2018
02.27

すき焼き後のお楽しみ、割り下の卵とじ。見た目は・・・だけどとっても美味しいシメ。




今回も前回に引き続き卵とじです。
先日すき焼きをしました。
自家製のかえしを使ったとっておき?
のすき焼きです。

かえしは作り方は簡単。
ですが熟成の時間が必要ななので。
ない場合は醤油、みりん、砂糖を
煮立たせたもので代用します。


自家製かえしのレシピはこちら







このかえしとだしで割り下を作りました。
そこにお肉や野菜の旨みが出てさらにおいしく。
捨てちゃうのはもったいないな、と思って。
卵とじにしました。

見た目は地味というか綺麗でないですが。
旨みを卵が包んでさらにおいしく。
我が家はそのままいただきましたが。
ご飯にかけるのもお勧め。
美味しいシメになりますよ。




ご訪問ありがとうございます。
レシピブログに登録しています。



クリックしていただけると励みになりますので、よろしくお願いします。




 
Instagram Instagramもやってます。
   @akkey_smoky
こちらもよかったら見てくださいね。







●割り下の卵とじ


【材料 2人分】

・すき焼きの残りの割り下・・・適量
・卵・・・1~2個
・三つ葉・・・適量


【作りかた】

1、
割り下は多ければ少し煮詰める。
卵は軽く溶きほぐす。
三つ葉はざく切りにする。

2、
割り下がフツフツしている状態で
卵を流し入れる。
あればフタをして30秒くらい蒸らす。
三つ葉を散らして完成。


これはレシピと言っていいのか(笑)
ですが作ってみて思ったより美味しくて。


卵でとじる前にななめ切りのネギや、
玉ねぎなどを加えて煮ても。
もちろんすき焼きの具を残しておいても。
とにかく割り下が美味しいです。





その他の卵とじのレシピも
よかったら見てくださいね。



かんぴょうの卵とじ






かんぴょうおだしで薄味に煮て。
卵とよく合う優しい味です。
かんぴょうは柔らかく煮ても食感を残しても。
お好みに合わせてどうぞ。



蕎麦の実の卵とじ





こちらもとってもシンプルで優しい味。
蕎麦の実の香りがとってもいいです。
だしを多めにしておつゆとしていただいても。






よかったら「おいしそう」もお願いします。
いつもありがとうございます!










昨日は味噌ラーメンを食べました。
知り合いのお勧めのお店で。






ラーメンはネギがたっぷりなのが好きです。
味噌ラーメンは大人になるまで苦手でした。
ですがいつの頃からか食べられるように。

味噌は地方によって味が違うので。
それを食べ比べるのも楽しいですね。
昨日は九州のお味噌のラーメンでした。
九州の麦味噌、好きで。
我が家でも麦麹を多めにした甘い麦味噌を
作ったりもしました。

最近色々な地方のお味噌を使って
何時類かメニューがあるラーメン屋さん
流行ってるのかな?
近所にも何軒かあります。

ご馳走さまでした。




ではまた明日。















スポンサーサイト

Comment:0
2017
12.25

【ヤマキだし部】姫路風おでん。おだしが活きるあっさりおでんをしょうが醤油で。

DSC_0370_20171224193938278.jpg


今回はヤマキだし部12月のテーマ
「冬に食べたいあったか鍋&しゃぶしゃぶレシピ」です。

寒い時に温まるおでんを作りました。
おととし姫路に行ったときに食べた姫路おでん。
薄味のおでんをしょうが醤油でいただくんです。
おでんと言えば関西の方が言う「カント炊き(関東炊き)」
という甘辛い味付けのものしか知らなかったので。

薄味でだしを生かした味付けももちろんおいしいのですが。
それをしょうが醤油で食べるという。
あっさりなのか味が濃いのかわからない(笑)
ですがクセになるおいしさなんですよね。

もともと甘い味付けが好きではないので。
おでんと言えばそれ以来薄味で作っています。


薄味なだけにおだしがとても大切なので。
こだわって削り節や昆布で取っていましたが。
ヤマキさんで頂いただしパックでもとてもおいしく仕上がります。
とてもおいしいおだしが取れるんですよ。


