2017
10.13

おうち海鮮居酒屋でイカ明太。超簡単すぐ飲めるおつまみ。

Category: 魚介類の料理
IMG_3836.jpg


今回は新鮮なイカを使ったレシピです。
先日茨城県の那珂湊に行ってきました。
すぐそばには今コキアが見ごろのひたち海浜公園があります。
ということで大混雑していた那珂湊のおさかな市場。
何で魅力度ランキング最下位なのか謎の茨城県。
住んでいたから言うわけではありませんが、とてもいいところです。

ちなみに現在住んでいる埼玉県は46位(笑)
納得できるようなできないような。

そんな茨城県の那珂湊おさかな市場は新鮮で安い!
お気に入りのご飯屋さんもあるので高速を使ってでも行きたい場所です。

今回もたくさん買ってきました。
牡蠣にサンマにハマグリにイカ。
お土産においしいみりん干しも。



IMG_3837.jpg


牡蠣は牡蠣開け担当主人が頑張って。
生でいただきました。
宮城産牡蠣は磯の香りが強くておいしいー。

サンマはお刺身用だったのでお刺身に。
今年初のサンマのお刺身です。
最高ー!



IMG_3839.jpg


主人がサンマの塩焼きも食べたいと言ったので半分こ。
やっぱり新鮮なサンマは塩焼きもおいしいですね。



帰りに近くにある「かねふくめんたいパーク」にも寄りました。
めんたいパークでのお目当ては生明太子。
作ってから冷凍していない明太子は粒だっていておいしいの。
市販のものは必ず冷凍してあるので別物です。

そんな美味しい明太子とイカを合わせておつまみに。
イカはさばいてあるものを買ってくればすぐに作れる簡単おつまみです。




ご訪問ありがとうございます。
レシピブログに登録しています。



クリックしていただけると励みになりますので、よろしくお願いします。




 
Instagram Instagramもやってます。
   @akkey_smoky
こちらもよかったら見てくださいね。





IMG_3840.jpg


●イカ明太


【材料 2人分】

・イカ(さばいてあるお刺身用のもの)・・・胴1尾分
・明太子・・・1/2~1腹
・醤油・・・少々
・みりん(好みで、入れなくてもOK)・・・少々

・刻んだ大葉または青ねぎ


【作りかた】

1、
イカは短冊状に切る。
明太子は薄皮を取ってほぐす。

2、
イカと明太子を和え、醤油とみりんで味を調える。
盛り付けて大葉か青ねぎを添える。



超簡単ですね。
明太子をたっぷり使える場合は醤油など入れなくてもOK。
贅沢に明太子をたっぷりからめます。











よかったら「おいしそう」もお願いします。
いつもありがとうございます!







ではまた明日。















スポンサーサイト

Comment:0
2017
10.11

牡蠣とレタスのオイスターソース炒め。レタスがたっぷり食べられるおつまみ。

Category: 魚介類の料理
IMG_3827.jpg


今回はこれからおいしい時期を迎える牡蠣を使ったレシピです。
生で食べたり焼き牡蠣、フライなど何でもおいしいですね。
我が家では基本的に生食が多いのですが。
先日魚屋さんでおいしそうな加熱用牡蠣を見つけまして。
お店の方も「今日のは大きくていいよー!」と言ってくれたので。
迷わず何を作るかも考えず買ってきました。

そしてレタスも義父の畑で食べごろなものがいくつもありまして。
たっぷり食べたいな、ということで炒め物にしました。

さっと炒めるだけでかさが減って1/4~1/2個がペロリと食べられます。
シャキシャキのレタスとプリプリの牡蠣の食感を楽しめますよ。




ご訪問ありがとうございます。
レシピブログに登録しています。



クリックしていただけると励みになりますので、よろしくお願いします。




 
Instagram Instagramもやってます。
   @akkey_smoky
こちらもよかったら見てくださいね。





IMG_3829.jpg


●牡蠣とレタスのオイスターソース炒め


【材料 2人分】

・牡蠣(加熱用むき身)・・・200g
・レタス・・・1/4~1/2個
・塩・・・少々
・胡椒・・・少々
・片栗粉・・・少々
・サラダ油・・・大さじ1
・酒・・・大さじ1
・醤油・・・小さじ1
・オイスターソース・・・小さじ2~3
・ごま油・・・少々


