2017
10.22

栗のパウンドケーキ。栗がたっぷり秋の簡単お菓子。

Category: お菓子
DSC_0056_201710221533400a4.jpg


今回は栗を使ったレシピです。
毎年色々なところから栗を頂きますが。
実は私は栗が苦手で。
さつまいもやかぼちゃも苦手で食べません。

ですのでこれらの食材を頂いたときはお菓子にして配ります。
今はちょうど私にも職場があるのでたっぷり作りました。
お菓子をたっぷり作るのって楽しいですね。
パウンドケーキならとっても簡単で失敗もしませんし。

何よりみんな喜んで食べてくれるので作りがいがあります。

栗は甘露煮を作ってからケーキにしました。
中まで甘さがしみこんだ栗はバターたっぷりのケーキによく合います。

私は今回配る人が多かったので多めに作りました。
普段はこのレシピの半分で作っています。



ご訪問ありがとうございます。
レシピブログに登録しています。



クリックしていただけると励みになりますので、よろしくお願いします。




 
Instagram Instagramもやってます。
   @akkey_smoky
こちらもよかったら見てくださいね。





DSC_0055_20171022153339ef4.jpg


●栗のパウンドケーキ


【材料 17cm長さのパウンド型2本分】


・無塩バター・・・200g
・砂糖・・・200g
・卵・・・4個
・ベーキングパウダー・・・小さじ1
・塩・・・ひとつまみ
・ラムまたはブランデー・・・大さじ1
・薄力粉・・・240g
・栗の甘露煮・・・200g

*栗の甘露煮のレシピはこちら


【作りかた】

*下準備*
・型にバターを塗っておく。
・ベーキングパウダーと薄力粉を混ぜてふるっておく。
・オーブンを170℃に予熱する。
・バターは室温に戻して柔らかくしておく。

1、
大きめのボウルにバターを入れ、クリーム状になるまで混ぜる。
白っぽくなってきたら砂糖を加えてすり混ぜる。

2、
砂糖が溶けたらラムと卵を1個ずつ加えて混ぜる。
ハンドブレンダーなどで空気を含むよう混ぜる。


DSC_0045_2017102215534891e.jpg

こんな感じですね。
お菓子の本などで見る「リボン状に落ちる」みたいな。

3、
粉を再度ふるいながら3度くらいに分けて加える。
その都度練らないようにさっくり混ぜ、粉っぽさがなくなればOK。
栗の甘露煮を加えて全体に行きわたるように混ぜる。

4、
パウンド型に流し込み、2~3度台に打ち付けて余分な空気を抜く。
予熱しておいたオーブンで4~50分焼く。
途中焼き色が付きすぎる場合はアルミホイルをかぶせる。
竹ぐしを刺して生地がついてこなければOK。
粗熱が取れたら型から外して冷ます。


パウンドケーキは作りたてより翌日以降のほうがおいしいです。
日持ちもしますのでぜひお試しくださいね。










その他のパウンドケーキのレシピもよかったら見てくださいね。



オレンジと紅茶のパウンドケーキ


DSC_0352_2016100719433793f.jpg


オレンジのシロップ漬けを使って作りました。
紅茶の香りとオレンジの爽やかさで簡単なのにお洒落な感じになります。



ドライフルーツのパウンドケーキ


DSC_0099のコピー


パウンドケーキと言えばドライフルーツのもの。
というくらい昔からあるトラディショナルな組み合わせだと思います。
鉄板のおいしさですね。
こちらは卵黄と卵白を分けて作りました。
卵白をメレンゲにして加えることでパウンドケーキなのにふんわり軽い食感に。
全卵を加えるとどっしりしっとり仕上がります。





よかったら「おいしそう」もお願いします。
いつもありがとうございます!









