2017
08.14

豚ヒレのグリル、桃ソース。旬の桃で甘酸っぱいお肉の不思議ソース。

Category: お肉の料理

DSC_1291.jpg


今回は桃を使ったお肉料理のレシピです。
買ったはいいけどあまり甘くなくて美味しくない!
フルーツはそんなこともありますよね。

そんなときはお肉のソースにしてしまえばOK。

フルーツに甘みや旨みがあるので味付けも超簡単。
豚肉のほか鶏肉などでも美味しいですよ。



ご訪問ありがとうございます。
レシピブログに登録しています。



クリックしていただけると励みになりますので、よろしくお願いします。




 
Instagram Instagramもやってます。
   @akkey_smoky
こちらもよかったら見てくださいね。




DSC_1290.jpg


●豚ヒレのグリル、桃のソース


〈材料 2人分〉

・豚ヒレかたまり肉・・・200g
・塩、胡椒・・・少々
・オリーブオイル・・・少々

〈桃ソース〉
・桃・・・1個
・白ワイン・・・50cc
・塩・・・ひとつまみ
・バター5g

*その他必要なもの*
・ファスナー付き保存袋(耐熱性のあるもの)
・1リットル以上の熱湯と入る鍋


〈作りかた〉

1、
豚ヒレ肉は全体に塩胡椒する。
フライパンに油を熱して表面だけ焼き色を付ける。

2、
保存袋に焼いた豚肉を入れる。
なるべく空気を抜きながら口を閉じる。

3、
沸騰したお湯の火を止め、保存袋を入れる。
そのまま触れるくらいの熱さまで置いておく。

4、
桃の皮をむいて適当な大きさに切る。
フライパンにバターを熱して桃を加える。
白ワインを加えて潰しながら柔らかくなるまで煮る。

5、
最後に味を締めるため塩を加えてソースの完成,

6、
大きめに切った豚ヒレにソースを添える。





よかったら「おいしそう」もお願いします。
いつもありがとうございます!










IMG_3400 (2)


実家でも元気なうずら。
と思ったら、連れて行った翌日変化が。
『やっぱりおうちじゃない!』
と遅ればせながら気づきました。
遅いわ。

そんなこんなでハンモックと一体化して。
ステルス機能を発動させて。
存在感を消しているらしいですな。
かわいいまだらなので目立っているそうです。



ではまた明日。















スポンサーサイト

Comment:0
2017
08.12

和風シャリアピンステーキ。お得なお肉もがおろし玉ねぎで柔らかく。

Category: お肉の料理
DSC_1351_2017081019434255d.jpg


今回は漬け込んで柔らかくしたステーキです。
おろし玉ねぎの酵素が大活躍。
お得なお肉もやわらかくなりますし、旨みもプラス。

本来のシャリアピンステーキは赤ワインやバターを使うところですが。
バターを使わずさっぱり。
みりんをソースに加えてほんのり甘く。
ホッとする日本の味のステーキです。



ご訪問ありがとうございます。
レシピブログに登録しています。



クリックしていただけると励みになりますので、よろしくお願いします。




 
Instagram Instagramもやってます。
   @akkey_smoky
こちらもよかったら見てくださいね。





DSC_1350_20170810194341d3d.jpg


●和風シャリアピンステーキ


【材料 2人分】

・牛肩ロースなどのお買い得ステーキ肉・・・200~250g
・玉ねぎ・・・1/4個(約50g)
・にんにく・・・ひとかけ(チューブのものでもOK)
・塩・・・少々
・胡椒・・・少々
・牛脂またはサラダ油・・・少々
・酒・・・大さじ1
・みりん・・・小さじ2~3
・醤油・・・大さじ1~1と1/2


【材料 作りかた】

1、
牛肉はスジの部分に包丁の先を刺すようにして筋切りする。
玉ねぎとにんにくをすりおろし、牛肉に加えて漬け込む。
2時間~ひと晩冷蔵庫で置く。

2、
焼く30分以上前に牛肉を冷蔵庫から出す。
漬け込みの玉ねぎをぬぐい、塩胡椒する。
(玉ねぎはソースに使うので捨てない)

