2015
01.31

鹿の低温ロースト。ローストビーフやポークに応用OK

Category:
こんばんは。冬はジビエがおいしいと言うことで、昨年末に購入しておいた冷凍&真空パックの鹿肉で柔らかい低温ローストを作りました。
ローストビーフやローストポークもこの作りかただととても柔らかくジューシーに仕上がりますし、大きめのかたまりを使わなくても加熱しすぎなどの失敗がありませんので、とてもお勧めです。
温度計があればできますが、私はこのために卓上のIH調理器を購入しました。
鍋料理などにも使えますし、必要最低限の機能だけついていればいいので高いものではなかったですしね。



☆鹿の低温ロースト、バルサミコとお醤油のソース
 【材料 2人分】
◆鹿肉(ロースなど)かたまり・・・200~300g
◆塩・・・少々
◆オリーブオイル・・・少々
◇にんにくのスライス(お好みで、なくてもOK)・・・ひとかけ分
◇醤油・・・大さじ1~1と1/2
◇バルサミコ酢・・・大さじ1~1と1/2
◆GABANあらびきブラックペッパー・・・少々
 【作りかた】
①鹿肉は調理する30分以上前に冷蔵庫から出して室温に戻します。
②鹿肉の全面に軽く塩を振ります。
③フライパンにオリーブオイルを熱し、鹿肉の表面に焼き色を付けます。
④ファスナー付きのポリ袋に◇印の調味料、③を入れてなるべく空気を抜きながら口を閉じます。
⑤70~75℃のお湯に入れ、温度をキープしながら20~30分加熱します。
⑥そのままお湯が人肌程度に冷めるまで置いておきます。
⑦お肉の漬け汁をひと煮立ちさせ、ソースにしてかけブラックペッパーを振ります。



生じゃないけど、硬くない、お店のような仕上がりに簡単にできます。

ガスコンロで加熱する場合は温度計をこまめにチェックして、火を消したり付けたりします。ちょっと面倒ですけどね。

お肉の火の通り具合が分かりにくい場合はまず表面だけ焼いた後のお肉を菜箸や指で押してみて、柔らかさを覚えておきます。
加熱後は生の時よりも弾力が出てます。
硬くなっていれば加熱しすぎ、ウェルダンです。
温度をキープできていれば加熱しすぎという事態にはならないので、ぷよんぷよん(わかりにく表現ですみません)していなければまぁ大丈夫です。
切ってみて生っぽいな、と思ったら薄めにスライスして盛りつけ、熱々のソースをかけるという荒業もおすすめです。


ジビエが大好きです。
昨年ottoでいただいた山鳩が今まで食べたジビエの中で一番おいしかったと思いますが、それ以外にも色々食べてます。
以前旅行でキジを食べたとき、主人が衝撃の一言を言ったことがあります。

ちなみに昨日はぼたん鍋にしました。



イノシシのお鍋ですね。味噌味です。
お肉を切っているときはジビエっぽいクセのある香りがしましたが、煮たらまったく臭みがないお肉です。
イノシシは「焼いて味噌付けて食う」のが定番だと主人が言っていた(義父が昔趣味で鉄砲やってました)ので、残りの半分は義母にレシピを聞いてぜひその食べ方をしたいと思います。

何度も言いますが、ジビエっておいしいです♪


冬のお取り寄せ




 レシピブログに登録しています。
 

 
 


↑クリックしていただけると励みになります↑
(よかったら「ナイスフォト」&「おいしそう」もお願いします)




スポンサーサイト

Comment:0  Trackback:0
2015
01.30

塩とハーブでいただく、大人のガトーショコラ

Category: お菓子
こんばんは。レシピモニターで頂いたチョコを使ったスイーツをやっと作りました。
ガトーショコラは定番ですが、岩塩とハーブでいただく、ワインに合わせた物を作りました。
毎年、いつもお世話になっているワインショップで購入するものがおいしくて、自分でもお塩に合うスイーツを作ってみたくて。



