2015
12.27

「カキのガーリック照り焼き」ふっくらおいしくて簡単なレシピ。

Category: 魚介類の料理
DSC_0098のコピー

今回は旬のカキのレシピです。
カキフライを作ろうかな~、と思ってたんですが、もっと簡単なこちらにしました。
すぐにできてお酒もご飯も進みます。
にんにくの風味がカキと合うんですよ~。

カキは亜鉛などが豊富なので添加物をたくさん採る現代人にぴったり。
味覚障害にならないためにも食べたい食材です。


ご訪問ありがとうございます。
レシピブログに登録しています。


クリックしていただけると励みになりますので、よろしくお願いします。


DSC_0096.jpg

☆カキのガーリック照り焼き

【材料 2人分】

・カキ(加熱用)・・・ひとパック(300gくらい)
・にんにく・・・ひとかけ
・バター・・・5~10g
・みりん(または酒)・・・大さじ1
・しょうゆ・・・小さじ2~3

【作りかた】

1.
カキは薄い塩水(分量外)でふり洗いして汚れを取り、キッチンペーパーで水分をふき取る。

2.
にんにくは薄くスライスする。

3.
フライパンに中火でバターを熱し、溶けたらにんにくを入れて香りが出るまで炒める。
カキを重ならないように入れて2分くらい加熱する。

4.
カキの上下を返してみりんを注ぎ、水分がなくなるまで加熱する。

5.
醤油を入れてからめたら出来上がり。


みりんを入れて蒸し炒めにすることでカキがふっくら仕上がります。
簡単なのにとてもおいしくて冬中活躍しそうなレシピです。


その他のカキを使ったレシピもよかったら見てくださいね。


カキとマッシュルームのアヒージョ



カキのアヒージョは定番ですね。
ボージョレ・ヌーヴォーやブルゴーニュの赤ワインと合います。


カキとオクラのガーリック炒め



こちらもにんにく味。
カキとにんにくを合わせるのが個人的に好きです。






ネイルをお正月バージョンにしました。

DSC_0135.jpg

すごく時間がかかった(笑)
セルフネイルは右手が大変です。
旅行とお正月で料理する機会が少ないので自爪を切らずに長めにしました。

1月2日に義理の両親と弟家族が来て食事をします。
お取り寄せしたアワビやイセエビ(どちらも小ぶり)をさばくのは私。
使い捨てのビニール手袋と軍手を使うつもり。
普段の食事は気にしませんが、ネイルしている手で料理するのが嫌な人もいると思うので。
お客様が来るときなどもビニール手袋は活躍します。

ちなみに義母は何にも言いません。
むしろいつもきれいにしてる、と言ってくれます。
楽な嫁させてもらってますね。



よかったら「ナイスフォト」&「おいしそう」もお願いします。
いつもありがとうございます!








関連記事
スポンサーサイト

コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top