今回使ったおだしはこちら。


item-katsuo-main.jpg


ヤマキ基本のだし
<かつおと昆布の合わせだし>です。

繊細な味付けのお料理にぴったり。
おでんは牛スジや練り物からも旨みが出ます。
負けず邪魔せずでぴったりなおだしです。


購入はこちら↓

ヤマキ公式通販サイト 新にほんの食卓




ご訪問ありがとうございます。
レシピブログに登録しています。



クリックしていただけると励みになりますので、よろしくお願いします。




ヤマキだし部 冬に食べたいあったか鍋&しゃぶしゃぶレシピ
ヤマキだし部 冬に食べたいあったか鍋&しゃぶしゃぶレシピ





ヤマキだし部
ヤマキだし部





 
Instagram Instagramもやってます。
   @akkey_smoky
こちらもよかったら見てくださいね。




DSC_0371.jpg


●姫路風おでん


【材料 2人分】

・大根・・・10cmくらい
・結び白滝・・・4個
・卵・・・2個
・牛スジ(下茹で済みのもの)・・・適量
・ごぼう巻きやちくわなど2~3種・・・適量
・昆布(だしを取った後のものでOK)・・・適量
・水・・・600cc
・ヤマキ基本のだし<かつおと昆布の合わせだし>・・・2P
・塩・・・少々
・酒・・・大さじ1~
・みりん・・・少々
・うすくち醤油・・・少々


【作りかた】

1、
大根は皮をむいて4等分に切る。
面取りをして隠し包丁を入れる。
水から茹でて箸が通るくらいになったらOK。
白滝を入れてさっとゆでてざるにあげる。

2、
卵はゆで卵にする。
牛スジは食べやすい大きさに切って串に刺す。
(大根の切れ端を先に刺すと取れにくくなります)
昆布は細く切って結ぶ。

3、
鍋に水とだしパックを入れて火にかける。
沸騰したら弱火にして3分煮だす。
だしパックを取り出し調味料で味付けする。
(しょうが醤油で食べるので下味程度の薄味に)



その他を使ったレシピもよかったら見てくださいね。





よかったら「おいしそう」もお願いします。
いつもありがとうございます!














ではまた明日。
















Comment:0
2017
12.15

めかぶ、納豆、イカ、塩ウニでおつまみ盛り合わせ。ありもので簡単すぐ飲み。

DSC_0394_20171214222406115.jpg


今回はあるものを組み合わせた簡単おつまみです。
簡単なのにこれだけでお酒が進む♪
おうち居酒屋さんな趣を味わえます。

ちょこっとつまめるものが何品か。
酒飲みさんはそういうのが嬉しいですよね。
ですがちょこっとずつ材料をそろえるのも大変。
というわけで4種類の材料で3品作りました。




ご訪問ありがとうございます。
レシピブログに登録しています。



クリックしていただけると励みになりますので、よろしくお願いします。




 
Instagram Instagramもやってます。
   @akkey_smoky
こちらもよかったら見てくださいね。





DSC_0392_20171214222407f69.jpg


●イカめかぶ、うにイカ、めかぶ納豆


【材料 2人分】

・めかぶ(味付けしてないもの)・・・100g
・イカ刺身・・・100g
・納豆・・・ひとパック
・めんつゆ・・・適量
・納豆のたれ・・・適量
・醤油・・・適量
・ぽん酢・・・適量

・わさび、しょうが、刻みネギ


【作りかた】

1、
イカの刺身は細く切り、さらに1~2cmの長さに切る。
わさびとしょうがはすりおろし、ねぎは細かく刻む。

2、
イカの半量と塩ウニ、わさびを混ぜる。

3、
イカの残りの半量とめかぶの半量を混ぜる。 
めんつゆとぽん酢を半々加えて味付けする。
盛りつけすりおろしたしょうがを乗せる。

4、
めかぶの残りの半量と納豆を混ぜる。
醤油と納豆のたれを加えて混ぜる。盛り付けねぎを乗せる。



余ったら全部混ぜてご飯に乗せてもおいしいですよ。
ウニは生ウニではなく瓶詰めの塩ウニなどでOKです。
同じような瓶詰のウニなら粒ウニでもOKです。





よかったら「おいしそう」もお願いします。
いつもありがとうございます!