なんだか2層になってますが、これでいいんだろうか…
外は軽い食感で、中は濃厚です。
主人にはそれなりに褒めてもらえました。
添えたハーブはチャービル(セルフィーユ)ですが、お好きなドライハーブでも。

 
☆塩とハーブでいただく大人のガトーショコラ
【材料 20cm長さのパウンド型1個分】

◆キャドバリーデイリーミルクチョコレート・・・100g
◆無塩バター・・・70g
◆生クリーム・・・40cc
◆ブランデーなどの洋酒(写真はマディラ酒)・・・大さじ1(無くてもOK)
◆卵(卵黄と卵白に分ける)・・・2個
◆砂糖・・・30g(15gずつに分けておく)
◆薄力粉・・・40g
■岩塩・・・お好みの量
■ハーブ・・・お好みの量
 【作りかた】
下準備:湯煎用のお湯を沸かし、型にバターを塗って薄力粉を振っておきます。
薄力粉はふるっておきます。オーブンを160℃に予熱します。 
①チョコを刻みます。バターも小さく切ってチョコと一緒にボウルに入れ、湯煎にかけて溶かします。
②チョコが溶けたら生クリームと洋酒を加えて混ぜます。
③卵黄に砂糖15gを加えて白っぽくなるまで泡立てます。
④もったりしたらチョコのボウルに加えます。
⑤卵白に砂糖を2~3回に分けて加えながら角が立つまで泡立てます。
⑥チョコのボウルに卵白の半分を加えてよく混ぜ、薄力粉、残りの卵白の順に加えてダマがないようにゴムべらでよく混ぜます。
⑦予熱したオーブンで50分ほど焼きます。
⑧粗熱が取れたら型から外します。
*いただくときに岩塩かロックソルトをふりかけ、お好みのハーブを添えます。




ほんのり温かい状態だとバター感が強く、ホームメイドケーキといった感じで、冷えるとチョコ感の強い、しっとり濃厚なワインに合うスイーツになっていました。
砂糖をかなり減らしましたがちゃんと膨らみましたし、甘さもしっかりあって、次回はさらに減らして作ってみようかな、と思います。



焼き上がった直後はこんな感じ。
見ていて不安になるほど膨らみました^^

ハーブはワインショップで購入したものにはラベンダーが入っていて、とても合ってましたし、ローズもあったなぁ。
今回のチャービルも甘い香りなのでとてもおいしかったですし、ディルなんかもいいのかなぁ。
また残りで他にも試してみたいです。




冬のお取り寄せ




 レシピブログに登録しています。
 

 
 


↑クリックしていただけると励みになります↑
(よかったら「ナイスフォト」&「おいしそう」もお願いします)




Comment:0  Trackback:0
2015
01.29

生イカと明太子のパスタ*余りものでおいしくランチ

こんばんは。まだまだ、というか今日は特別寒いですが、この時期だけに手に入る「生めかぶ」がとてもおいしいですね。
生のものは3月くらいまでしか手に入らないのでお買い物の時に見かけると必ず購入します。
幸い主人も好きみたいで、三日と空けず出しても文句を言われないですし。
めかぶといえばイカと合わせるのが大好きで、今はヤリイカが旬なのかおいしいものが安く手に入るのでよくイカめかぶにします。
ですがさすがに全部イカめかぶにすると飽きてしまうので、先日は半生に仕上げたイカと明太子で和風パスタのランチにしました。



☆生イカと明太子のパスタ
 【材料 1人分】
◆スパゲッティ・・・100g
◆明太子・・・ひと腹
◆イカ(刺身用)・・・50~80g
◆バター・・・10g
◆白だし・・・小さじ1~2
◆GABANレッドペパーまたは一味唐辛子(お好みで)・・・少々
◆水・・・小さじ1
◆青じその千切り・・・適量
◆岩のり(または刻みのり)・・・適量
 【作りかた】
①鍋に多め塩を入れたたっぷりのお湯を沸かしてパスタを茹でます。
②耐熱性のあるボウルなどの外側をきれいに洗っておき、皮を取った明太子、イカ、バターの半量、白だし、水、レッドペパーを入れてパスタの鍋でバターが溶け、イカが半生になるまで湯煎にかけます。
③パスタが茹で上がったらざるにあげてよく水けをきり、お皿にあけてバターの残りの半量をからめます。
④岩のり、②、青じそを乗せて出来上がり。