【作りかた】

1、
レタスは大きめにちぎる。
牡蠣は薄い塩水で洗って水けを拭きとる。

2、
牡蠣に塩胡椒を軽く振って片栗粉をまぶす。
フライパンにサラダ油を熱して牡蠣を炒める。
両面に焼き色が付いたら酒を加えてフタをする。
2~3分蒸し焼きにする。

3、
牡蠣がふっくらして火が通ったらレタスを加えてさっと炒める。
レタスがほとんど生のうちに醤油、オイスターソース、ごま油を加える。
ひと混ぜしてすぐに火を止め盛り付ける。



レタスはほぼ生、ほとんど炒めなくてOKです。
炒めすぎるとべちゃっとなってしまうのでご注意くださいね。










その他の牡蠣を使ったレシピもよかったら見てくださいね。



麻婆牡蠣


DSC_0292.jpg


お豆腐やなすでなく牡蠣で麻婆。
とってもコクがあってごちそう感も出ます。
牡蠣から旨みが出るので手を抜いてもおいしくなりますよ。



牡蛎とカニの昆布巻き天ぷら


DSC_0403_20161013203213fee.jpg


牡蠣やカニをとろろ昆布で巻いて天ぷらにしました。
衣+昆布でしっかり旨みが閉じ込められるのでふっくらジューシー。
ホタテなどで作ってもおいしいですよ。




よかったら「おいしそう」もお願いします。
いつもありがとうございます!









今日のデグこ。



IMG_3807.jpg


お掃除中の別宅ケージでのあずき。
このケージはあずきが小さい頃のおうちです。
もったいないので取ってあるハムスター用ホイールも子供のころ用。

ですが今でもお掃除中暇になると回しているあずき。
さすがに小さい。
でも器用に回せるあずき。
ささげとうずらは「狭いわー!」と見向きもしません。

実はこの画像はなんだか既視感が。


P1060517のコピー


我が家に迎えたばかりのころ同じような止まり方をしていました。
三つ子の魂百まで。
変らないんだなぁ。

生後3週間くらいで我が家に来たあずき。
こんなにちっちゃかったんだー!
このころは60gくらいしかありませんでした。
来て3日で手に乗ってきたのですが、その時の軽さと重さは忘れられません。
体重はこんなに軽いのに命の重さをひしひしと感じたというか。

おかげさまで6歳半になりましたが元気です。
どんどんちっちゃくなってきてますが、食欲全開ですしね。
長生きしてねー!







ではまた明日。
















Comment:0
2017
10.09

【ヤマキだし部】おだしのきいたイクラの醤油漬け。ご飯におつまみに秋の味。

Category: 魚介類の料理
IMG_3825.jpg


今回は旬の秋鮭を使ったレシピです。
みんな大好きイクラの醤油漬けを手作り。
市販のものよりプリッとしていておいしいですよ。

しかも今回はおだしをきかせて薄味に仕上げました。
おだしとイクラの旨みがたまりません。


今回使ったおだしはこちら。

ヤマキ新にほんの食卓(通販サイト)
(こちらから購入することができます)


item-katsuo-main[1]