我が家にはデグーという小動物が3匹いました。
あずき、ささげ、うずら、とみんなお豆の名前の女の子です。

金曜日一番最初に我が家に来たあずきが天国へ旅立ちました。
今これを書いていてもまた涙が出てきそうです。

前日の夜から少し元気がなくて。


IMG_3887.jpg


でもこぼしながらも大好きなペレットを少しずつ食べていました。

翌朝にはもう動けなくなっていて。



DSC_0059_20171022153341743.jpg


脚に力が入らないので伸ばしっぱなしでした。
前脚も動かせないのか這うように暖かいところに移動して。


DSC_0060.jpg


最終的にはうつぶせもできなくなってコロンと横になってしまいました。


見ていてとても辛かったですが。
あずきは私と主人に看取らせてくれました。
夜9時ごろ今まで全く動けなかったのにいきなり前脚でぐっと伸びをして。
それからキュウキュウというかクウクウという声で鳴き出して。
5分くらいだったかな?
鳴き声がやんだと思ったらあずきは旅立ってました。

最後の力を振り絞ってさよならを言ってくれたんだと思います。
悲しいけれど、幸せでもありますね。
あずきが我が家に来てよかった、幸せだったと思ってくれてたらいいな。
うちの子になってくれてありがとう、何度もあずきに言いました。

これからはささげとうずらをあずきの分も甘やかしたいと思います。







ではまた明日。















スポンサーサイト

Comment:0
2017
09.10

渋皮付きマロングラッセ。割れにくく簡単な秋の絶品スイーツ。

Category: お菓子
DSC_1512.jpg


今回は久しぶりにスイーツのレシピです。
毎年秋になると義母から立派な栗を頂きます。
知り合いで栗の木を持っている方がいるからかな。

女性はみんな大好き芋栗南京。
実は私はどれも苦手で(笑)
栗は頂くとお菓子にして知り合いに配ります。
食べるのは苦手でも作るのは大好き。

ちょうど今年は私も職場があるので。
職場の方々に聞いたら皆さん栗大好き!と。
モンブランが作るのも楽しいのですが日持ちしない、と。
ほかの栗のお菓子って、と聞いたら「マロングラッセ」と意見が。
分かりました。作りましょ。

マロングラッセはとても手間のかかるお菓子です。
特に割れないように一つ一つガーゼでくるむのが大変。
気の短い私はそんなことやってられるかー!と。
渋皮付きで作ってしまえ!と適当人間(笑)

ですが渋皮付きのマロングラッセって結構定番みたいですね。
渋皮煮のお砂糖の濃度をどんどん上げて作る感じです。
崩れず作れて楽ですし見た目もきれい。

皮をむいている段階で渋皮煮傷がついてしまったら除きます。
栗ご飯や他のお菓子に使ってくださいね。

職場の方にもとても評判のいい仕上がりになりました。



ご訪問ありがとうございます。
レシピブログに登録しています。



クリックしていただけると励みになりますので、よろしくお願いします。




 
Instagram Instagramもやってます。
   @akkey_smoky
こちらもよかったら見てくださいね。





DSC_1514.jpg


●渋皮付きマロングラッセ


【材料 作りやすい分量】

・栗・・・適量(今回は鬼皮を除いた状態で500g)
・砂糖・・・栗と同じ重さ(今回は500g)
・バニラビーンズ・・・1本
・ラムまたはブランデー・・・小さじ1~3


今回お酒が苦手なうえに妊娠している方へメインだったので。
お酒は控えめにしました。
その代わりにバニラビーンズで香りづけ。
気にしないのであればお酒をたっぷり使って。
バニラビーンズは加えなくてもOKです。
バニラエッセンスでも代用できます。

お砂糖はグラニュー糖を使いました。
三温糖やきび砂糖などでもOK。
和三盆で作るともっと美味。
かなりお高くつくのでおすすめできませんが・・・(笑)


【作りかた】

1、
栗はひと晩水に浸ける。
または水と共に鍋に入れて火にかけ、10分ほど茹でる。
冷めるまでそのまま置き、鬼皮をむく。
鬼皮をむくときは渋皮を傷つけないよう気を付けながらむく。

