2015
12.05

お得でおいしい「牛スジシチュー」高いお肉を使わなくてもおいしいビーフシチューのレシピ&江ノ電散策の続き。

Category: おでかけ
DSC_0157のコピー

今回は安くておいしい牛スジを使ったレシピです。
我が家ではふつうのお肉のビーフシチューより、こちらのほうが出番が多いです。
シチュー用のお肉より安いし、コラーゲンたっぷり♪
じっくり煮込むので時間はかかりますが、難しいことは一切なし。
煮込むのは圧力鍋でももちろんOK。

ご訪問ありがとうございます。
先日とってもお得に牛スジが売っていたので多めに買ってきました。
下茹でして冷凍しておけばおでんやスジポンなどにいつでも使えて便利です。
これからの時期、おでんもおいしいですもんね~♪


レシピブログに登録しています。



↑クリックしていただけると励みになります↑
(よかったら「ナイスフォト」&「おいしそう」もお願いします)
いつもありがとうございます!


ちなみに、テーブルランナーを新しくしました。
義父のお誕生日(来年)にベストを編もうと思ってホームセンターの手芸コーナーに行ったら、生地が安い!
1m¥390からですって!?
残念ながら、一番安い物は売り切れでしたが、こちらをはじめ、1m¥500のものがありました。
4種類50センチずつ買って、ひとつは最後でぎりぎりの幅だったため、10cm分おまけしてくれました。
なので¥1000せずに新しいものが4枚できました。
母は接着芯を入れた厚手で丈夫なものを作りますが、私はすぐに汚すので、消耗品感覚。
だから端を縫うだけ!アバウトです(笑)

DSC_0159.jpg

☆牛スジシチュー

【材料 2人分】

◆牛スジ・・・300g
◆玉ねぎ…1/4個
◆セロリ(葉の部分)・・・1/2本分
◆人参・・・1/4本分
◆にんにく・・・1かけ
◆バター・・・10g
◆薄力粉・・・大さじ1
◆赤ワイン・・・100cc
◆牛スジのゆで汁・・・適量
◆GABANエルブ・ド・プロバンス・・・少々
◆砂糖・・・小さじ1
◆塩・・・少々
◆ブラックペッパー・・・少々
◆デミグラスソース(または中濃ソースとケチャップ)・・・適量

【作りかた】

①牛スジは沸騰した湯に入れて再沸騰したら2~3分、色が変わるまでゆでる。

②鍋の湯を捨て、牛スジと鍋をきれいに洗ってまた水を入れ、柔らかくなるまで1時間くらいゆでる。
*圧力鍋で10~20分加熱してもOK。

③玉ねぎ、にんじん、にんにく、セロリの葉をすべてみじん切りにする。

④鍋にバターを熱して溶かし、③の野菜を入れて炒める。

⑤野菜がしんなりしてきたら砂糖を入れてからめるように炒め、さらに薄力粉を加えてなじむまで炒める。

⑥赤ワインを注いで沸騰させ、アルコールを飛ばす。

⑦ひと口大に切った牛スジとエルブ・ド・プロバンスを加え、ゆで汁をひたひたに注いで20~30分煮る。

⑧牛スジがとろけるくらいに柔らかくなって煮汁が半分くらいになったらデミグラスソースを加えて5分ほど煮る。
 塩とブラックペッパーで味を調えて出来上がり。

時間はかかりますが、とてもおいしくできました。
もしお店のように仕上げたい場合は牛スジが柔らかくなったあと一度取り出し、スープをざるなどで漉します。
野菜も柔らかくなっているので、つぶす感覚で。
そしてデミグラスソースを加えれば滑らかな仕上がりになります。