湯煎にかけるのがちょっと面倒&やけどに注意ですが、明太子とイカが半生になって、いつものちょっと違っておいしいですよ♪


今日は午後からネイルを変えました。
前のは一度お直ししたら1か月以上持ったので、久しぶりの新しいネイルに。



前回も雪の結晶でしたが、この転写シールを使ってしまいたかったので、雪の結晶以外はシンプルに。
というか左手はいつも結構適当です。
どうしても右手の方が人目につきますし。
色も柔らかめ、短くしました。
次は多分春デザインになりますね。


冬のお取り寄せ




 レシピブログに登録しています。
 

 
 


↑クリックしていただけると励みになります↑
(よかったら「ナイスフォト」&「おいしそう」もお願いします)




Comment:0  Trackback:0
2015
01.28

男子メシならぬおつまみ、カメノテの塩ゆで

Category: 魚介類の料理
こんばんは。今日は料理というより珍しいものを紹介します。
最近話題の「おにぎらず」の生みの親「クッキングパパ」でも紹介されていた「カメノテ」という海の幸です。



ちょっとびっくりされるかたもいると思います。
ですが、本当においしいんです。
カメノテはフジツボの仲間で磯に生息しているそうです。
クッキングパパではマイナスドライバー片手に収穫しています。
貝のように見えますが、甲殻類なんだそうで。
我が家は和歌山に旅行に行ったときに初めていただきました。
今日は北海道物産展に行ったデパ地下で見つけました。



手の甲のような部分の皮をむくと、柔らかくて貝のように磯の香りのする部分が出てきます。
柔らかいですが歯ごたえがあってお酒のおつまみに最高♪
見た目で苦手と思う方も多いかと思いますが、一度食べるとやみつきになる味だと思います。
作りかたはよく洗ったカメノテを鍋に入れ、多めの水と小さじ1くらいの塩を入れて火にかけ、沸騰してから5分ほど茹でるだけ。
簡単なのにおいしくてたまらないおつまみです。


冬のお取り寄せ




 レシピブログに登録しています。
 

 
 


↑クリックしていただけると励みになります↑
(よかったら「ナイスフォト」&「おいしそう」もお願いします)




Comment:0  Trackback:0
2015
01.27

定番ですが、牡蛎のアヒージョを作りました。

Category: 魚介類の料理
こんばんは。先日おいしそうな牡蛎を購入したので、たまには土手鍋でも、と思ったら、主人の仕事が忙しくて帰宅が遅いため、お鍋はちょっと、になってしまったので、定番ですが久しぶりにアヒージョを作りました。
たくさんあった舞茸も加えて、旨味をプラス。




久しぶりにバゲットも焼きました。
今までうまく行ったためしがないバゲット、今回初めてそれなりのものが出来ました。
ですがまだ外側のパリッと感が足りなくて、これからも修行です。



☆牡蛎と舞茸のアヒージョ
 【材料 2人分】
◆牡蛎(加熱用)・・・ひとパック(10個くらい)
◆舞茸・・・ひとつかみ(1/2パックくらい)
◆オリーブオイル・・・100cc
◆にんにく(スライス)・・・ひとかけ
◆鷹の爪・・・1~2本
◆塩・・・小さじ1/2くらい
◆GABANあらびきブラックペッパー・・・少々
 【作りかた】
①牡蛎は塩水(分量外、出切れば片栗粉も加えます)と流水で洗って水気をよく拭いておきます。
②舞茸は石づきを取り食べやすい大きさにほぐします。
③フライパンにオリーブオイル、にんにく、鷹の爪を入れて弱火にかけます。
④にんにくの香りが出てきたら舞茸、牡蛎を加えて加熱します。
⑤牡蛎がふっくらふくらんで、舞茸がしんなりしてきたらブラックペッパーを振って出来上がり。
*あればローリエや他のドライハーブをにんにくなどを加熱するときに一緒に入れます。