3、
フライパンに油を熱し、強火で牛肉を焼く。
好みの焼き具合になったら取り出し、ホイルで包む。

4、
牛肉を予熱で火を通している間にソースを作る。
牛肉を焼いたフライパンに酒とみりんを入れて火にかける。
ひと煮立ちさせてアルコールを飛ばし、玉ねぎと醤油を加える。
もう一度ひと煮立ちさせて火を止める。

5、
牛肉を盛りつけた上にソースをかけて完成。


今回の付け合わせはもやしとコーンといんげんです。
ファミレス風。
全て下茹でしておいて、お肉を焼いたフライパンで炒めます。
お肉の旨みが野菜に絡んで野菜もおいしくなります。









その他のステーキのレシピもよかったら見てくださいね。


醤油麹で柔らかステーキ


DSC_0734.jpg


お得なステーキ肉大好き。
醤油麹で漬け込んでも柔らかくなっておいしいですよ。
玉ねぎも醤油麹も旨みと甘みが加わるので味付けが簡単。


スタミナガーリックステーキ


DSC_0324のコピー


おろしにんにくと揚げたにんにくのWにんにくで。
スタミナがっつりです。
照り焼きソースのような甘辛なたれでもよく合います。



ガーリックレモンステーキ&ガーリックライス


DSC_0578.jpg


こちらもにんにくがっつり。
ですがレモンをたっぷり絞るのでさっぱり。
ガーリックライスも添えておうちステーキ屋さん。





よかったら「おいしそう」もお願いします。
いつもありがとうございます!









今日のデグこ。



IMG_3397 (2)


実家に到着後のあずき。
すっかりなじんで自分の家のよう。

ケージ自体は前住んでいたものなので。
落ち着くのかな。

ばあちゃんにしっかり甘やかしてもらってね。
ばあちゃんにしっかり目薬もしてもらってね。




ではまた明日。
















Comment:0
2017
08.06

豚しゃぶとルッコラのサラダ、バルサミコドレッシング。豚肉がつるんと食べやすい夏おつまみ。

Category: お肉の料理
DSC_1357.jpg


今回は豚の冷しゃぶをイタリアンっぽく仕上げました。
いつもはピリ辛だれでいただきます。
それもおいしいんですけどね。
ルッコラを購入したので。
レタスでもOKです。

イタリアン=バルサミコ酢という安易な思い付きで(笑)
ドレッシングはバルサミコ酢ベースです。
ワインに合わせやすくなってバルサミコ酢は便利。

豚肉は基本白ワインと合うので。
赤ワインに合わせる場合はこの時期においしい軽めのもので。
軽めの赤ワインは少し冷やすとおいしいのでより夏向けですね。

ドレッシングにはカラーピーマンの刻んだものをたっぷり加えました。
甘みと彩りをプラス。
緑のピーマンでもおいしいですよ。
苦みと青い香りがさわやかです。




ご訪問ありがとうございます。
レシピブログに登録しています。



クリックしていただけると励みになりますので、よろしくお願いします。




 
Instagram Instagramもやってます。
   @akkey_smoky
こちらもよかったら見てくださいね。





DSC_1355.jpg


●豚しゃぶとルッコラのサラダ


【材料 2人分】

・豚しゃぶしゃぶ用薄切り肉・・・200g
・ルッコラ・・・一袋
・片栗粉・・・適量

<ドレッシング>
・バルサミコ酢・・・大さじ1~
・醤油・・・大さじ1~
・オリーブオイル・・・大さじ1~2
・ブラックペパー・・・少々
・カラーピーマン(赤、黄、オレンジ)・・・各1/2個