牛スジのゆで汁は余っても捨てないでくださいね。
とってもいいおだしが出ているので、ラーメンを作るときや、にゅうめんのスープにするのがお勧めです。





ここからは火曜日の江ノ電散策の続きです。
鎌倉駅まで江ノ電に乗り、2kmくらいかな?歩いて建長寺へ。
こちらはけんちん汁発祥の地の一つと言われています。


DSC_0094.jpg

い~いお天気。散策日和です。
建長寺は敷地が広いので、ゆっくり歩くことにしました。
ちょっとしたハイキング感覚で、展望台まで登ってみることに。



DSC_0102.jpg

階段がめっちゃ急~!しかも結構な段数がありました(笑)
最終的にはもう息が切れるし足が上がらなくなってくるし。運動不足です。


DSC_0100 (2)


うわ~!上ってきた、って感じがする~!
とっても景色がよかったです。


DSC_0107.jpg


もみじもとてもきれいに色づいていました。
緑~黄色~赤、と変化があって素敵です。

ここで観光地巡りはおしまい。
江の島のお店でしらすを予約してあったので、閉店時間に間に合うように戻ります。

ですが、その前に。

DSC_0115.jpg


また鎌倉高校前駅に戻ってきました(笑)
夕暮れの江の島もいいですね~。

ここでは電車1本分の時間しかないので、きっちり撮影せねば!と気合が入ります。


DSC_0130.jpg


う~ん、お任せ機能の連写じゃダメですね。
やっぱり自分で絞り値とかをいじれるようにならないと。
せっかく少々いいカメラなので、暗い所の連写でもきっちり撮れると思うので、要勉強です。

そして散策は終わり。江ノ島で電車を降ります。


DSC_0133.jpg


駅を出たところにいる有名なスズメさんたちもクリスマス仕様。かわいい♪

そして取りおいてもらったしらすをもって駐車場へ。


DSC_0136.jpg


12月に入ってシーキャンドルがライトアップされているそうです。奥の光ってるのですね。
我が家は結婚前からロマンもムードも求めない二人でしたので、どちらも「行ってみたい」とは言いません(笑)
夜景を見に行くくらいなら家でお酒を飲みたい!が合言葉です(笑)
いや、でも、仲良しですよ、普通に。

また来年、カメラを使いこなせるようになって行きたいです。
そう、私のメインイベントは、生シラスを食べることでも長谷寺で紫陽花を見ることでも鎌倉文学館でバラを見ることでもなく、鎌倉高校前駅の踏切で写真を撮ることです(笑)




レシピブログに参加中♪

↑クリックしていただけると励みになります↑

スポンサーサイト

Comment:0
2015
12.02

ヘルシーおつまみ「生タコのネギまみれポン酢」熱々ごま油を仕上げにじゅわー!&今年2度目の鎌倉&江ノ電散策。

Category: おでかけ


今回は大きいタコ、「水ダコ」を使った簡単居酒屋レシピです。
ネギは青い部分も使うので無駄がなくて経済的なレシピでもあります。
切って和えるだけ。仕上げに熱々に熱したごま油をかけることでネギがしんなり。
辛みが飛んでおいしく食べられます。
イカ(刺身用をさっとゆでたもの)で作ってもおいしいですよ♪

ご訪問ありがとうございます。
茹でたマダコもおいしいですが、水ダコ大好き!
あの触感がたまりませんよね。
こちらではあまりスーパーでは見かけないので見かけたら購入して冷凍しておきます。
そのままだと切りにくいので、一度冷凍して半解凍くらいにしてから調理します。

レシピブログに登録しています。
 
 

↑クリックしていただけると励みになります↑
(よかったら「ナイスフォト」&「おいしそう」もお願いします)
いつもありがとうございます!