お水400ccに対してだしパックひとつが標準。
美味しいおだしを取ることができます。

おだしの取り方も簡単。
だしパックとお水をお鍋に入れて3分煮だすだけ。
それを冷まして使っています。



おだしをきかせたイクラは薄味なのであまり日持ちはしませんが。
絶品に仕上がりました。

今回ははらこのほぐしかたと下処理を画像にして上げてみました。
興味のある方の参考になればと思います。

ちなみに私の作りかたは父直伝。
父は普通のサラリーマンでしたので板前さんではありません。
親子ともども自己流の作りかたですがご容赦くださいね。




ご訪問ありがとうございます。
レシピブログに登録しています。



クリックしていただけると励みになりますので、よろしくお願いします。




ヤマキだし部 おだしがきいた秋の食材レシピ
ヤマキだし部 おだしがきいた秋の食材レシピ





 
Instagram Instagramもやってます。
   @akkey_smoky
こちらもよかったら見てくださいね。



私はひとりランチに。
主人はお弁当になりました。
イクラの容器だけ会社に着いたら冷蔵庫に入れてね、と。
傷みの心配のないお弁当作りってなんて楽ちん。


IMG_3823.jpg


●おだしのきいたイクラの醤油漬け


【材料 作りやすい分量】

・鮭のはらこ(生筋子)・・・ひと腹(150g)
・だし(詳しくは上記)・・・100cc
・酒・・・大さじ1~2
・みりん・・・小さじ1~3
・醤油・・・大さじ1と1/2


甘めが好みであれば酒を少なくみりんを多く。
我が家は甘くないのが好みなのでみりんはほんのちょっとです。
お好みで加減してくださいね。


【作りかた】

こちらが生筋子。

IMG_3808.jpg

まんま筋子ですね。
これをこれからほぐしていきます。


IMG_3809.jpg


ボウルに40℃くらいのお湯を用意。
お湯でほぐすほうがプリッとなるんですよ。
指の腹で薄皮をはがすようにしてほぐしていきます。



IMG_3810.jpg


大体バラバラになりました。
一度ざるにあげます。



IMG_3811.jpg


まだ薄皮がけっこう残ってます。
これもきれいに取らないと口当たりが悪くなってしまうので。
また水を張ったボウルに戻して細かい薄皮を取ります。



IMG_3812.jpg


大体取れたら軽く水を切ってまた水をたっぷり。
手でぐるぐるかき混ぜると薄皮が浮いてきます。
浮いてきたところで筋子を流さないよう注意しながら水を流します。
薄皮が浮いてこなくなるまで何度か繰り返します。


IMG_3815.jpg


はい、きれいになりました。
白っぽくなっているのは水に当てたからで問題ありません。
つけ込めばきれいな海の宝石になりますよ。


ここでつけだれ作り。

酒とみりんを鍋に入れて火にかけ、アルコールを飛ばします。
火を止め醤油を加えて冷まし、だしと合わせてつけだれは完成。


IMG_3816.jpg


きれいにしたイクラを漬け込んで冷蔵庫でひと晩置きます。
つけたばかりはこんな感じですが、一晩立つとあら不思議。
たれを吸い込んで倍くらいになるんですよ。


おだしを加えたのが大正解でした。
とっても味わい深くなっていて最高❤
ぜひお試しくださいね。



ヤマキだし部 おだしがきいた秋の食材レシピ
ヤマキだし部 おだしがきいた秋の食材レシピ






よかったら「おいしそう」もお願いします。
いつもありがとうございます!