2、
鬼皮をむいた栗を水と共に鍋に入れて火にかける。
沸騰したら15分ほど茹でてお湯を捨てる。
3回くらい茹でこぼしを繰り返す。

3、
渋皮が柔らかくなっていたら楊枝などで筋を取り除く。
もう一度水と共に火にかけ15分ほど茹でてざるにあげる。

4、
栗をなるべく動かないぎっちり入る鍋に敷き詰める。
水をかぶるくらい注いで火にかける。

5、
沸騰したら20~30分弱火で煮る。
砂糖を1/4~1/5加えて溶けたら火を止める。
冷めるまでそのまま置く。

6、
翌日5を繰り返す。
途中栗が顔を出すようだったら水を足す。

7、
砂糖がなくなるまで4~5日5を繰り返す。
栗を取り出し、煮汁を火にかける。
とろりとしたら火を止め、栗をくぐらせる。
ケーキクーラーなどに乗せてそのまま冷ます。


煮汁はかなり煮詰めてからめるのが本格的です。
表面にお砂糖をまぶしたようになっているあの感じですね。
カラメルくらいまで煮詰めるとお砂糖が結晶状になります。
私はそれだと甘すぎると思ったのでシロップ状にしました。

栗と砂糖を同量で作ってもかなり甘そう、と思いましたが。
食べた方たちの感想は甘さ控えめだったそうです。
なので甘いものが好きな場合はお砂糖を増やします。


そのまま食べてもおいしいですし、ケーキに入れても。
崩れてしまったものはパウンドケーキに入れようと思っています。



[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

四国奥伊予 城川町産超でっかい栗1kg(30〜40個)
価格:1404円(税込、送料別) (2017/9/9時点)






その他の栗を使ったレシピもよかったら見てくださいね。



すべて手作りモンブラン





生の栗からすべて手作り。
マロンペーストもクリームもスポンジももちろん。
かなり手間がかかりますが、かなりおいしいです。
時間と気力があればぜひ(笑)



栗とマスカルポーネのパンケーキ





ゆで栗で作っているので甘ささっぱり。
マスカルポーネチーズなのもさっぱり。
もちろん甘露煮や生クリームを使ってもおいしいですよ。




よかったら「おいしそう」もお願いします。
いつもありがとうございます!








ではまた明日。
















Comment:0
2017
07.06

ブルーベリーフローズンヨーグルト。水きりヨーグルトで濃厚ヘルシー。

Category: お菓子
DSC_1224.jpg


今回は夏にぴったりひんやりスイーツのレシピです。
ブルーベリーも今旬ですね。
我が家では道の駅で買ったものを冷凍しています。

ヨーグルトは時間がかかりますが水切りしてから使用。
すぐ食べられない難点はありますが、とっても濃厚に仕上がります。
生クリームなど加えなくてもおいしいですよ。

そしてゼラチンを加えているので溶けにくいのもいいですね。
食感ももっちりします。

ブルーベリーは生のものがなければジャムでもOK。
お砂糖を減らして作ります。
その他お好みのフルーツでも。



ご訪問ありがとうございます。
レシピブログに登録しています。



クリックしていただけると励みになりますので、よろしくお願いします。




 
Instagram Instagramもやってます。
   @akkey_smoky
こちらもよかったら見てくださいね。





DSC_1223.jpg


●ブルーベリーフローズンヨーグルト


【材料 4~5本分】

・プレーンヨーグルト・・・ひとパック(450g)
・ラカントSまたは砂糖・・・大さじ3~5
・ブルーベリー・・・50g
・ゼラチン・・・3g
・水・・・大さじ1


【作りかた】

1、
ヨーグルトはざるにキッチンペーパーを敷いて入れる。
そのまま冷蔵庫に置いて200gくらいになるまで水切りする。
(急ぐときは重石をすると早く水切りできます)