☆生タコのネギまみれポン酢、熱々ごま油がけ

・1人分約100kcal

【材料 2人分】

◆生タコ(一度凍らせてしばらく室温に置き、半解凍状態にしたもの)・・・180gくらい
◆長ネギ・・・青い部分と白い部分各10cmくらいずつ
◆ポン酢・・・大さじ1~
◆ごま油・・・小さじ2くらい

【作りかた】

①生タコは5mmくらいの厚さにスライスしてポン酢を絡めておく。

②ネギは薄い小口切りにして水にさらし、水気をよく切る。

③皿の真ん中をあけるようにタコを並べ、あけたところにネギをこんもりと盛る。

④フライパンでごま油を煙が出るくらいまで熱し、ネギの部分にかける。
*はねるのでやけどに注意。皿は手に持たず置いてかけるのがおすすめです。

ネギは万能ねぎでもOKです。ただ、油をかけるとかなりかさが減るので山盛りに用意します


そのほかのタコを使ったレシピもよかったら見てくださいね。




超簡単、タコぶつを買って来れば包丁もいらないレシピです。
飲みたいときにすぐできる、お料理ビギナーの方でも失敗しません。





味しみしみのタコがとってもおいしいレシピです。
魚介類ですが赤ワインとの相性抜群。
今の時期ボージョレ・ヌーヴォーに合わせたいお料理です。




ここからは昨日の鎌倉&江ノ電散策の記事です。

毎年初夏にしらすを食べにとバラを見に行くんですが、秋にもバラが咲くので行きたいね、と。
なかなかバラが咲いている時期には行けずに、昨日行ってきました。

江ノ電には提携の駐車場の料金(5時間くらい)と乗車券がセットになったものがあります。
今年は2回とも江の島に車を止めました。

まずはランチ~♪ということで橋を歩いて江の島に向かいます。




シーキャンドルが見えます。
江の島に到着したらなんだか撮影らしき集団が。
具志堅用高さんがいました~!でっかい犬を連れてました。
わ~!芸能人~、と思いながらお目当てのお店へ。
やってない(涙)

ということで、一駅江ノ電に乗って隣の腰越駅に行きました。
以前大行列であきらめたお店へ。



全然待っているお客さんがいないので、やってないのかと勘違いしたくらい、ハイシーズンは混むお店です。


カフェみたいな雰囲気で、これは観光の人が好んで行きそうだな~、と思う雰囲気です。



しらす以外のメニューもたくさん。
我が家は一番おすすめらしい「しらすづくし定食」にしました。



すごい品数とボリューム!これで¥1700は安いですね~!
この日生しらすがないお店も結構あったんですが、こちらでは大丈夫でした。
手前の真ん中のが生しらすです。



たたみいわし(左奥)とかき揚げと手前のこんにゃくが入った佃煮とお豆腐はおつまみに(笑)
ビールを飲みました(運転しないからね)。
かき揚げだけイマイチでした。業務用の天ぷら粉?
なんか天ぷら粉だけでなくベーキングパウダーのような混ぜ物の香りで、油も良くない。
衣が厚すぎてしらすの味も消されてしまってましたし。
それ以外はすべてとてもおいしかったです。
そしてお豆腐だけで食べきれない釜揚げしらすと生しらすでごはんをいただきました。
お味噌汁にもしらすがたっぷり入っていて、だしが出ていておいしかったです。
腰越はわかめも有名なので、きっとお味噌汁のわかめも地物だと思います。

はいごちそうさまでした~♪

駅に戻ってまた一駅江ノ電に乗ります。
ふっふっふ~♪鎌倉高校前駅~♪



もうさんざん写真を撮っているこの風景(前回も、昨年も、おととしも)ですが、今回はいいカメラを購入したということでまた撮りに行きました(笑)
やっぱり日本人は少ないです。中国人多い~!最近は台湾の方も多いんだとか。
海沿いは工事してるし、手前は測量の機械が…残念な写真になりました。



電車を待つ間、ここからも江の島がよく見えます。



江ノ電ゲット~♪連写機能が使いこなせません。

次は一駅、七里ガ浜まで歩くことにしました。
江ノ電は駅の間が短いので歩きも楽しめます。



撮り鉄化している私(笑)歩きならではの間近の撮影ができるのも江ノ電の魅力です。

七里ガ浜から電車に乗って、極楽寺へ。



線路の上の橋から撮り鉄します。
ここも紫陽花シーズンはとても混んでいて、前回は撮り鉄と撮り鉄の間にさりげなく紛れ込んで撮りましたが、今回は私たちだけでした。
それもそのはず、極楽寺には何も見ごろの植物がありませんでした(笑)