ではまた明日。
















Comment:0
2017
11.21

カニあんかけ茶わん蒸し。2層が華やかお正月にもおすすめレシピ。

DSC_0291_201711202252322f7.jpg


今回は温まるあんかけ茶わん蒸しです。
私は茶わん蒸しが大好きで。
作るのは得意ではないのですがそれでもよく作ります。

カニを乗せるとおいしいのはもちろん見た目も華やかですね。
今年はカニが高いので。
このような棒肉がない場合はカニ缶でもOKです。



ご訪問ありがとうございます。
レシピブログに登録しています。



クリックしていただけると励みになりますので、よろしくお願いします。




 
Instagram Instagramもやってます。
   @akkey_smoky
こちらもよかったら見てくださいね。





DSC_0290.jpg


●カニあんかけ茶わん蒸し


【材料 2人分】

<茶碗蒸し>
・卵・・・2個
・だし汁・・・300cc
・塩・・・少々
・うすくち醤油・・・小さじ1


具材は三つ葉、銀杏、、エビ、鶏肉など好みのもので。
カニが入るのでエビや鶏肉は入れなくても十分です。
もし入れる場合はお酒とお醤油少々で下味をつけます。

<あんかけ>
・だし汁・・・150cc
・塩・・・少々
・みりん・・・少々
・うすくち醤油・・・小さじ1くらい
・水溶き片栗粉・・・適量
・カニの脚肉・・・6本
・三つ葉・・・適量


【作りかた】

1、
だし汁を人肌より少し熱いくらいに温める。
塩と醤油を加えて塩を溶かす。
卵を溶いて加える。
ざるなどで卵液を漉す。

2、
耐熱容器に具材を入れて卵液を注ぐ。
泡立った場合は泡をスプーンですくう。
(チャッカマンに火を付け泡に当てても楽)
湯気の上がった蒸し器に入れる。
お湯がふつふつ静かに沸いているくらいの弱火に落とす。
フタをして15~20分、固まるまで蒸す。

3、
あんの材料(水溶き片栗粉以外)を鍋に入れて火にかける。
沸いたら水溶き片栗粉を加えてとろみをつける。
弱火でかき混ぜながら2~3分煮て火を止める。
細かく刻んだ三つ葉を加える。

4、
蒸しあがった茶碗蒸しにカニを乗せ、あんをかける。



あんはとろみがついてからもさらに煮るのがポイント。
すぐ火を止めてしまうとあとでしゃばしゃばに戻ってしまいます。
しっかり火を入れることでいつまでもとろーり温かく。










その他の変わった茶碗蒸しもよかったら見てくださいね。



トマトチーズ茶わん蒸し





もはや定番のチーズ茶わん蒸し。
普通の溶けるチーズでもモッツアレラチーズでも。
卵とトマトとチーズがよく合いますね。



カレー茶わん蒸し





カレーがしっかりした味なのでだしいらず。
コーンの甘みがスパイシーなカレー風味とよく合います。





よかったら「おいしそう」もお願いします。
いつもありがとうございます!







ではまた明日。
















Comment:0
2017
11.12

ガーリック香るこんにゃくのカルパッチョ風。しっかり味のこんにゃくおつまみ。

DSC_0240_201711121959591ba.jpg


今回はこんにゃくを使ったレシピです。
かなり前にブログのお友達に教えてもらいまして。
自分好みにアレンジしました。

こんにゃくのお刺身と言えば辛子酢味噌が定番ですが。
こちらの方が糖質も少なくヘルシー。
にんにくでしっかりした味付けになるのでお酒も進みます。

こんにゃくは刺身こんにゃくでもOKですが。
より風味の強い生芋こんにゃくがおすすめ。
スーパーでも手に入ります。
一度湯がく手間はありますが。
こんにゃくってこんなにおいしかったんだー、と実感できます。




ご訪問ありがとうございます。
レシピブログに登録しています。



クリックしていただけると励みになりますので、よろしくお願いします。




 
Instagram Instagramもやってます。
   @akkey_smoky
こちらもよかったら見てくださいね。





DSC_0241_20171112200000ccb.jpg


●こんにゃくのカルパッチョ風


【材料 2人分】

・生芋こんにゃく・・・100~150g
・にんにく・・・ひとかけ
・エキストラバージンオリーブオイル・・・小さじ2
・塩・・・ひとつまみ
・醤油・・・小さじ1~2
・あらびきブラックペパー・・・少々


甘めが好きであればお砂糖を少々加えても。


【作りかた】

1、
こんにゃくはひと口大の大きさにスライスする。
鍋に水とこんにゃくを入れて火にかける。
沸騰したら静かに沸いているくらいに火を落とし2~3分茹でる。
ざるにあげて冷水で冷まし、水けを切る。

2、
にんにくはみじん切りにする。
フライパンにオイルと共に入れて弱火にかける。
焦がさないようにかき混ぜながらにんにくがカリカリになるまで炒める。

3、
にんにくが軽く色づいてきたら火を止める。
(茶色くなるまで炒めると苦くなるので注意)
塩、醤油、ブラックペパーを加えて混ぜる。
塩が溶けたら盛り付けたこんにゃくの上にかける。



