2015
11.24

超簡単バルおつまみ「タコのガリシア風」3分で飲めるクイックレシピ。

Category: 魚介類の料理


今回はレシピ?というくらい簡単なタコを使ったお料理です。
スペインバルのタパス(小皿料理)の「ガリシア風」。
たっぷりのパプリカがポイント。タコの風味と甘い香りがとっても良く合います。
シンプルなお料理なので塩、オリーブオイルはぜひいいものを使ってくださいね。

ご訪問ありがとうございます。
比較的値段が安定していてお得なタコも、バル風にすれば立派なおもてなし料理に。
今回はロゼのボージョレ・ヌーヴォーと合わせました。
テーブルがピンクと赤のファンタジーカラーに(笑)

味は…忘れた(笑)その後のすき焼きに合わせた赤がガッツリ系で(笑)
また今日飲んで勉強します。

ヌーヴォーもおいしいワインショップ115北田屋本店
ブログも面白いです。マリアージュの勉強させてもらってます。

レシピブログに登録しています。
 
 

↑クリックしていただけると励みになります↑
(よかったら「ナイスフォト」&「おいしそう」もお願いします)
いつもありがとうございます!











☆タコのガリシア風

・1人分約100kcal

【材量 2人分】
◆茹でダコ・・・160~180g
◆塩・・・小さじ1/3くらい
◆GABANパプリカ・・・適量
◆エキストラバージンオリーブオイル・・・大さじ1くらい
◆パセリ(あれば)・・・少々

【作り方
①タコは一口大に切り、沸騰させて火を止めたお湯の中に30秒ほどつけて温める。
*長く置くとタコが縮んでしまうので注意。

②ざるにあげてよく水けを切り、盛り付けて全体に塩を振る(和えてもOK)。

③パプリカをたっぷり振りかけてその上からオリーブオイルを全体にかける。
 あればパセリを振る。

超簡単♪茹でたジャガイモを加えてもおいしいです。
というか、つい最近までガリシア風ってジャガイモが入っているものだと思ってました。

パプリカを振っているとき、「間違えてカイエンペッパーだったら大変なことになるな(笑)」
と思い、ボトルを2度見してしまいました(笑)










そのほかのタコを使ったレシピもよかったら見てくださいね。





魚介類ですが、赤ワインに合う料理です。
タコは加熱すると縮むので、少し量を多めに。




昨日はタコにロゼワインを合わせて、赤ワインにはすき焼きにしました。

お肉はもちろん義母の差し入れ。
我が家ではすき焼きは義母からお肉(しかもいいの)をいただいた時しかすき焼きはしません(笑)



春菊と長ネギは義父の畑のもの。
黒いのは生麩です。
白菜もなくなったら義父の畑のが採れるので楽しみです。
久しぶりのすき焼き、ぜいたくな気分でおいしかった~♪




おいしくダイエット









↑クリックしていただけると励みになります↑


関連記事
スポンサーサイト

トラックバックURL
http://superslowiegohan.blog.fc2.com/tb.php/10-3bbf1f82
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top