また電車に乗って、鎌倉へ。
小町通りを抜けて少し歩きました。

それはまた次回。
少し風邪っぽいな~、と思っていたら、どうやら主人に移したようです。
私はひどくないのに、主人は珍しくつらそうです。
とか言いながら、ビールは飲んでいます(笑)
軽く飲んだほうが体が温まるし、よく寝られるしね。
では、みなさんも風にはお気を付けください。




おいしくダイエット









↑クリックしていただけると励みになります↑


Comment:0  Trackback:0
2012
09.21

BirthdayDinner2012

Category: おでかけ
こんばんは。おとといは私の32回目のお誕生日でした。
 
昔は32歳なんて、オバサンだな~、と思ってましたが、
なってみたらなんのこっちゃない。
 
特に変わらないものですね^^
 
 
 
ここ何年か、誕生日は主人がお店を予約してくれるので、
外ごはんすることにしています。
 
今年は、去年と同じお店にしました。
 
すっごくおいしいし、ワインもソムリエが選んでくれます。
 
 
 
 
 
まずは自家製のグリッシーニと、塩茹での生落花生を頂きました。
 
 
 
 

 
 
前菜ひと品めの、ピゴール豚の生ハムと、カマス、赤ムツのフリット。
 
ピゴール豚とは、イベリコとルーツが同じの、フランスの豚さんです。
 
フリットは、信じられないくらいお魚ふわふわです。
 
 
スパークリングといただきました。
 
 
 
 
 
 
 

 
 
前菜ふた品めは、フォアグラのブリュレ。いちじくが添えてあります。
 
上の焦がしたところは、甘くて、クレームブリュレまんまです。
 
中は甘くない、フォアグラのプリンみたいな、何とも言えない美味しさ!
 
 
前菜なので、変則的ですが、ここで赤ワイン。
 
 
 
 
 
 
 

 
 
前菜3品目は、能登産アオリイカの炙り焼き。炭で焼いてます。
 
高知産トマトのソース、枝豆、ヒモ唐辛子という辛くない唐辛子添え。
 
イカは表面だけ焼いてあって、レアで最高の食感です♪
 
 
 
 
 
 
 

 
 
自家製のパン2種。
 
とってもおいしくて高級(1本¥6000)なオリーブオイルでいただきます。
 
 
お替りしたいけど、あとの料理があるから、ガマンガマン!
 
 
 
 
 
 
 

 
 
コースに必ず入っている、毛蟹の塩味パンナコッタ、ヴィシソワーズのエスプーマ仕立て。
 
 
甘くないとろける食感のパンナコッタに、ふわふわ泡状のヴィシソワーズが、
「シェフのスペシャリテ」というのにふさわしいお料理ですね。
 
 
 
あと、アマダイのポワレ、ブイヤベース風のスープ添え
をいただいたんですが、なぜか写真なし<(T◇T)>
 
鱗がパリパリに仕上げてあって、とてもおいしゅうございました。
 
 
 
 
 
 
パスタ、メインは、その日入る食材によって、
コースの中の決まったメニューか、
違うものも選べたりします。
 
 
 
 
 

 
 
フレッシュポルチーニと所沢産ウズラのタリアテッレ。
 
シェフの手打ちのパスタです。
 
能登産のすごく立派なワタリガニのパスタも選べたんですが、
毛蟹が前菜に入ってますので、こちらにしました。
 
香りは乾燥のポルチーニのほうが強いですが、
フレッシュでないと味わえない食感とみずみずしい香りが最高でした。
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 
 