炒めたベーコンとフライドオニオン(市販品)のおかずパンも作りました。
包むのが上手くできなくて具が全部上に寄ってしまうと言う^^;
あめ色に炒めたたまねぎとベーコンを包んだものを以前本で見て、おいしそうだな~、と思ってたんですが、サラダのトッピングに購入していたフライドオニオンが古くなっていたので今回使いきるつもりで作りました。

パンづくりはむずかしいな~。
というか、今回新しいドライイーストが3gの個包装で、少し余っていた前のものも入れてしまった(イーストが指示より多くなってしまった)ら、1次発酵の終わったHBを開けてびっくり。
見たことがないくらい膨らんでました(汗)
主人に「お菓子とかパンは分量守らないと失敗するよ(主人の方が粉ものに詳しい)」と言われましたが、結果的にできたものは成功だったのでまぁよしとしよう^^
そんな風にざっくりと料理しております。


冬のお取り寄せ




 レシピブログに登録しています。
 

 
 


↑クリックしていただけると励みになります↑
(よかったら「ナイスフォト」&「おいしそう」もお願いします)




Comment:0  Trackback:0
2015
01.25

ラーメン?な具材のおにぎらず

Category: お弁当
こんばんは。最近話題のおにぎらずですが、「クッキングパパ」で紹介されてたのはかなり昔の事なんですよね。
我が家はリアルタイムで読んでいたわけではないので古本屋さんやネットで全巻そろえてあります。
もちろんおにぎらずも主人からリクエストされて作ったことがあるんですが、本当に「おにぎりの具」でしか作ったことがなく、今のお洒落でおいしそうなおにぎらずを見ていたらまた作ってみたくなりました。



前日作った「超ジューシー 低温焼きのチャーシュー」と味付け卵を使ったおにぎらずです。



☆ラーメン?な具材のおにぎらず
 【材料 1人分】
◆ごはん・・・1膳分
◆塩・・・少々
◆チャーシュー・・・3~5枚
◆味付け卵・・・1個
◆レタス・・・2枚くらい
◆海苔・・・全形2枚
 【作りかた】
①レタスを洗って水気を切り、作りたいおにぎらずの大きさに折りたたんだものを2つ作ります。
②味付け卵を縦半分に切ります。
③海苔の上にごはんの1/4の量をおにぎらずの大きさに広げ、軽く塩を振ってレタス、チャーシュー、さらにごはんの1/4の量を乗せ、平らにして四方から海苔で包み、四角く整えます。
④残りのごはんで味付け卵のおにぎらずを作ります。

チャーシューの方はカットした後すきまがあったので彩りにかいわれ大根を詰めてみました。
握らなくていいですし、包んであるから普通のおにぎりより具材を多めに入れても崩れないしでいいですね。
しかも我が家には頂きものの海苔がいっぱいありますし^^
今度はどんなおにぎらずにしようかな~。



みんなの“おにぎらず”を大募集|料理のレシピブログ


冬のお取り寄せ





 レシピブログに登録しています。
 

 
 


↑クリックしていただけると励みになります↑
(よかったら「ナイスフォト」&「おいしそう」もお願いします)




Comment:0  Trackback:0
2015
01.24

超ジューシー♪低温焼きのチャーシュー

Category:
こんばんは。今日は毎月出ているボウリングの大会で優勝しました。
人数の少ない大会ですがビールの6缶パックをいただけたので嬉しかったです♪
先日お肉のおいしいスーパーで義母が豚肉のかたまりを買って差し入れてくれました。
タコ糸を巻いてある、チャーシュー用になっているものだったので、じゃ、たまには素直に、とチャーシューを作りました。
お肉は低温でじっくり焼くと柔らかく仕上がるので、チャーシューでも行けるかな?とちょっとチャレンジしたレシピです。