ではまた明日。
















Comment:0
2017
10.08

鮭の白子の炙りぽん酢。超簡単旬のおつまみ。

Category: 魚介類の料理
IMG_3789.jpg


今回は旬の鮭の白子を使ったレシピです。
旬なうえにタラの白子よりお得で大好き。
毎年秋になると必ず購入する食材です。

淡白で何にでも合うところもお気に入りのポイントです。
煮つけが定番ですが我が家では色々なお料理になっています。

ですが今回は超シンプルにいただくことにしました。
焼くだけ。
もっちりした食感がたまりません。

生臭みが心配?大丈夫。
簡単な下処理でおいしくいただけますよ。




ご訪問ありがとうございます。
レシピブログに登録しています。



クリックしていただけると励みになりますので、よろしくお願いします。




 
Instagram Instagramもやってます。
   @akkey_smoky
こちらもよかったら見てくださいね。





IMG_3790.jpg


●鮭の白子の炙りぽん酢


【材料 2人分】

・鮭の白子・・・150~100g
・塩・・・少々
・酒・・・大さじ1
・大根おろしまたはもみじおろし
・青ねぎ
・ぽん酢

*その他使うもの
・キッチンペーパー
・あればカセットガスで使うバーナー


【作りかた】

1、
白子は筋を除く(気にならなければ取らなくてOK)。
全体に軽く塩を振ってキッチンペーパーでくるむ。
5~10分置く。

2、
キッチンペーパーを外し、酒を振りかける。
塩を落とすように酒で洗い、水けを拭きとる。

3、
コンロのグリルで焼き色が付くまで10分ほど強火で焼く。
薄皮がはじけてくれば中まで火が通っているのでOK。
あればバーナーで軽く炙るとよりおいしそうになるのでおすすめ。

4、
食べやすく切って盛り付ける。
大根おろしと刻んだ青ねぎを乗せてぽん酢をかける。


お酒で洗うので焼いても多少風味が残ります。
おつまみにいただくことが多いと思うので気にならないと思いますが。
気になる方は酒洗いしたあと軽く水洗いしてくださいね。


ぽん酢を自家製するとよりおいしいです。

レシピはこちら↓

Cpicon 自家製ポン酢。無添加で出汁と柑橘香る♪ by akkey-y









その他の鮭の白子を使ったレシピもよかったら見てくださいね。


白菜と鮭の白子のクリーム煮





鮭の白子は煮てもおいしいです。
クリーミーな白子をさらにクリーミーに。
白菜もこれからの時期おいしくなってきますしおすすめです。



白子のソテージャムバルサミコソース


DSC_0244_20160919183644f3f.jpg


白子はチーズのような感じにもなると思います。
(あくまで個人の感想です)
なので、カマンベールのフリットのように甘いソースを添えました。
ジャムはおうちにあるものでOK。
バルサミコ酢が味を締めてくれます。





よかったら「おいしそう」もお願いします。
いつもありがとうございます!







ではまた明日。
















Comment:0
2017
10.01

サバの竜田揚げ&ヤマキみなかみ工場見学その①ライン見学と座学。

Category: 魚介類の料理
DSC_1645.jpg


今回はサバを使ったレシピです。
脂が乗っておいしい時期になってきましたね。

お醤油ベースの簡単つけだれに漬け込んで保存。
冷蔵なら3~4日、冷凍なら2週間ほどOKです。

長時間漬け込むと味が濃くなるので漬け込みだれで調整します。
漬け込む時間がない、すぐ食べたいときは濃いめに。
お酒とみりんの量を減らして漬け込みます。

脂が乗ってしっかり味なので付け合わせの野菜も進みます。
もちろんお酒も進みます(笑)




ご訪問ありがとうございます。
レシピブログに登録しています。



クリックしていただけると励みになりますので、よろしくお願いします。




 
Instagram Instagramもやってます。
   @akkey_smoky
こちらもよかったら見てくださいね。





DSC_1644.jpg


●サバの竜田揚げ


【材料 2人分】

・サバ(3枚におろしたもの)・・・1尾分(大きければ半身で)

<A>
・醤油・・・大さじ1
・みりん・・・大さじ1/2~1
・酒・・・大さじ1/2~1
・おろししょうが・・・小々


甘めが好みであればみりん大さじ1の酒大さじ1/2で。
辛めが好きであれば酒大さじ1のみりん大さじ1/2で。

・片栗粉・・・適量
・コーンスターチ(なければ薄力粉)・・・適量
・揚げ油・・・適量

・大根の千切り
・みょうがの千切り
・三つ葉のざく切り
・レモン


【作りかた】

1、
サバは小骨を取り、そぎ切りにする。
<A>を合わせてつけだれを作り、保存袋に入れる。
サバを加えて空気を抜きながら閉じる。
そのままひと晩以上置く。

2、
片栗粉とコーンスターチを合わせてポリ袋に入れる。
サバの水けを切り、袋に入れる。
口を押えて下からポンポンはたくように粉をまぶす。
粉が落ち着くまで2~3分置く。

3、
170℃くらいに熱した油でサバを揚げる。
2~3分揚げて表面がカリッとなったら油を切る。
野菜とレモンを添えて完成。



私のお気に入りの「弓削田」さんのお醤油。
つけかけはもちろん、お料理もおいしくなるお醤油です。








よかったら「おいしそう」もお願いします。
いつもありがとうございます!