メインは子羊にしました。
 
ドライエイジングの牛肉がもともとコースに入ってたんですが、
こちらも選べたので、迷わず。
 
通常の羊さんと飼料が違うそうなので、
よくあるクセが全くありません。
 
ラムより大人に近いんですけど、それでも臭みなし。
 
我が家はジビエ大好きなので、クセのあるお肉が好きなんですけど、
こういうお上品なお肉も、「ああ、コース食べに来たなぁ~^^」と言った感じで^^
 
添えてある、パプリカも、甘くておいしいんです♪
 
骨付きのバラ(写真の奥)はお腹いっぱいで食べられなかったので、
味がわかりません<(T◇T)>
 
今回奥まった席だったので、隙を見て主人が取って食べてくれました。
(きちんとしたコースのお店でシェアするのはお行儀悪いので)
 
 
 
 
 

 
 
デザートは、黄桃のコンポートと、ミルクのジェラート。
 
コンポートなんですが、食感を残してあって、う~んおいしい❤
 
 
いつもは食後はエスプレッソをいただくんですけど、
今回は紅茶にしました。
 
アールグレイに「ニルギリ」という葉っぱがブレンドされていて、
珍しくておいしかったです。
 
 
 
¥8000のコースに、スパークリング1杯ずつ、
 
白2杯、赤3杯ずつ、かな?
食後酒1杯で、ふたりで3万円弱のお会計でした。
 
都内で食べると思えばかなりお得だと思います。
 
シェフは超有名イタリアンで料理長していた方ですし、
ソムリエは、金のぶどうのバッジが輝く、「シニアソムリエ」ですし。
 
 
 
 
 
 
と、外ごはんでお金をいっぱい使ったので、
誕生日当日のおうちごはんは、質素に^^
 
 
 
 
 
 
 

 
 
☆デトックス野菜スープ☆
 
 
そのうちデトスープ特集したいと思います。
 
 
 
 
 
 
 

 
 
☆タコの中華風ネギカルパッチョ☆
 
義母とお買い物に行って買ってもらったタコさんです。
 
淡口醤油や胡椒で味付けし、熱した胡麻油をじゅわっとかけていただきます。
 
 
 
 
 
 
 

 
 
☆タコのセビーチェ風☆
 
中華風カルパッチョの残り半分を使いました。
 
エビやホタテなんかで作るセビーチェを、
茹でタコで簡単に仕上げました。
 
生のシラントロ(パクチー)がいい味出してます。
 
 
 
 
 
 
 

 
 
☆安上がり柔らか巻き巻きステーキ☆
 
このお肉も義母に買ってもらいました~^^
 
薄切りの切り落としをクルクル巻いて、
適当な厚さにスライスし、
ステーキのように焼きました。
 
辛味大根を使った滋賀のお土産のドレッシングと
お醤油をベースに、おろしにんにくをきかせた簡単ソースで。
 
 
 
 
 
義母からはインディヴィのジャケットとカットソー、
デニムのショートパンツを買ってもらい、
お昼ごはんに和食屋さんで松茸コースを食べさせてもらいました。
 
 
 
実家の親は、スパークリングワインなどをくれました。
 
あの小さな母(147cmしかない)から、よくこんな大きく健康に
産んでくれたものだと、感謝しなければですね。
 
 
 
 
お友達夫婦からは、こんなお洒落ギフトが届きました。
 
 
 
 
 
 
 

 
 
コストコの会員カードのギフトですって!
 
お洒落❤さすがK夫妻!ありがとうございます~♪
 
コストコって、興味はあるけど、年会費がネック…
(量が多いと聞いてるので、夫婦二人だとあまり行けない)
 
と、いまだに時代の流れに乗りきれてなかった我が家。
 
 
 
これなら気兼ねなく行ってみることができるし、
同じく行ってみたいけど・・・と言っていた
母もつれて行けるし!
 
本当にうれしいプレゼントです。
 
 
 
 
よっしゃ、次のお休みに行ってみるぞ~♪
 
 
 
 
 
32歳の目標、
 
 
特にないなぁ(●´∀`●)
 
 
 
 
 
 
 
ランキングに参加しています。
 
クリックしていただけると励みになります。
 
 
 
実はデグーブログもひそかにやっております
 
もしもお暇と興味がありましたら、のぞいてやってください。
 
 
 
 
 

Comment:0  Trackback:0
back-to-top