カラーピーマンでなくパプリカを使う場合。
1個が大きいので1種類でもOKです。
カラーピーマンも3色無くてもOK。


【作りかた】

1、
カラーピーマンの種を取り、みじん切りにする。
その他のドレッシングの材料と合わせて冷蔵庫で冷やす。

2、
豚肉は1枚ずつ広げ、全体に薄く片栗粉をまぶす。
余計な粉は叩き落とし、沸騰したお湯でゆでる。
火が通ったら冷水に落として冷ます。
ざるにあげて水けを切る。

3、
ルッコラは洗って根を切り落とす。
食べやすい長さに切って器に敷く。
ルッコラの上に豚肉を盛りつけ、ドレッシングをかける。


牛肉でもおいしいですよ。
薄ーくスライスした鶏むねにくでも。
鶏肉の場合バルサミコ酢は白で。
または白ワインビネガーが合います。










その他をのバルサミコ酢使ったレシピもよかったら見てくださいね。



ミントとステーキのサラダ


DSC_0808.jpg


新たまねぎのすりおろしをバルサミコ酢に加えてドレッシングに。
ミントの葉を葉野菜のように使ったサラダです。
お肉がさっぱり食べられてとってもさわやか。



焼かないローストビーフ


DSC_0213のコピー


お肉を焼くのは表面だけ。
あとは煮たてた調味料に漬け込んでロゼ色に。
調味料はお好みで色々組み合わせられます。
このレシピは醤油ベースですが。
塩とバルサミコ酢の組み合わせもおすすめです。
詳しくはレシピをご覧くださいね。



パリパリチキンソテーのねぎバルサミコだれ





お肉に合わせるネギだれといえば塩味が定番。
ですが醤油+バルサミコもおいしいんですよ。
我が家では醤油とバルサミコの組み合わせは鉄板。
香りが良くてでも甘すぎなくておいしいソースやドレッシングになります。





よかったら「おいしそう」もお願いします。
いつもありがとうございます!









今日のデグこ。



IMG_3386 (2)


互い違いになってくっついてお昼寝するあずきとささげ。
今日暑かったですよね?
我が家もムシムシしてるなー、と思ってました。
エアコンは必要ない(あくまでうちの子の基準)けど。
冷風扇くらいつけないとー、と。

寒かったのかなぁ?
暑い時は伸びてくっついてる(←そこがおかしい)のですが。
狭いところで必死にぎゅうぎゅうになっているところを見ると。
あずきとささげは暑くなかったみたいです。

その間うずらは1匹で「運動運動」とホイールを回してました。
のんびりジョギングペースで。
こっちも暑くないらしい。

変な毛皮たちです。




ではまた明日。
















Comment:0
2017
07.31

ジンジャーハニーレモンチキン。はちみつとレモンでお肉柔らか、冷えた体にしょうがでポカポカ。

Category: お肉の料理
DSC_1328.jpg


今回は鶏の手羽元を使ったレシピです。
煮込めばだしが出ますし、焼いてもおいしいですし。
一番はお得なところが大好きです。

はちみつはよくお肉を漬け込むときに使いますが。
はちみつと言えばはちみつレモン(昭和生まれです)。
はちみつと言えばはちみつしょうが湯(飲んだことないですが)。
というわけで全部合わせてみました。

この組み合わせは合わないはずないですよね。
甘みと酸味とピリッと辛味。

私はエアコンを使わないので冷えとは無縁ですが。
オフィスワークをする女性などはかなり冷えると思います。
しょうがで体を温めましょうね。




ご訪問ありがとうございます。
レシピブログに登録しています。



クリックしていただけると励みになりますので、よろしくお願いします。




 
Instagram Instagramもやってます。
   @akkey_smoky
こちらもよかったら見てくださいね。




付け合わせはヤングコーンです。
皮ごとグリルで焦げ目がつくまで焼きました。
火が通っているかは箸か何かで押してみましょう。
柔らかければOKです。


DSC_1329.jpg


●ジンジャーハニーレモンチキン


【材料 2人分】

・鶏手羽元・・・6~8本

<A>
・塩・・・小さじ1/2~
・胡椒・・・少々
・はちみつ・・・小さじ1~2
・レモン汁・・・1/2個分(大さじ1弱)
・しょうがのすりおろし・・・好きなだけ