先月の28日、ヤマキだし部のイベントに行ってきました。
群馬県にあるヤマキさんのみなかみ工場見学です。



DSC_1609.jpg


本日の流れ。
私的に一番楽しみなのはめんつゆづくりです。
家でも手作りしていますが。
やっぱりプロの方直伝で教わりたいですよね。


その前に。



DSC_1612.jpg


だし部のロゴが決定したそうです。

キックオフイベントのときに何点か見せていただいて。
いろいろ意見を言わせていただきました。

後日絞った改良案が送られてきまして。
そこでもいろいろ好き勝手書かせて頂いて(笑)

とてもスタイリッシュですね。
でも老舗らしい和の心も素敵。



そして工場見学。
めんつゆを作るところは奥で見られないらしく。
動画で説明して頂きました。


DSC_1613.jpg


工場で働く方は徹底した衛生管理のもとお仕事されてるそう。
このユニフォームも2枚重ねになっています。
中はメッシュ状で、絶対に毛など出ないようになっています。

さらに掃除機のようなものでほこりや毛など吸って。
コロコロローラーも2回かけるそうです。
すごいなぁ。


ちなみに、このマネキン?名前はジョニーだそうです(笑)
身長180cmとかなり大きめ。

ジョニーはロゴのエプロンのモデルにも。



DSC_1642.jpg


このマスタードイエロー、素敵ですよね。
ご一緒した方とも持ってない色だからいいね、と。
ヤマキの方もそういう選び方をしたんだそうです。

社長だかどなたかはヤマキの色は「赤!」と仰ったそうですが。
うん、嫌だ(笑)
この色になってよかったー。
キッチンクロスもついていて早く使いたいなー。




DSC_1615.jpg


そこここにパネルがあって。
さらに案内役の女性と工場の偉い方が説明してくださいました。

製造ラインは撮影NGだそう。
企業秘密がたくさん隠されているんですね。



DSC_1616.jpg


ヤマキのめんつゆに使われる鰹節。
だしに使われる鰹節と言えば削り節だと思っていたのですが。
漉せないそうで。
こういう粗めの粉末状にしているんですね。

「これだけでおいしそう」「ご飯にかけたい」
と皆さん仰ってましたが、私も同感ー!
鰹節屋のヤマキですもの、おいしいに決まってる!

今回の工場見学では瓶詰メインで見させて頂きました。
瓶やボトルを洗浄してめんつゆを注いで。
キャップを閉めてさらに全体を殺菌。
ラベルを張って箱詰めして、と。
勉強になりましたし楽しかったです。



DSC_1625.jpg


ヤマキさんの商品ってこんなにあるんですね。
めんつゆもだしの素も使わない私ですが。
(ヤマキだし部なのにヤマキさんごめんなさい)
見たり知ったりしているものがいくつもありました。
さすが老舗メーカーですね。



IMG_3701.jpg


お土産にもめんつゆを頂きました。
人気商品の白だしも。
その他うどんつゆと鰹節も。

あとはヤマキさんの本社愛媛と群馬のゆるキャラ。
みきゃんとぐんまちゃんのクリアファイルです。
かなりレアだそうで、かわいいー❤


長くなりましたのでこの辺で。
楽しみだっためんつゆづくりのことはまた次回。



ヤマキだし部 おだしレシピ
ヤマキだし部 おだしレシピ




ではまた明日。
















Comment:0
back-to-top