2、
ゼラチンは水を加えてふやかす。
レンジ600Wに20~30秒かけて溶かす。

3、
ボウルにヨーグルト、ゼラチン、ラカントを入れてよく混ぜる。
ブルーベリーを加えて色が出るようにつぶしながら混ぜる。

4、
濡らしたアイスバー型やお弁当カップなどに入れる。
台に打ち付けて空気を抜き、冷凍庫で固まるまで冷やす。

5、
ぬるま湯などに型を付けて外し完成。


型がない場合はバットなどでも作れます。
その場合1時間ごとくらいにフォークなどでかき混ぜます。
ふんわり滑らかに仕上がってそちらもおいしいですよ。










その他のヨーグルトを使ったレシピもよかったら見てくださいね。



水きりヨーグルトのチーズケーキ風


DSC_0032のコピー


クリームチーズで作るよりさっぱり軽い口当たりです。
軽めの赤ワインかピノノワールを使った赤ワインに合うと思います。



鶏むね肉のタンドリーチキン





ヨーグルトが少し余ったらタンドリーチキンに。
パサつきがちな鶏むね肉も柔らかジューシーに仕上がります。



水きりヨーグルトを作るとホエーが出ますよね。
もったいないので捨てずに使います。
パンに使うとふんわりしますよ。


ホエーの丸パンとカレーリメイクコロッケ





バンズ風にするとふんわり感がよくわかります。
コロッケはドライカレーの残りで作りました。





よかったら「おいしそう」もお願いします。
いつもありがとうございます!









今日のデグこ。



IMG_3271 (2)


手の上でまったりしつつご飯をモリモリなあずき。
まだ目やにが出るのでとっ捕まえて拭いてあげます。
最初は怒っていましたが最近はもう慣れたのか。
ぐりぐり拭かれながら平気でご飯を食べてます。

この日も父ちゃんに抱っこされて一粒ずつ取ってもらって。
飽きるまでポリポリ食べて。
飽きたら父ちゃんの肩に登って。
「帰るー!」と父ちゃんの背中にかみついておうちに返してもらいます。

至れり尽くせり。




ではまた明日。
















Comment:0
2017
02.04

チョコシフォン。全卵を使って無駄なく簡単なレシピ。

Category: お菓子
DSC_0406.jpg


今回は久しぶりにお菓子のレシピです。
卵黄と卵白を同じ数使うので無駄がなく手軽に作れます。
しかも我が家はシフォン型がないのでパウンド型で。
一見パウンドケーキのようですが軽いふんわり食感です。
チョコを加えることで味わいが深くなります。
バレンタインにぜひ。
思い立ったときにすぐに作れます。




ご訪問ありがとうございます。
レシピブログに登録しています。



クリックしていただけると励みになりますので、よろしくお願いします。




 
Instagram Instagramもやってます。
   @akkey_smoky
こちらもよかったら見てくださいね。





DSC_0403_2017020419051277d.jpg


☆チョコシフォン


【材料 20cmくらいパウンド型1個分】

・チョコ(製菓用でも普通のものでもどちらでもOK)・・・50g
・サラダ油・・・30g
<A>
・卵白・・・3個分
・砂糖・・・30g
<B>
・卵黄・・・3個分
・砂糖・・・30g
・薄力粉・・・80g
・ココアパウダー・・・20g
・ベーキングパウダー・・・小さじ1/3
・水・・・50cc


【作りかた】

*下準備*
薄力粉とココアとベーキングパウダーを合わせてふるっておく。
オーブンを170℃に予熱する。

1、
チョコを湯煎にかけて溶かし、サラダ油を加えてよく混ぜる。

2、
卵白に砂糖を加えて角が立つまでよく泡立てる。

3、
<A>に溶かしたチョコを加えてハンドブレンダーで撹拌する。
粉が飛ぶので低速でダマがなくなればOK。

4、
3に泡立てた卵白を加えてゴムベラでさっくり混ぜる。

5、
型に流し込み、予熱したオーブンで30~40分焼く。
竹串を刺して生地が付いてこなければ取り出す。
粗熱が取れたら型から外し、そのまま冷ます。


仕上げにパウダーシュガーを振りました。
プレゼント用に焼いたのですがとても喜んでもらえました。









その他のチョコを使ったレシピもよかったら見てくださいね。



大人のガトーショコラ


DSC_0184のコピー


カカオの含有量が多いチョコを使って甘さ控えめ。
お酒に合う、大人のためのチョコスイーツです。



ナッツとレーズンのブラウニー





バレンタインの定番、チョコブラウニー。
とっても簡単にできるのでお料理ビギナーさんにもぴったりです。





よかったら「ナイスフォト」&「おいしそう」もお願いします。
いつもありがとうございます!