【作りかた】

1、
<A>を合わせてマリネ液を作る。
保存袋に手羽元とマリネ液を入れてよくもみ込む。
冷蔵庫で1時間~ひと晩置く。


そのまま冷凍してもOK。
冷蔵庫でも3日ほど保存できますよ。

2、
手羽元の汁気を軽く切る。
アルミホイルを敷いたオーブンの天パンに並べる。
200℃のオーブンで15~20分焼く。


焦げやすいので注意。
焼き色が付きすぎてきたら上からもホイルをかぶせます。









その他の手羽先や手羽元を使ったレシピもよかったら見てくださいね。


鶏と魚介Wスープのラーメン


DSC_1009.jpg


手羽先でも手羽元でもOKです。
あごと煮干しのだしパックと一緒に煮込むだけ。
それだけでお店のようなおいしいラーメンスープができます。
おうちで作れば無化調で安心。



手羽元のトマトクリーム煮


DSC_0011_20161127191904aef.jpg


味付けのベースは市販のキャンベルのスープです。
味付けが面倒な時に簡単で便利。



大根と手羽元のうま塩煮


DSC_0566.jpg


手羽と大根の煮物ってこってりお醤油味が定番。
ですが旨みが出るので塩味の煮物もとってもおいしいんです。
その代わりきちんと出汁を取ります。
かつおと昆布のおだしに鶏の旨みが加わって料亭の味?




よかったら「おいしそう」もお願いします。
いつもありがとうございます!









今日のデグこ。



IMG_3359 (2)


なでなでされるとこんな気持ちのいい顔。
マヌケな顔ともいう。
あずきは一番なでなでされるのが好き。
抱っこも好き。
甘えんぼさんです。

土曜日病院に連れて行ってかなりオコだったので。
それ以来甘やかしまくっています。

月一で病院通いをしなければならなくなったあずき。
年だししょうがないけど、やっぱりかわいそう。
なのでかまってあげられるときはなるべく甘やかしています。





ではまた明日。
















Comment:0
2017
07.27

塩麹ガリバタチキン。塩麹でお肉柔らか、バターでコクのあるしっかり味。

Category: お肉の料理
DSC_1298.jpg


今回は鶏肉を使ったレシピです。
もも肉を使いましたが、むね肉でももちろんおいしく作れます。

塩麹は一時のブームというよりもう定番調味料ですね。
私もなくなるたびに作ってストックしてあります。
お肉もお魚もとりあえず漬け込んでおけば柔らかくなりますしね。
そのまま冷凍もできますし。

塩麹の味だけでももちろんおいしいのですが。
今回はバターを加えてしっかりした味にしました。
これならお子さんや男性にも喜ばれそう。
おかずにおつまみに。
お弁当にも使えると思いますよ。




ご訪問ありがとうございます。
レシピブログに登録しています。



クリックしていただけると励みになりますので、よろしくお願いします。




 
Instagram Instagramもやってます。
   @akkey_smoky
こちらもよかったら見てくださいね。





DSC_1297.jpg


●塩麹ガリバタチキン





塩麹はとても焦げやすいので弱火で時折様子を見ながら加熱します。
火が通っているか心配な場合は1個箸を刺してみます。
透明な肉汁が出てくればOK。
赤い肉汁が出てくる場合は中が生なのでもう少し加熱します。










その他の塩麹を使ったレシピもよかったら見てくださいね。



豚コマの塩麹ガーリック唐揚げ


DSC_1097.jpg


お得な豚こま肉を使って経済的なレシピです。
薄切りを丸めるので柔らか食感。
そこに塩麹で味付けをしてさらに柔らかジーシーに。
にんにくを入れないまたは控えればお弁当にも。
冷めても柔らかさがキープできます。



塩チンジャオロース


DSC_0519_20170304190256ef3.jpg


味付けのメインは塩麹のみ。
シンプルなのにとっても旨みが深くてオイスターソースいらず。
オイスターソースを切らしているときにぜひ。
こちらの方がおいしくてハマるかも(笑)



塩麹わさびのポークソテー


DSC_0643_20170321182938569.jpg


特売の豚ロース肉を塩麹に漬け込んで柔らかく。
焼いて仕上げにわさびをからめます。

レシピの鶏肉、チンジャオロースの牛肉、ソテーの豚肉。
塩麹はどんなお肉にも合いますね。
お魚を漬け込むのもおいしくなりますし。
万能調味料です。





よかったら「おいしそう」もお願いします。
いつもありがとうございます!