☆超ジューシー低温焼きのチャーシュー
 【材料 作りやすい分量】
◆豚かたまり肉(ロースかモモ)・・・400gくらい
◇醤油・・・大さじ2くらい
◇酒・・・大さじ2くらい
◇塩・・・小さじ1/2(薄味)~1(濃いめ)
◇砂糖・・・小さじ1~2
◇GABAN五香粉パウダーまたは八角・・・少々
 【作りかた】
①豚かたまり肉はタコ糸をしていない場合は余計な脂をそぎ取り、タコ糸で形を整えながら巻きます。
②ファスナー付きのポリ袋などに豚肉、◇印の調味料をすべて入れ、よく揉み込んでひと晩~1日冷蔵庫で置きます。
③焼く1時間前くらいに冷蔵庫から出し、室温に戻します。
④120℃に予熱したオーブンに入れ、1時間焼きます。
⑤取り出して菜箸でつついてみて弾力があったら火が通っているのでアルミホイルに包んで冷めるまで置いておきます。(ぷよぷよと柔らかすぎる場合は生なので焼き時間を延長します。心配だったら菜箸を刺して真っ赤な汁が出てこなければOK)




味はチャーシューですが食感はローストポークみたいな感じです。
個人的にラーメンは大好きなのにチャーシューが苦手なので、このジューシーな感じはお気に入りです。
明日は主人のお弁当をチャーシュー丼にするつもりです。
ちなみに味付け卵はチャーシューの漬け汁を一度煮立たせて冷ましてから醤油など加えて漬け込んだ、エコつけだれの味付け卵です。


今朝、佐川急便さんがレシピブログで当選したモニター商品を届けてくれました。
いつも出かける準備をしている時間に来るので、2階から応対するのですが、今日は朝ごはんの準備をしていたので玄関から出たらびっくりされました^^



キャドバリーというメーカーのチョコレートです。
私はスイーツに疎いので知らなかったんですが、有名なメーカーなのかな。
応募するまでは普通の板チョコが来るのかと思っていましたが、1枚がとてもずっしりと重量感のある商品で、じっくり色々なものが作れそうです。
何を作ろうかな~♪



冬のお取り寄せ




 レシピブログに登録しています。
 

 
 


↑クリックしていただけると励みになります↑
(よかったら「ナイスフォト」&「おいしそう」もお願いします)




Comment:0  Trackback:0
2015
01.23

簡単小料理風、かぶのあんかけ

Category: 野菜の料理
こんばんは。最近ダイエッター?というようなヘルシー料理が大好きです。
もちろん白いご飯もラーメンも食べますけどね。
ですが以前のようにラーメンと一緒にごはん、とかはしなくなりましたね~。

ということで今日はお肉なしのヘルシーな一品です。



☆小料理屋さん風かぶのあんかけ
 【材料 2人分】
◆かぶ・・・4個
◆しめじ・・・1/2パックくらい
◆ぎんなん・・・15~20個
◆白だし・・・適量
◆水・・・適量
◆水溶き片栗粉・・・大さじ2くらい
 【作りかた】
①かぶは葉を切り落とし、皮はむいてもむかなくてもOKなので、むかない場合は葉の付け根と根の付け根を落とし、葉は塩ゆでにして食べやすい大きさに切ります。
②ぎんなんは殻を割って沸騰したお湯で茹でつつ、お玉などでぎんなんを転がすようにしながら薄皮を取ります。面倒であれば水煮でもOKです。
③しめじは石づきを落とし、食べやすい大きさにほぐします。
④小さめの鍋にかぶとしめじを入れ、かぶるくらいの水と味を見て少し濃いかな?と思うくらいの白だしを加えて火にかけます。
⑤沸騰したら弱めの火に落としてかぶが柔らかくなるまで煮ます。
⑥ぎんなんと水溶き片栗粉を加えてとろみが付いたら出来上がり。茹でたかぶの葉を添えます。



