたたき)使います。


DSC_0235.jpg

☆あまりもののお刺身盛り合わせのなめろう&さんが焼き

【材料 4~5人分】

・刺身の盛り合わせ・・・4~5人前
・長ネギ・・・10cmくらい
・しょうが・・・ひとかけ~好みの量
・青じそ・・・好きなだけ
・味噌・・・大さじ2~3くらい
・日本酒(または料理酒)・・・小さじ1/2くらい

【作りかた】

1.
ねぎ、しょうが、青じそをみじん切りにする。

2.
刺身すべてを細かく刻み、さらに包丁で粘りが出るまでたたく。

3.
香味野菜、調味料をすべて混ぜて全体が混ざるようにさらにたたく。

今回はいくらがあったので盛り付けの時に上に乗せました。
ない場合はいりごまを振ると見た目もいいですし、風味がよくなります。

いつもはアジなどの青魚で作ることが多いなめろうですが、いろいろな魚が入った盛り合わせでもおいしかったです。
味噌がすべてをうまくまとめてくれるみたいですね。


なめろうはかなりの量ができます。
お正月は作り置きの料理を食べることが多いので、温かいものがほしくなりますよね。


DSC_0241.jpg

ということでさんが焼きに。なめろうを焼いただけです。
こちらは主人がとくにおいしいと食べてくれました。
焼いただけなのに(笑)
これをご飯に乗せてお茶を注いでお茶漬けにしてもおいしいです。
メンチカツのようにパン粉をつけて揚げればさらに日持ちします。
お弁当にもぴったりですよ♪







ここからは年末の旅行のお話です。

出雲大社に行った後に松江城にも行きました。
我が家は国宝に指定されたお城には全部行った~!と喜んでいたら。
昨年松江城が指定されたと… orz ←このマークみたいになった(笑)
ちょっと島根は遠いよね…無理だよね…と話してたんですが、半年もしないうちに行くことになるとは。


DSC_0149.jpg

望楼型、という少し珍しいお城です。戦いに向いているお城ですね。
そういえば今まで見たお城とは形が違います。


DSC_0150.jpg

店主から宍道湖が見えました。天気が良くてうれしいな~。



そのあと、お城の周りのお堀を船で回りました。
ガイドブックで見て気になってたんです。
主人は私が寒いのは嫌だろうと思って旅行のプランには組み込んでなかったそうです。
ですがここから旅館までとても近くて時間が余ったので乗れました。


DSC_0158.jpg

とても情緒がありますよね。
江戸時代にお堀の渡しに乗っているような気分になれます。


DSC_0162.jpg

昔の橋の大きさや幅を変えるのではなく保存して、船の大きさを合わせて作っているみたいです。
なので、こちらの橋を渡るときは幅がギリギリでした。
私、車でこんな道があったら絶対こする(笑)
船頭さんもぶつけるって言ってたけどね。


DSC_0165.jpg

高さもギリギリな橋があったりします。
なので船の屋根がたためるようになってるんです。
これはたたんでるところです。みんなで炬燵の上に突っ伏します。
そうそう、簡易的ではありますが、炬燵があるので真冬でも足元あったか。


DSC_0173.jpg

武家屋敷も船から見えました。
それに小泉八雲(ラフカディオ・ハーン。耳なし芳一などを書いた)さんの住んでいた家も見えました。


DSC_0169.jpg

これが一番写真に撮りたかった、お堀からの松江城です。
夕方だったので逆光になってしまってますが、満足♪

船頭さんが説明しながら民謡というか当時の歌を歌ってくれたりもします。
その歌がまた上手い。心に染み入ります。
私たちの時の船頭さんは経済アナリストの森永卓郎さんに似てました。

こちらの、ぐるっと松江堀川めぐり、本当におすすめです。

ちなみに、進行方向で一番前がいい場合は最後に乗ります。(船頭さんから遠く)
逆に、後ろでもいいから真冬に寒いのが嫌な場合は一番最初に乗ります。(船頭さんの近く)
私は何も知らなくて一番後ろに座ったんですが、かなり前の人が風よけになってくれました(笑)

島根県、意外とと言ったら怒られてしまいそうですが充実した旅になりました。
楽しかったです。
次は鳥取編です。次回に続く。




よかったら「ナイスフォト」&「おいしそう」もお願いします。
いつもありがとうございます!








関連記事
スポンサーサイト

コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top