水曜日は山梨に行ってきました。

月火休みの大好きな吉田うどんのお店に行くため、富士吉田へ。



IMG_2498.jpg


肉きんぴらうどんは毎回定番で頼みます。
そして今回は野菜のかきあげも。
こちらはお漬物もおいしいんです。



IMG_2499.jpg


吉田うどんは太くてかためですが、こちらはやわらかめ。
馬肉の甘辛く煮たものと太めのきんぴらごぼうが最高。
すべて手作りで手間のかかっているひとしなです。
お味噌も手作りでとっても深い味。
出汁もきいていて、飲み干しちゃいます。
ザクザク食感のキャベツも吉田うどんの特徴ですね。


おいしかったー。


次は温泉へ。
山梨には日帰り温泉がたくさんあります。
我が家はあまり観光客向けの有名なところには行きません。
今回も地元の方が多めなところに行きました。


芭蕉 月待の湯


こちら、お風呂の種類がたくさんあります。
内湯はぬる湯、あつ湯、源泉ぬるま湯、サウナ、水風呂。
それに露天風呂。

ぬる湯は源泉かけ流しだそうで、消毒のにおいはしますが最高。
普段露天風呂ばかりの私ですがずっとぬる湯に浸かってました。


あー、気持ちよかった。

都留の道の駅でおいしいお肉が買えましたし。
道志の道の駅ではクレソンが買えましたし。

山梨大好きです。
うどん屋さんのお母さんが「朝は-10℃くらいになる」と仰ってたので。
住みたくはないですが(笑)




ではまた明日。
















Comment:0
2016
10.27

りんごのお菓子、タルトタタン。パイシートを使って手軽にりんごたっぷり。

Category: お菓子
DSC_0496.jpg


今回はりんごをたっぷり使ったお菓子のレシピです。
りんごの量は調節できるのでその時ある量で作れます。
お砂糖とバターの量を調節しやすく書きました。

最近立て続けにりんごをいただきます。
そういう時はたっぷり使えるタルトタタン。
私はなるべくすべて手作りしたいのでタルト部分も作りますが。
今回は冷凍庫に眠るパイシートをそろそろ使い切らないとと思って。
パイシートを使うとひと手間減るので手軽に作ることができますよ。




ご訪問ありがとうございます。
レシピブログに登録しています。



クリックしていただけると励みになりますので、よろしくお願いします。




 
Instagram Instagramもやってます。
   @akkey_smoky
こちらもよかったら見てくださいね。



☆タルトタタン


【材料 18~20cmのデコレーション型1個分】

・りんご・・・4~6個(1200g~1800g)
・砂糖(あればグラニュー糖)・・・120~180g(りんごの10%くらい)
・無塩バター・・・40~60g(りんごの0.3%くらい)
・赤ワイン・・・大さじ2~3
・レモン汁(なくてもOK)・・・少々
・冷凍パイシート・・・1枚

【使うもの】

・18~20cmの丸デコレーション型
・オーブン用クッキングシート


【作りかた】

1、
パイシートを型の大きさにカットする。
クッキングシートの上に乗せ、フォークで全体に穴を開ける。
180~190℃のオーブンで15~20分焼く。

DSC_0485.jpg

あまり焼き色は付きませんがこんな感じでOK。
膨らみすぎるようならデコレーション型を上に乗せて焼きます。

2、
りんごを4~6等分にして、皮と種を切り取る。

DSC_0483.jpg

大量のりんごの切ったのと皮と種・・・

3、
鍋にバターと砂糖を入れ、火にかけて砂糖を溶かす。
りんごを全部入れ、底から砂糖をからめるようにして全体を混ぜる。
レモン汁と赤ワインも加える。

DSC_0484_20161027195153b32.jpg

我が家でほとんど使わない24cmのフライパンがいっぱい。
中火で時々底からかき混ぜながら15~20分柔らかくなるまで煮る。

4、
りんごがくったりしてほとんど水分がなくなったら火を止める。
粗熱が取れるまでそのまま置く。

DSC_0487.jpg

これはまだ途中。
煮詰めるとりんごがワインとカラメルの色で濃く色づきます。

5、
クッキングシートを敷いた肩にりんごを隙間なく並べる。
残った煮汁も入れる。

DSC_0488.jpg

きれいな崩れてないものから敷き詰めていきます。
隙間に崩れてしまったものを詰め込むとひっくり返したときにきれい。

6、
180℃に予熱したオーブンで30~40分焼く。
パイシートがこんがり焼き色がつけばOK。

DSC_0489.jpg

オーブンレンジを買い替えました。
先代がかなりマズいことになっていつ壊れるかわからなくてヒヤヒヤ。
家電量販店に見に行ったら主人が「壊れる前に買っちゃえば?」と。
店員さんもとても詳しく親切に説明してくれたので購入しました。

