2015
12.18

「山菜おこわ」意外と簡単な蒸し器で作る本格的なおこわのレシピ。

Category: ごはんもの
DSC_0061のコピー


今回はおこわです。
もち米が個人的に大好き。
たくさん作ったら冷凍保存もできますが、我が家は常に冷凍庫がいっぱい。
なのでいつも少量ずつ作ります。
少量ずつでもおいしくできるので、もち米をつけておけばすぐに食べられます。
山菜は水煮のパックのものでOK。
一年中山菜おこわが楽しめます。


ご訪問ありがとうございます。
レシピブログに登録しています。


クリックしていただけると励みになりますので、よろしくお願いします。


DSC_0063.jpg


☆山菜おこわ

【材料 2人分】

・もち米・・・1合
・わらび(あく抜きしてあるもの)・・・100gくらい
・たけのこ(水煮)・・・100gくらい
*水煮の山菜ミックス一袋でもOKです。
・油揚げ・・・1/2枚
・水・・・適量
・めんつゆ・・・大さじ2~

【作りかた】

(1)
もち米は洗ってざるにあげておく。

(2)
わらびとたけのこは食べやすい大きさに切り(パックの場合不要)、油揚げは細かく刻む。
*繊細な味に仕上げたい場合は油揚げを熱湯で油抜きしてから使う。

(3)
鍋に山菜と油揚げと水をひたひたくらい入れ、めんつゆを加えて少し濃いめくらいにする。
火にかけ10分ほど煮て、そのまま冷まして味をしみこませる。

(4)
冷ました(3)を具と煮汁にわけ、煮汁はボウルに入れてもち米を加え一晩おく。
*煮汁が少なすぎる場合は水を足す。もち米はかなり膨らむので多めが安心です。

(5)
蒸し器にお湯を沸かし、煮汁を切ったもち米を入れて蒸し布をかぶせて強火で15分蒸す。
煮汁は後で使うので捨てないでくださいね~。
蒸し布がない場合は濡らして固く絞った厚手のキッチンペーパーで代用できます。

(6)
15分経ったら煮汁を手に付けて振るか、しゃもじを使って全体に振りかける。
山菜を加え、さらに5~10分、もち米に芯がなくなるまで蒸す。

蒸しあがったらすぐに下の鍋を外します。
そのままにしておくと余熱でべちゃっとなってしまうので。


蒸しおこわって難しいイメージですが、そんなことありません。
むしろ、蒸し時間自体はかからないので、前の晩に仕込みをしておけばすぐできます。
炊飯器で炊くよりお米の粒がしっかり仕上がるので私は大好きです。
蒸し器を買うのは…と思われる方もいるかと思いますが、上のせいろの部分だけも売っています。
ホームセンターなどでは直径がいろいろ違うものが売っているので家の鍋に合わせられるんです。
おすすめです♪


その他のごはんのレシピもよかったら見てくださいね。

栗おこわ




具は栗だけ。
シンプルなので栗のおいしさを感じることができます。
生のさつまいもで作っても。


舞茸とあさりの炊き込みごはん




あさりの佃煮を使った簡単な炊き込みごはんです。
味付けも白だしで楽ちん。
舞茸からも旨味がでるのでおかずいらずのおいしさです。


峠の釜めし風炊き込みごはん




関東の人ならだれでも知っている?横川の峠の釜めし。
買った人ならだれでも家にある?あの容器。
我が家にももちろんストック済み。
ひとり分のごはんが炊けるので(なんせ我が家には炊飯器がない)便利です。
たまに食べたくなるんだよな~、ということで作ってみました。
本家より少し甘みが控えめで、オイル分も少なめなのでさっぱり目です。






今日はボウリングの大会でした。
準優勝♪
って、女性は3人しかいなかったから(笑)真ん中です。
ですが210位を出して女性のハイゲーム賞をもらったり、準優勝の商品でどん兵衛ひとケースもらったり。
なかなか良かったです。

明日もボウリングの大会で、あさっては義母とランチ&お買い物の予定です。
義母が抗がん剤を打ったので体調が悪くなってしまったら23日に変更ですが。
クリスマスプレゼントの服と食材を買ってもらいます。うれしいな~。
しかも日曜日は主人が会社の忘年会。イエ~イ!
いえ、別に主人が邪魔だとかそういうわけではないんです。
ですがいつも仲良しでもやっぱりたまのひとりっていいな、って思うんです。
主人が好きじゃない豚足とか食べられるし。
2次会くらいまでは参加してきてほしいな(笑)





よかったら「ナイスフォト」&「おいしそう」もお願いします。
いつもありがとうございます!











関連記事
スポンサーサイト

コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top