刺身こんにゃくで作る場合湯がきは不要です。
お酢を加えてドレッシングにしてもおいしいですよ。




[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

マルシマ 有機生芋蒟蒻(板)275g
価格:302円(税込、送料別) (2017/11/12時点)







その他のこんにゃくを使ったレシピもよかったら見てくださいね。



手作り練り物のおでん


DSC_0495.jpg


こんにゃくと言えばやっぱりおでん。
さつま揚げなどの練り物も手作りしています。
市販のすり身を買ってくれば練り物も簡単に作れます。
手作りするとおいしいですよ。



けんちん汁


DSC_1584.jpg


けんちん汁のこんにゃくは脇役ですがなくてはならない存在ですね。
ごぼうも大根も大好きな食材です。
豚汁とけんちん汁はたっぷり作って何日も食べたいですね。





よかったら「おいしそう」もお願いします。
いつもありがとうございます!










先日日光の温泉に行ってきました。
毎年日光には紅葉の季節行っています。
ですがいつも日帰りだったので。
今回は1泊することにしました。

日本秘湯を守る会のお宿です。


平家平温泉 こまゆみの里


とてもお得ですが温泉は加温加水なしの源泉かけ流し。

普通外にある提灯がロビーに。



DSC_0217_20171111200132e51.jpg


これを見ると秘湯のお宿に来たなー、と実感します。

秘湯のお宿はチェックインが早いところも多いです。
温泉をじっくり楽しんで、というおもてなしの心ですね。
我が家は3時ごろ到着。
一番乗りだったので早速お風呂へ。



IMG_3993.jpg


こちら混浴の露天風呂です。
このために湯あみ着を作成、持参。
私は気にしないのですが見るほうが不快だろうと思って(笑)
ですが誰にも会いませんでした。
何度も入ったのに誰とも会わず。
主人と貸切でした。

ホースが写ってるのは熱すぎたら勝手に加水していいそうで。
私には少し熱かったのですがもったいないのでそのまま入りました。



IMG_3998.jpg


こちらは木造りの女性専用露天風呂。
目の前が山と川で癒されます。
ここでも誰とも会わなかったので独り占め♪



IMG_4002.jpg


丸太をくりぬいたお風呂もありました。
こういうの好き。
なのでとりあえず一度入ります。



とてもお得なお宿なのであまり食事は期待してなかったのですが。
美味しかったですー、ごめんなさい(汗)



DSC_0219_20171111200138fb0.jpg


特に鯉のたたきがおいしかったなぁ。
洗いならよく食べられますが。
皮ごとまわりを炙ってあるんです。
珍しいですね。



DSC_0222_20171111200136134.jpg


川魚のいいところはじっくり焼くと頭も食べられるところ。
こちらもじっくり焼いてあって、化粧塩してあるしっぽ以外完食。
天ぷらも揚げたて熱々サックサクでした。


夕食後も温泉にじっくり浸かりました。
主人が星を見たいとなぜか少年のようなことを言い出しまして(笑)
オリオン座が見えましたよ。


朝ごはんは市販品多めの普通の和定食でしたが。
前日の夜も感じたのですがご飯が面白い味でおいしかったです。



DSC_0225_201711112001360e7.jpg


少し長めのお米です。
今はやりのふっくらもちもち甘み系のお米ではなく。
あっさりさっぱりめなお米でした。
山形のはえぬきとかササニシキに通じるような感じかな。
地元のお米なのか聞くのを忘れてしまいました。


けっこう古いお宿の趣でしたが。
とても清潔に保たれていましたし、お宿の方も親切で。
特に朝ごはんのお給仕してくれたおばあちゃんがよく話してくれて。
ご主人らしき方も馴れ馴れしくない程度の親しみのある雰囲気で。
とてもくつろげました。

秘湯のお宿は華やかさはありませんが。
温泉をひたすら楽しめる素晴らしいお宿ばかりです。
以前泊まったお宿で超秘湯の宿マニアの方と会ったことがあります。
その方のご主人らしき方と主人も男湯で話が盛り上がり。
ほぼすべて行っているが外れだったのは2~3件だとか。
個人の感想ですが。
やっぱり素敵なところが多いんだなー、と。
我が家もそのくらいになってみたいものです。

まずはスタンプ10個ためるところから。
次はどこに行けるかなー。






ではまた明日。
















Comment:0
back-to-top