私はあまりレンジでお料理をしないので、温めとオーブンが使えればいっかと。
思っていたのですが温め機能にもやっぱり価格の違いが出ると。
説明されて少しいいのを買ってしまいました。
スチームで天ぷらがパリッと温まる機能だけは非常に助かってます。
それ以外はうん、いらない機能満載(笑)
やっぱりコンロで作る料理はコンロで作りたいからです。

今日も茶碗蒸しのオートメニューがあるのを無視して蒸し器で作りました。
炒め物や煮物もできるらしいですけどねー、使わないと思います。




その他の秋のお菓子のレシピもよかったら見てくださいね。



濃厚かぼちゃプリン





今おいしいかぼちゃを使った濃厚レシピ。
かぼちゃを多めにしてあるのでとってもおいしいですよ。



栗から作る本格モンブラン





生の栗からマロンペーストやマロンクリームを作ります。
スポンジケーキも失敗しないレシピです。
ちょっと面倒ですがケーキ屋さんのような味に仕上がりますよ。



スパイス風味のスイートポテト





普通のスイートポテトにカルダモンをプラス。
それだけでちょっと変わった感じになるのでおすすめです。






よかったら「ナイスフォト」&「おいしそう」もお願いします。
いつもありがとうございます!













具だくさんサンドのレシピブックにレシピを掲載していただいてます。



[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

レシピブログの大人気具だくさんサンドBEST100
価格:842円(税込、送料無料) (2016/10/6時点)




購入はこちら。

▼楽天ブックス

http://books.rakuten.co.jp/rb/14412089/


▼Amazon

https://www.amazon.co.jp/dp/4800262151/


よかったら見てみてくださいね。








私のお菓子作りのバイブルたち。



DSC_0486_2016102720084832c.jpg


左のレシピブックは四半世紀前のもの。
小学生の時に買ってもらったものです。

右は「大草原の小さな家」のレシピ。
こちらはなんと初版が1980年。
残念ながら今は絶版になってしまったらしく、手に入りません。
私がネットで買った時も元値の倍以上しましたし。
それでも欲しかったくらいローラの食卓は魅力的でした。
冷静に読むとかなりの糖質と脂肪分で現代人は食べられません(笑)

あの時代はかなり過酷な労働とろくな暖房がなかった時代ですからね。
ハイカロリーなものを食べないと持たないんでしょうね。

ですがターキーの焼き方やチキンパイ、アップルパイなどは参考になります。

しかもこの時代は当たり前ですがとても手間ひまかけてお料理しています。
今は電気やガスがあるのでここまで手をかけなくていいと思いますが。

もちろん私も時短料理や手抜き料理も作ります。
ですが毎日のお料理がそれではいけないと思ってもいます。
私は働いていないので当たり前とも言われそうですけど。
母や義母は仕事と子育てをしながらきっちりお料理してました。

レンジに便利機能とかもなかったのにすごいなー、と思います。
そういう母を見ていたので私はできるだけ市販品を使わずお料理します。
主人もきちんと料理してくれていた義母を見ているので手作りが好きです。

姪っ子はほとんどファミレスのごはんみたいです。
そういう家庭もあるんだなー、と。
料理に対するこだわりは人それぞれで今は時短簡単料理が流行りの時代。
私のこだわりは時代に逆行していますよねー。
ですがおいしいと言って食べてくれる人がいるのでこのまま行きたいと思います。

なんだか「ローラの食卓」の本を読んでいたらこだわりを語りたくなりました(笑)
私のこだわりはあくまで私個人の見解です。
料理をしない人や時短料理がダメだと言っているわけではないのであしからず。





ではまた明日。
















Comment:0
back-to-top