2015
12.19

チーズフォンデュより簡単「ラクレット」クリスマスやおもてなしに楽しめるレシピ。

DSC_0067のコピー


今回はホームパーティーなどにも簡単で便利なレシピです。
チーズフォンデュも温まって好きなものが食べられていいですが、それよりも簡単。
ラクレットをご存知ない方も、ハイジの暖炉で溶かして食べるチーズと言えばわかるかも。
スイスやフランスのお料理で、本来は直火でチーズを溶かして削っっていただくんだそうです。
そういう設備は我が家にはないので(笑)
ホットプレートを使いました。


ご訪問ありがとうございます。
レシピブログに登録しています。


クリックしていただけると励みになりますので、よろしくお願いします。


DSC_0069.jpg


☆ラクレット

【材料 2人分】

・ラクレットまたはグリュイエルチーズ・・・200g
*チーズが足りない場合はピザ用チーズを加えます。

・じゃがいも・・・1~2個
・ブロッコリーなど好みの野菜・・・好きなだけ
*今回はブロッコリーがなかったので家庭菜園のスティックカリフラワーを使用。
*野菜のお皿の上部のカブみたいなものは同じく家庭菜園のコールラビです。

・ソーセージやバゲット・・・好きなだけ

【作りかた】

(1)
チーズは細かく刻む。
じゃがいもはよく洗って皮付きのまま箸がすっと通るまで茹でる。
ブロッコリーなどは塩少々を加えたお湯で茹でる。
バゲットは軽く焼く。食べやすい大きさに切っても。

(2)
ホットプレートに具材とチーズを入れて加熱する。
ソーセージはしっかり焼き、他のものは温まればOK。
チーズをからめていただく。


とっても簡単ですね。
我が家ではホットプレートのテフロン加工が怪しくなってきているので(笑)
薄く油をひいてその上にクッキングシートを乗せて使いました。
これは後片付けが便利♪
クッキングシートは250℃くらいまで耐熱温度があるものを使ってくださいね。

チーズフォンデュのように白ワインを入れたり、焦げないようにかき混ぜたりする必要がなくて本当に楽。

母がフランス語を習っています。
その先生からいただいたラクレットチーズをおすそ分けしてもらいました。
あまりハードチーズは好んで食べないのですがとてもおいしかったです。
今度はカチョカバロでやってみたいと思います。


そのほかのチーズを使ったレシピもよかったら見てくださいね。


ズッキーニのラザニア風グラタン



こちらは母がフランス語のレシピブックを見て作ったお料理のアレンジバージョン。
母も言ってたんですが、本場のレシピで作るとカロリーが高すぎる(汗)
ということで大幅カロリーダウンしたレシピになりました。
炭水化物を使ってないのでダイエット中でも食べられます。


ホタテとマッシュポテトのグラタン




ホタテの殻を使ったかわいいグラタンです。
ひとり分ずつ出せるのでおもてなしの時にちょっとおしゃれな感じがしておすすめ。
ホタテは殻つきを買ってきましょう♪


フライパンひとつでできるサルティンボッカ

DSC_0072 (1)

下味をつけて生ハムを重ねてあとは全部フライパンに入れてふたをして火にかけるだけ。
ほかのお料理をしている間にできてしまう超楽ちんレシピです。




よかったら「ナイスフォト」&「おいしそう」もお願いします。
いつもありがとうございます!





最近すっかり真冬ですね。
私はまだ床暖房だけで大丈夫なのですが(着こんでるし)、わが子たちのほうが寒がり。
毛皮着てるのに。

お天気のいい日はケージを日なたに置いて日光浴させています。
もちろん日陰になる場所も作ってあります。
それがあったかくて気持ちいいのか、たまに顔が怖くなるんですよね。

DSC_0100.jpg

おそらく目を開けたまま寝ているあずき(左)
目が半開きなうえにうつろで怖い(笑)
思わず生きてるか突っついて確認しました。
まぁ、デグーって熟睡すると白目むくし、そのうえあずきには警戒感がゼロで仰向けになるし。
もはや毒殺されたネズミ状態になっていることには気づいてないんだろうなぁ。

ごはんの時以外はまったりほわーんとしていてとてもかわいい動物たちです。
ごはんの時はバトルロワイヤルですけどね。








関連記事
スポンサーサイト

コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top