ちょっととろみを強くつけすぎちゃったかな。
ですが個人的にはこういう方が好きです。



そういえば、レシピブログさんでチョコのモニターに当選しました。
我が家は以前は甘いものが苦手だったので、当然主人にバレンタインのチョコなど作ったことがなく、久しぶりすぎるチョコなどのお菓子作りにチャレンジです。
チョコはお料理にも使えますしね。
届くのが楽しみです♪


冬のお取り寄せ





 レシピブログに登録しています。
 

 
 


↑クリックしていただけると励みになります↑
(よかったら「ナイスフォト」&「おいしそう」もお願いします)





Comment:0  Trackback:0
2015
01.22

簡単ヘルシー♪白菜あんかけごはん

Category: 野菜の料理
こんばんは。今日はこの時期安くておいしい白菜で、ボリュームがありつつヘルシーで簡単なご飯ものを作りました。
あんかけチャーハンが食べたいな、と思いましたが、ちょっとカロリーが高いし。
八宝菜を作るには具材を揃えるのが面倒だし。
ということで、白菜と鶏ひき肉がメインで出来る簡単レシピです。



☆白菜あんかけごはん
 【材料 1人分】
◆ごはん・・・一膳
◆白菜・・・1~2枚(大きさによる、カットしてふたつかみになるくらい)
◆鶏ひき肉・・・50~80g(お好みで)
◆しょうが・・・少々
◆長ねぎ・・・5センチくらい
◇水・・・150ccくらい
◇顆粒鶏がらスープの素・・・小さじ1
◇酒・・・大さじ1
◇片栗粉・・・大さじ1くらい
◆オイスターソース・・・小さじ1~2
◆醤油または塩(お好みで)・・・少々
◆ごま油・・・小さじ1くらい
 【作りかた】
①白菜は軸も葉もひと口大に切り、ねぎとしょうがはみじん切りにします。
②テフロン加工のフライパンに油をひかずに鶏ひき肉を入れて火を点け、弱火でパラパラになるまで炒めます。
③しょうがを加え、香りが立ったら白菜を入れて軽く炒めます。
④◇印の調味料をすべて混ぜて加え、白菜がお好みのやわらかさになるまで煮ます。
⑤オイスターソース、醤油または塩で味を調え、仕上げにねぎとごま油を加えます。
*片栗粉を最初の段階で加えてしまうので焦げ付かないように時々混ぜる必要がありますが最後に加えるより楽です。



お酒を加えるのと仕上げのごま油でヘルシーだけど物足りない感がない仕上がりに。
とろみが強いほうが満腹感が出ますね。
白菜の煮加減は私は少し食感が残るくらいが好みですが、じっくり煮込んで(その場合片栗粉はあとで)トロトロにしたのもご飯と合いそうですね。

最近寒いのでお鍋がとてもおいしいですが、それ以外の白菜のお料理もいいですね。



冬のお取り寄せ




 レシピブログに登録しています。
 

 
 


↑クリックしていただけると励みになります↑
(よかったら「ナイスフォト」&「おいしそう」もお願いします)




Comment:0  Trackback:0
2015
01.20

パリパリチキンソテーのねぎバルサミコだれ。簡単男子メシ!

Category: お肉の料理
こんばんは。昨日は高尾山で遊んできたのでブログはお休みしました。
今日はとっても簡単でおいしくてたっぷりねぎが食べられる、元気になれる男子メシです。
私は酸味にまろやかでコクのあるバルサミコ酢を使いましたが、もちろん普通のお酢やリンゴ酢などのフルーツのお酢でもOKです。
普通のお酢を使う場合は酸味が強いので少し控えめにします。