今週の火曜日は合羽橋道具街に行ってきました。
浅草の近くなので外国の方もたくさんいます。
リアルな食品サンプルは国籍問わず人気ですもんね。


ボーナスが入ったからたくさん買っていいよ、と主人。
ちょうど家にあるお皿に飽きてきたところだったのでうれしいー。

この日出かけるのが遅めだったのでまずはランチ。
前にも一度行ったことのあるお蕎麦屋さんの近くに車を停めて。

やってないー!!!

ショックですがやってないものはしょうがない。
ぶらぶら歩きながら見つけようか、と思ったら和食屋さんを発見。
お値段的にそんなに期待できなそうでしたが。
まぁ試しに入ってみるか、と。
これが大正解。

8品盛り合わせのお刺身定食、なんと¥1280。


IMG_3338.jpg


ほかに小鉢も付いていてこのボリュームとは。
しかも女性にはご飯の量を聞いてくれます。
私は白ご飯好きなので男性と同じ量で(笑)

お刺身が全部おいしかった!
冷凍していないマグロは赤身なのにとろける食感。
味は酢締めというより酢洗い程度でいいねー。
苦手なサーモンもおいしかったですし。
カツオや関東では珍しいサワラの炙りなど。
これはご飯が進む。
小盛りにしないで良かったー。

そして下町のお味噌汁のお豆腐ってかなり小さめ。
私の実家だけかも?思ってたんですが、やっぱりね。
子供のころ江戸っ子の父が母のお豆腐は大きすぎると言い。
同じ23区でも下町出身ではない母は小さいと食べ応えがないと言い。
そんなかわいい争いを思い出しました。

いやー、ふらっと入ったお店でしたが大正解。
ご馳走様でした。

お腹いっぱい、カロリーを摂ったら運動。
合羽橋は食器だけでなく調理器具や看板、ショーケースなど
飲食関係のものならなんでも揃います。

今回は食器だけでなく色々買いました。



DSC_1324.jpg


お皿は全部2枚ずつ購入。
来客時は枚数の多い取り皿があるので。
普段使いのものは2枚ずつしか買いません。



IMG_3341.jpg


今回欲しかったもののひとつがカトラリーレスト。
白の陶器のものはリーズナブルな普段使い用。
シルバーの文鎮のようなものは結構高級感があります。
あとは新潟の燕三条の不思議なレスト。
板みたいですがレストです。
切り込みのところにナイフを挟めるんです。

欲しかったステンレスの盛りばしも見つけました。



IMG_3342.jpg


銘々皿サイズのお皿は個性的な色とデザインを選びました。
朱色や黄色って難しそうですが。
和食器って意外と何にでも合わせられるので便利なんです。
ガラスボウルは口が斜めになっています。
先付けなどをちょこっと盛り付けるとかわいいかな、と思って。



IMG_3343.jpg


今回はメインサイズのお皿も個性的です。
内側がすり鉢のようになっているお皿は一目ぼれ。
メインのお肉料理などに使えますね。
緑の和皿もパスタなど洋食でOKそう。
あとはコーヒードリッパーも。
ヨーグルトの水切りに欲しかったんです。



IMG_3344.jpg


もう一つメインのお皿。
茶色ベースって野菜が映えそう、と思って。
鶏肉や魚料理のときも良さそうですよね。
あとは欲しかったスレートプレート。
だいぶブームが過ぎた気もしますが、あれば便利。
とってもお得なお値段でしたし。



欲しかったものがすべて買えて大満足。
主人も色々アドバイスしてくれて家にないものを選べました。
よく主人に言われること。
「同じようなのがうちにあるじゃん!」
そういえば母がお皿を買うたび父も言っていた。
本人からすれば違うのよ!
と大人になって私も母と同じことを言うとは思わなかった。

なので主人と一緒の方が違うものに目が行っていいですね。
荷物全部持ってくれるし(笑)
重いというだけでなく、私が割れ物を持つと危険だから(笑)
以前使う前のワイングラスを割ったことがありますし。

主人に感謝のお買い物デーでした。





ではまた明日。
















Comment:0
back-to-top