☆パリパリチキンソテーのねぎバルサミコだれ
 【材料 2人分】
◆鶏もも肉・・・2枚(300gくらい)
◆塩、GABANブラックペッパー・・・少々
◆サラダ油・・・小さじ1くらい
◆長ねぎ・・・1/2本くらい
◇醤油・・・大さじ2
◇バルサミコ酢・・・大さじ1
◇はちみつ・・・小さじ1
◇オリーブオイル・・・小さじ1
 【作りかた】
①鶏もも肉は厚みが均等になるように包丁を入れ、塩、胡椒を控えめに振ります。
②フライパンにサラダ油を熱して、鶏肉をお肉の方(皮目ではない方)から焼きます。
③中火で2分ほど焼いて焼き色が付いたらひっくり返して皮目を焼きます。フライパンに入るサイズのなるべく深い鍋にたっぷりの水を入れて鶏肉の上に乗せ、重石にしながら焼きます。
④時々キッチンペーパーで脂を拭き取りながら5分ほど、時々鍋を外して焦げていないか確かめながら皮がパリパリになったら取り出します。
⑤チキンを焼いている間にねぎだれを作ります。ねぎは縦4等分に包丁を入れてから粗めのみじん切りにします。
⑥◇印の調味料をすべてねぎに加えて混ぜ、少ししんなりするまで5分ほど置き、焼けたチキンにかけて出来上がり。

先日TVでレンジ加熱した鶏肉にねぎにお醤油などを加えたソースをかけたお料理を見て、おいしそうだな~、ちょうどおうちにたくさんねぎがあるしな~、と思って私はパリパリのソテーにしてみました。



鶏肉は皮目と反対から焼いて、皮目は重石をして焼くことで粉などを付けなくてもパリパリに仕上がります。
余計な脂も拭き取ってしまうので、普通のソテーよりヘルシーです。
ねぎだれにはしょうがやにんにくの刻んだものを加えたりすればより元気メニューになりそうですね。



高尾山には毎年年の初めに行っています。
今年は私が風邪をひいたので昨日になってしまい、いつもより1週間くらい遅かったのでとても空いてました。

高尾山といえばとろろそばが有名なんですが、私は山芋アレルギーのため、昨年はもう一つの隠れた名物のきくらげの乗ったお蕎麦をいただきました。
今年は毎年行くお店が一緒なので、たまには変えてみようか、と、超有名アイドルグループが訪れたことがあると言う、いつも混んでいたお店にしてみました。



山菜そばです。それなりにおいしかったです。
が、やっぱりいつも行くところは手打ちですし、きのこや山菜も季節によるかもしれませんがこだわっている感じがありますし、比べちゃいけないけど、いつものところの方がおいしいな~、と思いました。
我が家が毎年行っているところは自然薯のとろろのお蕎麦と「天狗の耳たぶそば」がおすすめの「栄茶屋」さんです。
ちなみに、我が家は3回ほど連続でおっちゃんの店員さん(オーナー?)にお会計を間違えられてます^^;
そういうのがあってもおいしいお店なので通います^^
お運びさんのおばさんたちもすごくフレンドリーで感じがいいですよ。

で、「歩いて登ろう!(薬王院までは下から普通の格好でも登れます)」という主人の意見を「一人で登れば?」と却下し、これも毎年恒例のリフトに乗りました。
高尾山は歩き、リフト、ケーブルカーの3通りの登りかたができます。
リフトやケーブルカーだと薬王院まで800メートルくらいだと主人が言ってましたので、そのくらいなら私も坂道を登れます。



下りは超絶景♪これが楽しくてケーブルカーよりリフトがいいんだな。
何とかと煙は昇りたがる、とはよく言いますが^^
高所恐怖症の方からしたら、狂気の沙汰でしょうね~。
東京タワーのガラスのところにしかり、こういうの大好きです。

毎週毎週夫婦でよく出かけるよなぁ、と自分でも思います。



冬のお取り寄せ




 レシピブログに登録しています。
 

 
 


↑クリックしていただけると励みになります↑
(よかったら「ナイスフォト」&「おいしそう」もお願いします)




Comment:0  Trackback:0
back-to-top